投資信託で長期保有をするメリットやデメリットについて

投資信託で長期保有をするメリットやデメリットについて

投資信託で長期保有をしている人も少なくありません。 今回は長期保有のメリットやデメリットについて紹介していきましょう(`・ω・´) 投資信託は短期保有などが当たり前という考えの人もいますが、あえて長期保有を選ぶメリットはどんなものがあるのか紹介しますね( *´艸`)
投資信託で長期保有をしている人も少なくありません。

今回は長期保有のメリットやデメリットについて紹介していきましょう(`・ω・´)

投資信託は短期保有などが当たり前という考えの人もいますが、あえて長期保有を選ぶメリットはどんなものがあるのか紹介しますね( *´艸`)

投資信託で長期保有のメリット

こちらでは、投資信託で長期保有のメリットについて見ていきましょう。

どのようなメリットがあるのかを知ることで、長期保有を検討する人もいるのではないでしょうか。

複利効果が大きくなる

長期保有をすることで、複利効果を最大限に発揮させることができます。

長期間の投資をすることで、途中で発生する分配金や利子などを再投資できるからです。

簡単に言えば分配金や利子やにも利息を発生させることができるんです。(`・ω・´)
複利効果とは、運用で得た収益をふたたび投資することで、いわば、利息が利息を生んでふくらんでいく効果のことです。

なるほど!福利効果って得た利益を再投資する事なんだ。

運用リスクの低減

短期間運用の場合は一時的要因で大きく変動することがあります(;´・ω・)

しかし、長期保有の場合は変動リスクが低くなる傾向があるのです。

まったく影響を受けないわけではありませんが運用リスクの低減ができるのでメリットと言えます。

コスト負担の軽減

長期保有をしていることで解約時の手数料負担を軽減できます。

手数料自体が安くなるわけではなく、保有期間が長くなれば1年当たりの負担率が下がるので収益に与える影響が軽減されるのです。

それが結果的にコスト負担の軽減に繋がっていると言ってもいいでしょう。

投資信託で長期保有のデメリット

投資信託で長期保有のデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

実際に長期保有をしてデメリットに感じた人の意見をまとめてみました(*´ω`*)

長期保有するべきか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

失敗した時のロスが大きい

長期投資で失敗すると、それまでの時間とお金を無駄にしたという結果が残ってしまいます。

例えば5年間の長期投資が失敗だったとなれば、5年間投資したお金と時間をロスしたことになるのです。

他の投資商品にしておけばよかったと後悔ばかりが残ってしまい、結果として投資信託自体を辞めることになりかねません。

すぐに利益を得られない

基本的に長期的なものに関してはすぐに利益を得られないと考えましょう。

投資先の会社が急成長をするとは考えられません。

不動産投資などであれば、家賃収入などですぐに収入が見込めますが投資信託、しかも長期保有となればすぐに利益に繋がらないのだと覚えておくようにしてください。

そのため、長い目で見られる人におすすめされています。

将来の予測が難しい

リターンのための投資期間が長いこと、それはつまる将来の予測を立てにくいということです。

計画を立てて長期保有にしたのであれば、それだけ予測の難しい会社であることが伺えます。

ある意味、些細なことがきっかけで崩れてしまう可能性も否めないのです。

収益などが落ち込むことがあれば、最悪の状態、つまり倒産に繋がる可能性もあります。

その点も考えて、長期保有をするかどうかを考えないといけないのです。

長期保有はただ長く持っているだけというわけではありません。

それだけリスクも一緒に抱え続けるということを覚えておくようにしましょう。

投資信託の長期保有はメリット・デメリットをしっかり把握しよう

投資信託の長期保有はメリットもあればデメリットもあります。

そのため、しっかり自分のやり方と長期保有が合っているのかなどを見極めるようにしましょう。

不安な状態のままであれば、長期保有は辞めた方がいいかもしれません。

メリットばかりではなく、デメリットも重視して「本当に長期保有がいいのか」ということを常に考えておくようにしましょう。




TOP