円高や円安になる理由ってあるのかな?不況と円高の関係性をご紹介!

円高や円安になる理由ってあるのかな?不況と円高の関係性をご紹介!

日本国内で長らく信頼されてきた年金制度が崩壊寸前であるといったニュースを耳にする機会が増えてきました。 銀行に預けても金利が低くてどうにもならないので、思い切って外国投資にチャレンジしようと思っています∑d(d´∀`*)グッ! そのため、為替相場が円安や円高になる理由について調べてみようと思いました!
日本国内で長らく信頼されてきた年金制度が崩壊寸前であるといったニュースを耳にする機会が増えてきました。

銀行に預けても金利が低くてどうにもならないので、思い切って外国投資にチャレンジしようと思っています∑d(d´∀`*)グッ!

そのため、為替相場が円安や円高になる理由について調べてみようと思いました!
不況とは景気循環の一局面で、経済が停滞している状態。雇用量・生産量などの縮小、物価・賃金や利子率などが低い水準を続ける。⇔好況。

円高になる理由とは?

円高になる理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

円高は、円以外の通貨と円を比較した時に、以前比較した地点よりも円が高くなれば円高というらしいのですが、そもそも円が高くなるといった理由が全く想像つきません。どうして他の通貨よりも円の価値が高いと思われるのでしょうか?

輸出の増加

円高になる要因として影響力の大きいものが、輸出量の増加です。日本製の商品が海外での需要が高まれば、その商品を購入するために、ドルやユーロなどの他国の通貨から日本円に換金する動きが高まります。

このような状況は、円が他の通貨よりも魅力的になったという状況になりますので、円の価値が高まっていくことになりますので、結果的に円高になります。

世界の不況

これまでも世界的な不況が起こると、各国の投資家たちはリスクを回避するために、安全面に定評のある日本円が買われてきたという歴史があります。

近いところですと、リーマンショックなどでアメリカやヨーロッパ諸国で金融危機が起こったときなどは、極端な円高が訪れました。

資産は安全な状態で所有しておきたいという思いは、どの国でも同じです。そのため、海外の中でも経済や政治が安定しているといった評価を受けている日本の通貨である円が重要視されているのです。

投資する時には、他の国の値動きが激しい通貨に投資している投資家も、不況の時など大きく資産を目減りさせるリスクがあるような時には、安定志向の円が買われやすくなるのです。

円安になる理由とは?

円高になる理由は理解しましたが、今度は逆に円安になる理由が気になってきましたo(*・ω・)ノ

為替の動きが円高とは逆に動くことを考えると、ポジティブな理由ではなくネガティブな理由が大きそうです(oゝД・)b

円安になる影響力が大きい理由について調べてきました。

国内の政情不安

円が強いと思われるためには、安全面や安定性が不可欠です。

そのため、日本が戦争に巻き込まれてしまったり、政治不信から国内でデモや紛争が起こったりしてしまうような事態に陥れば、当然ながら円の安全面は守ることが出来なくなってしまいますので、円安に移行していきます。

また、日本国内だけでなく日本が懇意としている国の情勢が不安定になってしまっているような場合には、それに引っ張られる形で円安になるケースもあります。

財政赤字

日本の財政が悪化し、財政赤字になった時なども円安になる傾向があります。

財政赤字は国の支出が収入を上回った状態になることなのですが、このような状況も、国内情勢が不安定だと判断される要因となりますので、やはり円安傾向に陥りやすいといえます。

要は投資家にとって魅力的ではないと判断されてしまうと、日本への投資が滞ってしまいますので、為替相場は円安に動きやすくなるということみたいです。

為替の動きに注目しよう!

為替相場は、素人だけでなくプロの投資家でも動きを完璧に把握することは難しいといわれています。

現実の為替相場は、ひとつの要因で上下するのではなく、色々な要因が複雑に絡まり合った結果、生き物のように変動を続けているからです。

資産運用として外国投資をする方が増えていますが、しっかりと利益を出すためには、国内外で起こる大小さまざまなニュースに興味をもち、しっかりと把握することが重要なポイントになってきます。
TOP