お金持ちあるある4つの特徴と絶対にやらない4つの行動

お金持ちあるある4つの特徴と絶対にやらない4つの行動

いつもお金がなくて困っているあなた。 もしかすると、お金持ちの特徴や行動を理解することで、現状を打破できるかもしれませんよ? ここでは金持ちあるあるの特徴と、絶対しない行動をそれぞれ4つご紹介しますので、お金との縁を深められる参考にしてみてください。
いつもお金がなくて困っているあなた。


もしかすると、お金持ちの特徴や行動を理解することで、現状を打破できるかもしれませんよ?

ここでは金持ちあるあるの特徴と、絶対しない行動をそれぞれ4つご紹介しますので、お金との縁を深められる参考にしてみてください。
習慣とは、長い間それを繰り返し行うことで、あたかもそうすることがきまりのようになったことである。基本的には、行動、身体的な振る舞いを指しているが、広くは、ものの考え方など精神的・心理的なそれも含みうる。

金持ちあるある4つの特徴

まずは金持ちあるあるの中でも、皆さまが最も知りたいところである特徴からご紹介します。

ご紹介する特徴を備えれば必ずしもお金が手にできる訳ではありませんが、お金持ちはすべからくその特徴を持っているようです。

自分に必要な物を買う

自分に必要な物を買うのは、よくある金持ちあるあると言えるでしょう。もっともこのように言うと、自分も必要な物を買っていると思われる人も多いのではないでしょうか。

しかしお金持ちの場合は値引きされているからとか、特典が付くからとかの理由で、あまり欲しくない物を買わない傾向があります。

しっかりと吟味して、目前の物が本当に自分に必要なのかを精査した上で、「良い品物」を買う傾向があるのです。

失ったものに執着がない

基本的にお金持ちは、失ってしまった何かに対する執着心がまるでありません。取り戻せないお金や時間を、お金や時間を使ったからとダラダラと未練がましくしないのです。

分かりやすく例えると、お金を支払い時間を使って何かを体験したものの、やってみたらつまらないので「すぐにやめる」を選択できるのが金持ちあるあるなのです。

これが一般の人だと、せっかくお金を払って時間を費やしたのだから、つまらなくてもやりきろうと考えますが、その感覚を持ち合わせていないということですね。

頻繁に外出する

頻繁に外出するのは金持ちあるある…と言うより、お金持ちならほとんどの場合自宅に引きこもるなんてことはありません。
何故なら、外出はそれをするだけでお金を手にするチャンスが掴めるからです。

それに、普段から外出が頻繁であるのはフットワークが軽いということで、何をするにしても即行動が起こせるでしょう。

お金は巡り行くものですから、フットワークが軽ければ軽いほど遭遇できる可能性は必然的に高まるのです。

勉強や情報収集を怠らない

お金持ちあるあるのひとつとして、勤勉だったり普段から情報収集を行なっているという特徴を外すことはできません。お金は知識であり、知識には勉強で培われるものや情報で補われるものが少なくないのです。

すなわち知識=お金であり、お金を得るために必ず求められるものと言っても過言ではないでしょう。

お金持ちは頭が良いと言われる場合が多いですが、それは普段からの勉強や情報収集を怠らない姿勢が滲み出ているからです。

金持ちが絶対しない行動

次は金持ちあるあるの中で、絶対に「やらない」行動をいくつかご紹介します。逆に言えば、貧乏な人はついやってしまいがちと言えますので、ご自身に置き換えて考えてみるといいでしょう。

部屋を散らかす

部屋を散らかす傾向にあるのは貧乏な人のようで、常に美しく自室を保つことこそが金持ちあるあるとなります。

その理屈ですが、部屋を散らかすということは部屋の管理ができていない…つまり、お金の管理もずさんである可能性が高いということです。

さらにあまり部屋にごちゃごちゃと物があると、それらを維持するための経費が掛かりますよね?

鉢植えだったり置物だったりと、保持するためのコストがどうしても余分に掛かります。お金持ちは、そんなところでコストを割くよりも、自分自身のために使うとするのです。

物を大切にしない

物を大切にしないと、長く使い続けることができず余計な出費となる、また使い込むことで高価になるものを捨てる結果となる…貧乏な人の損でよくある出来事です。

逆に物を大切にし長く使い続ける、また長く使い続けて付加価値を与え得をするのが金持ちあるあるとなるでしょう。

そこは結局お金も同じで、大抵のお金もちはお金を大切にする、またきちんと考えて使うので無駄がありません。

何でも「大切に」扱えることこそお金が貯まる秘訣であり、お金持ちは何を言わずともそれを理解しているのです。

乱れた生活習慣

毎日毎晩多くの場合は決まった時間に食事をし、きちんと睡眠を取る…これもまた金持ちあるあるですね。生活習慣を正すことで自己管理や健康面の配慮となり、お金を稼ぐ資本である自分自身の体を守ることに繋がるのです。

それを、お金がほしいからと無茶をして体を壊してしまえば、本来稼げるはずのお金を稼げないどころか、治療費などでむしろ減らしてしまう…よくある貧乏な人のパターンなのではないでしょうか?

そのあたりの理解があるお金持ちは、体には細心の注意を払うのです。

必要な出費を惜しむ

必要な出費については、決して惜しまずドーンと出してしまうのが金持ちあるあるですね。

普段お世話になっている人への手土産とか、精査の上で自分に必要だと思った品物であれば、かなり高価でも購入してしまうなどが当てはまります。

そうやって自分の味方や資産を増やしているんですね。

味方が増えれば、それだけ自分自身にビジネスチャンスが舞い込んでくる可能性が高まりますし、資産が増えればそれはイコールでお金となります。

よくお金持ちはケチと言いますが、出すところは出すのが本物なのです。

まずは形から入ってみよう

貧乏な人は耳が痛いところがあったのではないでしょうか?

そして、金持ちあるあるを自分がやったとしても、気持ちが付いていかなくて意味がないとも思われたのではないでしょうか。

しかしそれは違います。

お金持ちになるためには、お金持ちの気分になることも重要で、そしてその手段として形から入るのはとても重要なことなのです。

気分からお金持ちに変わることで、自然とお金がやってくるかもしれませんよ。
TOP