子育てにかかるお金とは?どうやってお金を貯めるべき?

子育てにかかるお金とは?どうやってお金を貯めるべき?

子供を育てるということは、決して簡単ではありません。子供がいればなんでもできる、というのは精神論です。子育てにかかるお金はどんなものがあるのか、どうすれば貯められるのかについて紹介しましょう。 これから子育てをする人などは、しっかりとチェックをしておいてくださいね。
子供を育てるということは、決して簡単ではありません。子供がいればなんでもできる、というのは精神論です。子育てにかかるお金はどんなものがあるのか、どうすれば貯められるのかについて紹介しましょう。
これから子育てをする人などは、しっかりとチェックをしておいてくださいね。

子育てにかかるお金とは?

こちらでは、子育てにはどんなお金がかかるのかを見ていきましょう。当たり前のように思っていても、意識していない人がいます。

どんなお金がかかるのかを意識することで、ひとりの人間を育てるという考えを強めましょう。

食費

当然ながら食費です。子供の頃はそこまでかからなくても、年齢が上がるにつれて食べ盛りになります。特に高校生の男の子の場合は、エンゲル係数をグンとあげてくれるほど食べる子もいるのです。

お金が無いからと言って子供に食べることを我慢させては可哀想です。それだけではなく、子供のうちはまだ身体がしっかり作られていません。そのため、食べるもので身体を作っていく傾向があります。

栄養のあるものを食べさせるためにも、質の良い食材を選べばそれだけお金がかかります。

学費

子育てでもっともかかる費用と言えば、やはり学費ではないでしょうか。小学校受験や中学受験なども経験しするとあれば、それなりの費用が掛かります。受験や入学などはかなり高額のお金がかかるので、事前に用意しておかないと一朝一夕で用意できる金額ではありません。

特に、私立の場合は公立や市立よりも高額な費用がかかります。大学に通う場合は前期と後期で費用を払わないといけません。その費用も高額であり、簡単に貯められる金額ではないのです。

習い事

子供に習い事をさせる親も増えてきました。その結果、習い事に関する費用も負担となっています。

家庭によって習わせるものは変わってきますが、スイミングスクールや塾など子供の将来を考えた習い事に通わせる傾向があります。早期英語学習のこともあり、早い段階から英語を身につけさせる親も増えているようです。

習い事の数が増えれば増えるほど、それだけお金がかかってくるのです。

子育てにかかる費用は年齢があがると増えていく?

基本的に子育ては子供の年齢があがればあがるほど高くなっていく傾向にあります。こちらでは、なぜ年齢があがると子育てのお金も増えていくのかを見ていきましょう。

これから子育てに関するお金を貯めようとしている人は、ぜひ検討してみてください。

学費が増える

子供の年齢があがれば学費が増えます。幼児教育などは無償化もありますが、大学となれば話は変わってきます。

奨学金制度を利用して大学に通う人もいますが、返済が終わらずに借金となって苦しんでいる人もいます。大学費用はそれほど高い金額を必要とするのです。

入学の時だけではありません。毎年の学費なども大きいです。大学のレベルなどにもよりますが、国立大学お場合は242万円前後、私立の文系大学の場合は352万円前後が相場のようです。

先述したように大学によってはこれ以上の金額になることも考えておきましょう。地域によっても若干の差がありますが有名大学になればなるほど高くあります。

受験

受験に関して費用がかかります。大学受験費用として受験から入学までに公立は100万円前後、国立は90万円前後、私立は130万円前後となっているようです。

子供の将来の幅を広げるために大学まで行かせる親が増えています。しかし、中には受験や入学費用が捻出できずに子供が奨学金で通う人もいますが、大学進学を諦める人も少なくありません。

大学だけではない

受験でお金がかかるのは大学だけではありません。小学校や中学校なども受験をすることで400万円以上になったという家庭もあります。特に中学受験の費用が高額になりがちです。

子供の将来のためを考えるのは良いことです。しかし、通わせ続けられるかという点にも注目しなければいけません。お金がないから転校をさせるという結果になって、一番傷つくのは子供だと覚えておきましょう。

子育てにかかる費用を抑えるためには?

子育てにはお金がかかります。昔と今を比較すると、ある程度子育てしやすい環境になっているようです。ただ、他の部分で昔の方が良かったという人もいます。

こちらでは、子育てにかかる費用を抑えるためはどうすればいいのかを見ていきましょう。

児童手当

家庭の生活安定のために、児童手当が国から支給されます。3歳未満は一律1万5千円です、3歳以上から小学校終了前は1万円となります。ただ、3歳以上であっても第3子以降は1万5千円になるのです。中学生以上は一律1万円が給付されます。

ただ、すべての人が支給されるわけではありません。保護者の所得が所得制限限度額以上の場合は、どの年齢でも月額5千円となっているようです。

子育てをする上では満足できる金額ではないという人もいます。しかし、何もないところから支給されるのだから満足するべきではないでしょうか。特に子供のおむつなどにお金がかかる時期は、この支給されるお金でまかなうことができます。

幼児教育の無償化

子供・子育て支援新制度で教育や保育の場を設けている幼稚園や認可保育所などの利用費用が無料となる制度です。原則として3歳から5歳までの子供となっていますが、住民税が非課税世帯は0歳から2歳児でも一部施を無料で利用することができます。

基本的に国立や公立、私立の区別はありません。幼児教育に悩んでいる人は積極的に活用していきましょう。

医療費助成

子供医療費助成制度を利用することで、保険適用の総医療費の2割から3割を助成してもらえます。子供は些細なことで怪我や病気になるため、医療費も馬鹿になりません。そのため、この子供医療費助成制度は多くの家庭で助かっているのではないでしょうか。

子育てにかかるお金の用意はどうするべき?

子育てにお金がかかることは分かっても、どうやって費用を捻出するべきか悩んでいる人も多いです。こちらでは、どんな風にお金を用意するべきかということを見ていきましょう。

費用の捻出方法に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

貯金

手っ取り早いのは、子供が生まれる前、もしくは生まれてから少しずつでも貯金することです。ただ、子供が生まれると予想以上に思わぬ出費に遭遇します。そのため、なかなかうまく貯金ができないという人も少なくありません。

手堅く貯めるなら貯金ですが、なかなかうまくいかない方法なので誰でも成功するわけではないようです。

学資保険

学資保険はあらかじめ決めた年齢になると祝い金を受け取れます。学資保険と言ってもさまざまなタイプがあるので、商品によって特徴が異なります。例えば、18年間支払うことで18歳から22歳の誕生日時期に合計5回60万円ずつ受け取れるものもあります。

毎月の支払いを積立のように考えると上手く貯めることができるのではないでしょうか。ただ、学資保険の欠点としてあらかじめ決めた年齢でしか受け取ることができません。これはデメリットのように考える人もいますが、メリットでもあるのです。

あらかじめ決めた年齢でしか受け取れないということは、それ以外で使えないということです。確実に学費に充てることができるのでメリットと言えるでしょう。

定期預金

大学資金を貯める場合、定期預金を活用するのもおすすめです。自動的に口座から毎月定期預金に振り替えられる自動積立定期を利用すると、勝手に貯まっていくのでおすすめです。

学費の貯金として定期預金を活用している家庭は多いようです。

子育てはお金がかかると考えておこう

子育てはお金がかかります。
こちらでは、どうすればお金を貯められるようになるのかを見ていきましょう。

利用できるものは活用する

基本的に利用できるものはなんでも利用しましょう。児童手当など国から支給されるものもあれば、自治体ならではの取り組みもあります。今は子育て世帯への支援が豊富にあります。
自治体によっては他の地域から羨ましがられるようなものもあるのです。

まずは、自分が暮らす自治体で何ができるのかということを把握してください。そして、活用できるものはどんどん活用して負担を少しでも減らしていきましょう。中には遠慮してしまう人もいますが、遠慮する必要はないのです。

助成などを調べる

医療費助成など、子育て世帯が利用できる助成制度がいろいろとあります。それらを調べて、自分が活用できるものがないかを把握しておきましょう。

特に医療に関することはしっかり把握しておいてください。子供は熱を出しやすいこともあり、病院のお世話になることが多いからです。医療費助成などは、まず一番最初に確認しておくべきことだと言ってもいいでしょう。

育児経験者に相談する

どうやって子育て資金を貯めればいいのか分からない人は、経験者に相談してみましょう。身近なところで言えば、自分の親です。自分の両親はどうやって自分の学費をねん出したのかなど聞くと参考になります。

職場の先輩などある程度子育てが一段落ついている人に相談すると良い方法を提案してもらえるかもしれません。ただ、相談する場合は最初からどんよりとした空気で話すと重くなるので、少し軽めの雰囲気で話すのがいいかもしれませんね。

子育てのお金はしっかりと貯めておこう

子育ては常にお金がかかります。そのため、少しでも多くのお金を貯めておくことをおすすめします。貯め方が分からない人は、お金のプロフェッショナルであるファイナンシャルプランナーなどに相談をするのもひとつの方法です。

ファイナンシャルプランナーであれば、各家庭の状況をヒアリングした後でどんなやり方が向いているのかなどを提案してくれます。そのため、無理のない範囲でお金を貯めて行けるのではないでしょうか。
TOP