ネオモバで資産運用!ネオモバが今までの証券口座と違う理由とは?

ネオモバで資産運用!ネオモバが今までの証券口座と違う理由とは?

ネオモバとはSBIネオモバイル証券が行っている株式投資サービスです。 株式投資サービスや資産運用サービスは今までもたくさんありました。 どうして多くある金融サービスの中でネオモバが注目されているのでしょうか。 ネオモバが話題になった理由やおすすめの活用術、デメリットまで紹介します。
ネオモバとはSBIネオモバイル証券が行っている株式投資サービスです。

株式投資サービスや資産運用サービスは今までもたくさんありました。どうして多くある金融サービスの中でネオモバが注目されているのでしょうか。

ネオモバが話題になった理由やおすすめの活用術、デメリットまで紹介します。

ここがすごい!ネオモバの特徴とは

ネオモバは資産運用をしたことがない投資初心者にもおすすめのサービスを多数提供しています。
ネオモバの特徴についてまとめました。

日本初!Tポイントで株が買える

投資や資産運用をスタートしたいという人が、まずぶつかるのが資金の問題です。資産運用のために特別なお金を用意できないという人もいるでしょう。

ネオモバの画期的なサービスとは、Tポイントで株が購入できるサービスです。TポイントとID連携することで、今保有しているTポイントが口座に反映されます。1ポイント1円相当として利用することができ、もちろん現金で購入することもできます。

1株単位で購入できる

株式は最低購入単位である単元株数が定められていて、500円の株で最低購入単位が1000株だとすれば、

500円×1000株で50万円から購入できることになります。しかし、ネオモバであれば単元未満株、1株から購入することができるので、数百円でお株を買うことができるのです。

税込220円で取引し放題

一般的な株式取引は一回取引するごとに手数料がかかります。

例えば株を買って、価格が上昇して売ったというケースでは、買った時と売ったときの2回手数料がかかる計算です。しかし、ネオモバであれば月間の国内株式約定代金合計額が50万円までは220円で済みます。

ポイントが毎月もらえる

ネオモバでは期間固定Tポイントを毎月200ポイントをもらうことができます。またサービス利用料につき1%をTポイントとして受け取れる特典があります。

定期買付サービスも

定期買い付けサービスとは、毎月指定した日に自動的に買い付けできるよう自動で注文を出せるシステム。毎月定額で購入し続けるドルコスト平均法は投資初心者向けの手法としてよく知られています。手間をかけずにつみたて感覚で株式を購入することができるサービスです。

ひとかぶIPOがある

ネオモバでは一株からIPOに参加できるひとかぶIPOサービスがあります。IPOとは新規公開株式。少ない資金でIPOの抽選に参加することができます。

ネオモバを使うときの注意点とは

ネオモバは他にはない便利なサービスもあり、投資初心者にもおすすめです。

しかし、利用するときに注意する点もあります。どのような点に注意すれば良いのかまとめました。

取引をしなくても利用料金がかかる

サービス利用料金は取引をしてなくても220円が固定でかかり続けます。そのため長期保有目的で購入して売却する予定がないという人は、取引ごとの手数料がかかる証券会社のほうがコストが安くなることもあるでしょう。

約定代金によってサービス利用料は上がる

ネオモバは50万円までの取引であれば220円の利用料金です。しかし、約定代金合計額が大きくなるとサービス利用料も上がります。50万円から300万円で1100円、300万円から500万円で3300円というように段階的に上がります。

そんなに売買することはないという人でも25万円の株を購入して30万円で売却すれば、すぐに50万円を超えてしまいます。どの程度取引するかまで、事前に考えておきましょう。

NISAには対応していない

ネオモバはNISA、つみたてNISAの開設はできません。原則特定口座での取引となります。

ただし、SBI証券のiDeCo加入申し込みの受け付けはしているので、投資優遇制度を利用したい人はそちらを検討しましょう。

ネオモバは投資初心者におすすめ

初心者の運用として一般的に分散投資がすすめられます。ネオモバなら少額でも多くの銘柄に分散投資できるでしょう。また1株ずつ購入して様子を見てから単元株で購入するという人や、積み立てでコツコツ増やしたいという人にもおすすめです。

ネオモバで練習してから、他の証券会社で外国株やNISAにチャレンジするという方法もあるでしょう。気軽に始められる資産運用としてネオモバで投資を始めてみましょう。
TOP