外国債券おすすめ5選!初心者にもわかりやすく解説

外国債券おすすめ5選!初心者にもわかりやすく解説

外国債券の詳しい意味と、初めての投資や初心者にもわかりやすく解説してあります。「今更聞けない!」なんて気持ちは捨てて、外国債券について詳しく学び、リスクをきちんと理解し挑戦しやすい外国債券からスタートさせてみてはいかがでしょう?
外国債券の詳しい意味と、初めての投資や初心者にもわかりやすく解説してあります。

「今更聞けない!」なんて気持ちは捨てて、外国債券について詳しく学び、リスクをきちんと理解し挑戦しやすい外国債券からスタートさせてみてはいかがでしょう?

「外国債券」とは?

「外国債券」とは、略して「外債」と呼ばれて、主に、通貨をはじめ発行元や発行市場が海外である債券を「外国債券」と言います。また、広い意味では日本の企業が円以外の通貨で発行する債券も、外国債券となるのです。

さらに外国債券でも、利払い、払い込み、償還金の支払いを外貨建てて行う「外貨建て債券」があります。
「サムライ債券」と呼ばれるものは、外国が発行元で日本の投資家を対象とした円建てて発行する債券もあります。

このように、一言に「外国債券」と言っても、様々な種類や特徴をきちんと理解しておくことで外国債券投資の幅も広がるでしょう。

おすすめ!外国債券5選

それではさっそく、おすすめ外国債券を5社紹介していきます。あなたの投資の知恵と幅を広げていきましょう。

eMAXIS Slim先進国債券インデックス

委託会社が三菱UFJ国際の「eMAXIS Slim先進国債券インデックス」

主なポイントは、100円とかなり低い金額から挑戦できることと、シンプルで動きが分かりやすいところも、初心者にはおすすめになります。

リスクをあげるなら、為替リスクや元本割れをしてしまう危険性があります。また元本割れのリスクを少しでも回避したいなら、1年以内の短期的な運用より、長期的投資ならそのリスクを少しでも回避できるでしょう。

明治安田日本債券ファンド(ホワイトウィング)

保険会社で有名な「明治安田生命」多くの人は耳にしたことのある名称ではないでしょうか?

また、国内の公社債の中でも多くの格付け機関から、一定の評価を得ている銘柄になります。魅力と感じる銘柄に投資を行い、ベンチマークを上回るパフォーマンスも夢ではありません。

しかし、きちんとした分析やリスク低減などの活動も大切です。

フィディリティー: フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド(資産成長型)

分散型投資なら、「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」がおすすめです。主な投資先が、米国のハイ・イールド債券への投資になります。

一般的には、「リスクが高い」と言われるハイ・イールドですが、高い利回りはもちろん、高水準の利息による収益に加え、値上がりによる利益も期待できます。

初心者には少々ハイレベルな投資ですが、きちんと分析し学んでいくことで大きく収益を得ることも夢ではありません。

SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))

全世界の株式市場の動きを捉えている、インディックス・ファウンドになります。

アメリカや日本をはじめ、南アフリカなどの全世界株式市場の小型株から大型株まで含まれています。また、構成銘柄も約7,400と大規模であるとともに、全世界の株式時価総額のおおよそ98%を占めているのも特徴です。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

実は、「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」と同じベンチマークです。また大きな特徴としては、純資産総額が大きいといった特徴があります。

おすすめ外国債券の特徴を知ることから始めて行きましょう

まずは、外国債券の特徴をよく知ることが大切です。外国債券の魅力は、何と言っても「利回りが高い」ところにあります。また、分散投資はもちろん為替差益も期待できることが魅力でしょう。

しかし、一方で海外と言うこともありきちんとした債券発行体の信用性のリスクが懸念されるだけでなく、カントリーリスクに加え為替リスクといったことも視野に入れておかなければなりません。

まずは、あなたが挑戦しやすい外国債券の情報収集、メリット・デメリットをきちんと理解しておきましょう。
TOP