マイナンバーカードを作りたいのに番号を忘れた!?これって大丈夫なの?

マイナンバーカードを作りたいのに番号を忘れた!?これって大丈夫なの?

マイナンバー制度が導入され、2015年10月頃から通知カードが発送され始めましたよね。 地域によって通知カードが届くのがかなり遅くなったこともありましたよね(^_^;) 今回はマイナンバーカードを作る際に「忘れた!」とあってはいけないことを見ていきましょう!

マイナンバーカードを作る際に忘れてはいけないことは?

こちらでは、マイナンバーカードを作る際に忘れてはいけないことを紹介していきますね(^▽^)/

これからマイナンバーカードを作ろうとしている人、通知カードを所持している人はしっかりと覚えておくようにしましょう!

マイナンバーを忘れた

マイナンバー通知カードを紛失した場合、自分のマイナンバーが分からなくなってしまいますよね。

でも、マイナンバーは通知カードだけに記載されているわけではないので慌てる必要はありません。

マイナンバー通知カードを紛失するのは良くありませんが、決して自分のマイナンバーが分からなくなるわけではないので安心してください。
via pixta.jp

通知カードより住民票の発行をしてもらおう

マイナンバーが分からなくなった場合などは通知カードの再発行をしてもらうことで、マイナンバーを知ることができていました。

ただ。通知カードの再発行よりも住民票の写しを申請する方が早くマイナンバーを知りことができるだけではなく、再発行よりも手数料が安いのです。

マイナンバーを知るための費用とは?

マイナンバーカードの再発行などは1,000円かかります。

しかも、カードの再発行の場合は1ヶ月ほどかかるので、その間マイナンバーを知ることができません。

でも、住民票の写しであれば手数料は300円ですし、即日で発行してもらえますのです。

マイナンバーカードの重要性とは?

マイナンバーカードの重要性をいまいちわからないという人もいるでしょう。

こちらでは、どのような重要性があるのかを見ていきましょう(・_・;)

カードを紛失したら届け出をする

マイナンバーカードは個人情報の塊です。

そのため、紛失をしたら必ず警察に届けるようにしてください。

怖がらせてしまうかもしれませんが、悪用される可能性もゼロではないからです。

家の中で紛失したのであれば、まだ安全度は高いですが外出先で紛失した可能性があるならばすぐに警察に届けて対処をするようにしてください。

通知カードは廃止されている

「通知カードの再発行」と先述しましたが、2020年11月現在では再発行は不可能となっています。

なぜなら2020年5月25日をもって、通知カード自体が廃止されたからです。

そのため、通知カードの再発行、情報更新などもできなくなりました。

現在通知カードを持っている人はそのまま証明書類として使用できますが、引っ越しなどをして情報更新が必要な場合は証明書類として使用することができません。

マイナンバーカードを作った後の通知カードは?

マイナンバーカードを作った後、通知カードは不要になるのでしっかりと処分するか、そのまま手元に持っておくという方法で構いません。

シュレッダーなどで細かくしてから処分するという人もいるようですね。

マイナンバーを利用した悪事などもメディアで騒がれていたこともあって、マイナンバーカードを取得しても扱いには注意するようにしましょう。

マイナンバーカードを作る際にナンバーを忘れないようにしておこう

マイナンバーカードを作る際には「忘れた!」ということがあってはいけないものが多々あります。

しっかりと用意するべきもの、忘れてはいけないことを確認して申請をしましょう。

基本的にマイナンバーを忘れても問題はありませんが、知るための費用がかかるのでなるべく忘れないようにすることを心掛けてください。

余計な費用は高額じゃなくても出したくないですもんね(;^ω^)
TOP