GooglePayの対応端末と登録手順をわかりやすく解説

GooglePayの対応端末と登録手順をわかりやすく解説

GooglePayとは、直接現金でのやり取りを行わず、非接触決済を行います。 また、GooglePay自体が電子マネーの機能を果たすのではなく、楽天Pay、Suica、nanaco、WAONなど複数の決済を一つにまとめることができ、おサイフケータイ機能付きのスマホから瞬時に決済できるサービスになります。 QRコードをかざしたりわずらわしい支払方法などの必要はありません。 あなたの機種が対応しているのか、また設定を簡単にわかりやすく知りたい方向けに解説していきます。
GooglePayとは、直接現金でのやり取りを行わず、非接触決済を行います。

また、GooglePay自体が電子マネーの機能を果たすのではなく、楽天Pay、Suica、nanaco、WAONなど複数の決済を一つにまとめることができ、おサイフケータイ機能付きのスマホから瞬時に決済できるサービスになります。

QRコードをかざしたりわずらわしい支払方法などの必要はありません。あなたの機種が対応しているのか、また設定を簡単にわかりやすく知りたい方向けに解説していきます。

GooglePayに対応している機種とは?

GooglePayに対応している機種は、「おサイフケータイ対応」、「Android4.4以上」の機種になります。ちなみに、iPhoneなどのAPPストアを使用する端末には対応していません。

GooglePayを利用したくても、対応していない機種なら残念ながら登録することができません。これに該当していなければ使用することができないので、まずは端末の情報を確認しておきましょう。

GooglePayを設定する手順・方法

まずは、お使いの端末に「GooglePay」アプリをダウンロードしましょう。手順としては、「GooglePlay」などから、「GooglePay」をダウンロードしていきます。

続いて、詳細設定に入っていきます。

必ず、順を追って登録していきましょう。

GooglePayをダウンロードした後の登録方法

GooglePayのダウンロードが完了したら、次にGooglePayを開きます。下にある「使ってみる」ボタンをタップします。

次いで、追加する電子マネーを登録していきます。あなたが使用したい電子マネーを選択します。

選択した電子マネーのアカウントを登録し、利用規約に同意をすると登録完了になります。他の電子マネーを追加、登録したい場合、ホームから先ほどと同じような手順で行っていきます。

登録済の電子マネーにチャージする方法

登録した電子マネーにチャージする方法は2つあります。

まず、一つめは現金でチャージする方法です。チャージ方法を選択し、コンビニ払いなどとして最寄りのコンビニなどで支払いを行います。

2つめは、クレジットカードの登録ですぐにチャージすることができます。現金で支払うより、いざというとき瞬時に支払いができるクレジットカードでの決済がおすすめです。クレジットカードの登録方法ですが、初回のみの登録になります。

チャージしたい金額を選び、カード情報を登録していきます。

また、チャージできるクレジットカードも幅広く取り扱いがありますので、お得な使い方もポイントです。

2重にポイントがたまる楽天カードの登録がおすすめ

楽天カードをお持ちなら、楽天Payを登録し、チャージを楽天カードにしておくことがおすすめです。ポイントがたまりやすくなるだけでなく、さまざまなシーンでのお買い物ができるのも特徴です。

またたまったポイントは、楽天市場でのお買い物に加え、GooglePayから楽天Payの支払いにもお使いいただけます。

かしこく電子マネーを使うことで、よりお買い物が楽しくなりますよね。

GooglePayに対応機種の登録で、かしこく素早いお買い物に

「お買い物を楽しみたい」、また「支払いはできるだけスマートに済ませたい」なんて思うもの。

まだまだ現金でのやり取りも多い中、普段のお買い物に加えポイントがたまる電子マネー決済が注目を浴びてきています。

まずはGooglePayの登録を行うことから始め、お得に電子マネー決済を利用していきましょう。たとえ登録が煩わしく感じても、クレジットカードなどの登録は初回の1回のみになります。

現金支払いに設定しておくと、コンビニや手持ちのお金が無ければ支払うこともできません。支払い時に慌てないよう、事前に電子マネーを登録しチャージまで済ませておくことがおすすめです。

いざというとき、スマートな支払いができ、かつお得にポイントをためられれば、普段のお買い物がより好きになるかもしれません。
TOP