初めての投資はFXがおすすめ!取引の始め方とは?

初めての投資はFXがおすすめ!取引の始め方とは?

投資を始めてみたいけど、株は難しい…そんな人は多いと思います。 そんな取引初心者におすすめなのがFX。 FXとは、「外国為替証拠金取引」のこと。 少額から始められるうえに、株ほどいろいろなことを学ばなくても利益を得られる可能性の高い投資方法です。 今回は、そのFXの始め方について解説していきます。
投資を始めてみたいけど、株は難しい…そんな人は多いと思います。そんな取引初心者におすすめなのがFX。FXとは、「外国為替証拠金取引」のこと。

少額から始められるうえに、株ほどいろいろなことを学ばなくても利益を得られる可能性の高い投資方法です。

今回は、そのFXの始め方について解説していきます。

FXを実行に移す

via pixta.jp
FXとは、「Foreign Exchange」の略称です。元々は「外国為替取引」の意味ですが、最近では、「外国為替証拠金取引」を指し示すものとして一般的な言葉になっています。
FXを始めるには、当たり前ですが口座を作らなければなりません。銀行で出金や入金、振込を口座で行っているのと同じことです。

まず取引を始める前に、口座をどの会社に作るかを選択してみましょう!

FXの会社を選んで口座開設

FXはオンラインで取引をするもの。口座を持つ会社は、日本国内だけでも50社ほどあります。

選ぶといってもなにを基準にしたらいいか、初心者だとわかりづらいですよね。たとえば、初心者に対しての情報が発信されていたり、口座を開設するとキャッシュバックがあったりと特典はそれぞれ。

その中から、自分が使いやすいと感じるところを選ぶようにしましょう!

FXの口座を作って取引をするための入金をしよう!

口座を作る会社を決めたら、まず申込をします。これはメールでも可能で、早ければ2時間ぐらいで開設できるところもあるのです。本人確認書類であるマイナンバーカード、運転免許証などが必要になります。

もちろん郵送でも手続きは可能です。口座の開設が出来たら、証拠金を入金。

証拠金とは、決済を行うお金のことで、この額の範囲内で取引が行われます。入金の仕方は、取引画面で出来るクイック入金と口座振り込みの2通りが通常。

口座振り込みの場合は確実な感じはするものの、振込手数料がかかってしまうのでクイック入金がおすすめです。

通貨ペアを決める

他国の通貨と交換しやすいものを決済通貨と呼びます。その中から、自分が取引したい通貨のペアを選びましょう。決済通貨は、日本円、米ドル、ヨーロッパのユーロ、イギリスのポンド、スイスのフランなどです。

初心者向けなのは、日本円、アメリカドル、ヨーロッパのユーロとの組み合わせが、大きな変動がなく損出が少ないのでいいでしょう。

取引の仕方を知っておこう

では、実際に取引をする場合の流れについて解説していきましょう。慌てて取引が出来なくて、損をしてしまった…なんてことがないように準備をしておきましょう!

取引の流れはこんな感じ

まず注文方法を選び、次に通貨ペアを選択します。取引金額を入力し、「売り」か「買い」を選択するというのが大きな流れです。

取引方法は3つある

FXには、注文方法が3つあります。
1つ目は、成り行き注文。
これは、今の為替レートで注文するものです。
2番目指値注文。
レートを指定して注文しておくもので、為替レートが安くなれば買い、高くなれば売って行きます。お得な感じがしますが、指定したレートに届かなければ取引は不成立になってしまうので注意が必要です
3番目に挙げるのが、逆指値注文。
これは現在の高いレートになったら買い、安くなったら売るという方式。損をしているようですが、少額でも利益を上げるならおすすめの注文方法です。

取引注文で確定!

自分の外貨の持ち高の損益を確定させる音を、FXでは決済注文といいます。決済注文をしないと、実際に利益が出ることはなく、ただ数字が動いていくだけです。

最後の決済注文までいってこそ、学びがあるというもの。

最初から大きく儲けようなどと思わず、少し増えたらうれしいぐらいの気持ちで始めてみましょう。

小額から始められるFXで取引をしてみよう!

オンラインで気軽に、そして小額から始められるFX。自分の身は自分で守らなければならない時代になりつつありますから、今は必要がなくても経験しておくのは無駄なことではないはずです。

たとえば口座を作るだけでキャッシュバックを受けられたり、ショッピングで使えるポイントをもらえたりするなら、その分は使ったと思ってFXに投資してみるのもいいでしょう。






TOP