定期預金の金利を計算する方法とは?わかりやすく解説

定期預金の金利を計算する方法とは?わかりやすく解説

資産運用の種類にも不動産投資や株式投資なら一度は耳にしたことがあるのでは?その中でも「銀行預金」を例外に考えていませんか?定期預金の計算方法とかしこい運用方法を身に付け、少しでもあなたの資産運用に役立てていきましょう。
資産運用の種類にも不動産投資や株式投資なら一度は耳にしたことがあるのでは?

その中でも「銀行預金」を例外に考えていませんか?定期預金の計算方法とかしこい運用方法を身に付け、少しでもあなたの資産運用に役立てていきましょう。

定期預金の資産運用って?

定期預金の金利は1990年代から減少しはじめ、長期にわたり低金利時代が続いています。バブル期を経験した方にとっては、メリットがほとんどないと感じる定期預金の金利かもしれません。

しかし、定期預金の満期にどれくらい利息があるのか?きちんと理解しておくことで、少ないと感じる金利にも多少の差が出てくることも。

「定期預金」とは?

あらかじめお金を預ける期間と金額を設定することで、簡単に毎月決まった金額を貯めていける貯金商品の一つです。銀行によっては、「スーパー定期」などと呼ばれることもあり、最近ではよく耳にする資産運用の一つになります。

また、大きなメリットとしては、自分で期間と金額を決めることができるといった点です。逆にデメリットとしては、自由にお金を引き出せないことです。

定期預金は自由にお券を引き出すことができない分、金利や利息で優遇されているのです。

利息とは?

預金した額に対して、ある一定率で支払われる対価を言います。
また、「利子」と呼ばれることも。

「利子」も「利息」も名前は違っても、双方とも同じ意味を持っており、お金を貸し借りする際に生じる対価を示していることから、基本的な意味は同じと言えます。

金利とは?

預金に対し、金融機関から上乗せされる金額の割合を意味します。たとえば、「年利」と言う言葉を聞いたことはありませんか?年利とは、1年間を一つの単位として計算された利率のことを言います。

これも金利の一つの種類になります。

定期預金の利息計算方法

定期預金の利息計算方法は、基本的に「預金額×金利」です。

たとえば、200万円を年利0.01%で定期預金した場合、主な計算方法は200万円×0.01%=2,000円が利息になる計算です。

また利息には、所得税(15%)+復興特別所得税(0.315%)+住民税(5%)=20.315%の税率で計算し、利息にかかる税金を差し引かなければなりません。(2021年5月時点)

先ほどの例を参考に200万円を年利0.01%で10年間預金すると仮定し計算してみると、1年間の利息は2,000円になりますので、10年間の利息は2,000円×10年=20,000円、総合計は202万円になります。
さらに、ここから収めなければならない税額を求めると20,000円×20.315%=4,063円となり、20,000円から税金4,063円を差し引くと、15,973円が利息になります。

つまり、200万円を10年間預けた利息は、おおよそ15,973円になると言えます。(2021年5月時点)
さらに、単利と複利でも計算方法が違いますので、以下を参考に計算してみてくださいね。

単利の計算方法

「単利」は、銀行にお金を預けたときの金額に応じて利息が発生する仕組みです。また、複利のような複雑な計算も少なく、簡単に計算できるのも特徴です。

できるだけ正確な金額を出したい場合、20.315%の税率を差し引いて計算するようにしましょう。

複利の計算方法

複利の場合、期間ごとに金利が違いますのでその都度計算しなければなりません。また複利の場合も、単利と同じように20.315%の税率を差し引いて計算するようにしましょう。

定期預金だけではなく、他の資産運用と併し運用していくことがおすすめ

やはり、1990年以前の金利を知ると、今の低金利がとてもわずかなものに感じてしまいます。しかし、いざというときのために少しでも貯蓄があれば、心強いもの。

資産運用は定期預金に絞らず、分散させることや、他の資産運用と併用していくことがおすすめでです。
TOP