「お金は使うべき?それとも貯金するべき?どちらが将来の為になるのかお教えします!」

「お金は使うべき?それとも貯金するべき?どちらが将来の為になるのかお教えします!」

貯金をしたいのになかなかできない人や、節約してでも貯金して将来の安心が欲しい人など、お金の使い方は人によって大きく異なります。 どうして人によってお金の使い方が変わってくるのでしょうか?恐らくほとんどの人が「収入による違いが影響しているのでは?」と答えるでしょう。確かに、収入による影響は少なからずあります。収入が少なく、毎月贅沢をしていられない状況の人は、貯金や節約をする比率が高く、また、収入が多く、余裕がある人はお金を頻繁に使う比率が高いでしょう。しかし、収入のほかに大きく影響しているものがあります。それは考え方、つまり“マインド”です。
貯金をしたいのになかなかできない人や、節約してでも貯金して将来の安心が欲しい人など、お金の使い方は人によって大きく異なります。

どうして人によってお金の使い方が変わってくるのでしょうか?恐らくほとんどの人が「収入による違いが影響しているのでは?」と答えるでしょう。確かに、収入による影響は少なからずあります。収入が少なく、毎月贅沢をしていられない状況の人は、貯金や節約をする比率が高く、また、収入が多く、余裕がある人はお金を頻繁に使う比率が高いでしょう。しかし、収入のほかに大きく影響しているものがあります。それは考え方、つまり“マインド”です。

将来が不安で、貯金や節約する癖がついている人の多くは、いくら貯金しても安心できません。逆に浪費癖がついている人は、どれだけお金を使っても満たされず、すぐ他のことにお金を使ってしまうのです。

では、お金を貯金することと使うことの、どちらが良いといえるのでしょうか?それぞれのメリットとデメリットを把握したうえでどちらが自分に合っているか考えていきましょう。

貯金をするメリット

まずは貯金することのメリットです。貯金することの大きなメリットは、何かあった時の為に備えられるということです。日本人は保守的な考えの人が多いことから、将来に対して不安を抱きやすい傾向にあります。貯蓄をすることで、いざという時の危機を回避することができるのです。

そして、もう一つのメリットは我慢する力がつくことです。欲しいものなどを我慢して貯金や節約をすることで耐久力が身につきます。我慢強いことも、日本人に多く見られる特有の性格といえるでしょう。

貯金をするデメリット

次に貯金することのデメリットです。

一見、貯金することにデメリットはないように感じられますが、メリットばかりではありません。明確な目的がないまま貯金癖がつくことで、お金に固執してしまうようになります。貯金や節約をすることはお金へのこだわりが強く、物事をお金中心で判断してしまうようになることも・・・。もちろん、貯金や節約が悪いわけではなく、明確な目的をもって貯金や節約をしている場合には当てはまらないことが多いでしょう。

そして、もう一つのデメリットは挑戦できないことです。

貯金するメリットとして「いざという時の為に備えられる」と挙げましたが、保守的な考えも行き過ぎてしまうと良くない場合があります。必ずしも一致するわけではありませんが、お金と自身の経験値は比例することが多いです。成長するために自己投資が必要なタイミングに、お金をかけることを躊躇してしまうと、せっかくの成長機会を逃してしまうというデメリットもあります。

お金を使うメリット

二つ目は、お金を使うことのメリットです。お金を使うことは、次への活力になるというメリットがあります。欲しい物や行きたい場所へ行くためにはお金が必要です。そのためには、使えるだけのお金を稼がなければなりません。つまり、お金をよく使う人はお金を稼ぐことへのモチベーションが高いといえます。次に欲しい物(目標)が常にあるので「頑張って稼ごう」という考えになりやすいのです。

もう一つのメリットは、経験を得ることができるということです。SNSが発展している時代とはいえ、家と職場だけを行き来している人と比べると、休みのたびに遠出をし、非日常の空間に飛び込んでいる人の方が、得られる経験は多いといえるでしょう。

お金を使うデメリット

次にお金を使うデメリットです。ただ欲しいものを買い続けていると浪費癖がついてしまうデメリットがあります。お金をよく使う人の中には、残っているお金のことを考えずに使い続けてしまう人がいます。後先を考えずにただお金を使い続けていると、気づけば生活ができない状況になることもあるので注意が必要です。

特に注意しなければならないのが、クレジットカードなどのローンです。手元にお金がなくても決済が可能なので、ついクレジットカードを使いすぎてしまい、いわゆる、カード地獄と呼ばれる、後々の請求で苦労することもあります。使えるお金がどれだけあるかを把握しておく必要があるといえるでしょう。

自分が歩みたい未来に沿った使い方をしよう!

貯金することもお金を使うこともそれぞれ同じようにメリットとデメリットが存在します。このように、どちらかが正解ということはありません。大切なのは、どのような考え方・意図をもってお金を使っていくかということです。欲しい物や明確な目標の為に、お金を貯金することも良いでしょう。若いうちにどんどん自分に投資することも素晴らしいことです。

ただ、目的や意図もなく浪費・貯金することは避けましょう。特に、意図のない節約癖がついてしまうと、視野が狭くなってしまい「~しない方がいい。」といったようなネガティブ思考が身についてしまうことがあります。反対に、無駄にお金を使ってしまう浪費癖がついてしまうと、お金の管理がいい加減になってしまい、将来後悔することにもなりかねません。

あなたにとって今は「お金をかけるべき時なのか、それとも貯金するべき時なのか」。どちらかに偏ることなく状況に応じて柔軟に考え、お金に固執せず、自由な毎日を過ごせるような考え方=マインドを身に着けていきましょう!
TOP