学資保険のおすすめ3選!学資保険は早めに加入して将来に備えよう!

学資保険のおすすめ3選!学資保険は早めに加入して将来に備えよう!

子どもの教育にはお金がかかります。 ほとんどの子どもが大学か、それに準ずる教育を受ける今の時代。 子どもが産まれたと同時に教育資金をどうするか考えなければなりません。 学資保険の必要性を今一度考えてみましょう。 また、おすすめの学資保険3選をお伝えいたします。
子どもの教育にはお金がかかります。ほとんどの子どもが大学か、それに準ずる教育を受ける今の時代。入子どもが産まれたと同時に教育資金をどうするか考えなければなりません。

学資保険の必要性を今一度考えてみましょう。

また、おすすめの学資保険3選をお伝えいたします。
学資保険とは、その名の通り、子どもの学資金(教育資金)を準備するための貯蓄型の保険のことです。

学資保険はなぜ必要?

学資保険は必要ない、と言う人もいます。

確かに、十分に貯蓄があるか、コツコツとお金を貯められる人、投資の才がある人にとっては必要ないかも知れません。

ですが、備えあれば憂いなし。

学資保険の必要性を知ってください。

子ども教育にはとにかくお金がかかる!

学校教育だけで大学に入れた時代はほぼ終わりました。予備校でお金が発生し、ようやく受験が終わったら今度は入学金です。

私立大学で理系ともなると4年間の合計は500万円を超えることも。国公立大学でも、最近は私立なみにかかると言われますので、教育への出費は増加傾向にあります。

できるかぎり子どもの夢を叶えたいのが親の気持ちでしょう。

生まれた瞬間から将来設計をすることは肝要なのです。

万が一を考えると必要

学資保険は、親に万が一のことがあった場合支払いが免除されます。しかし受け取りはそのまま保障されるため、安心感のある保険です。

世の中、本当に何が起こるかわかりません。

学資保険以外で進学費用をコツコツ貯めていたとしても、途中で親に何かがあったら子どもへの学資金はたまらないまま進学を迎えてしまう可能性も。

万が一を考えると、学資保険は安心の制度なのです。

返戻率の高い保険で受取額を大きくすることができる

返答率は、支払った保険料に対して、どれだけの受取金があるかの割合です。「受け取る保険料÷払い込んだ支払い総額」で計算することができます。

この返戻率の高さが、学資保険の魅力の1つ。100を超す返戻率であれば、払ったときよりも受け取りが多いので、貯蓄性が高い保険だと言えます。

ただし医療特約などを付けると返戻率は下がります。

ニーズに合わせた学資保険を選ぶと、必ずしも返戻率は100を超えるとは限りません。

おすすめの学資保険3選

ここからはおすすめの学資保険を3つお伝えいたします。学資保険を選ぶときのポイントは、返戻率の高さと、ライフプランに沿っているかどうかです。

無理なく毎月支払いができるよう、将来設計を念頭に置きながら保険選びをしましょう。

ニッセイ学資保険

学資保険の保険料はできるだけ短期間で全額支払い終えた方が、返戻率はあがります。そのニーズを受け、ニッセイ学資保険は5年という短期で支払うプランがとても人気。

短期支払いで、受取総額が300万円だと月額は大体が13000円(年齢にもよります)と無理ではない範囲でしょう。

5年で支払うと、返戻率は108%と業界でもトップクラスです。もちろん、日本生命というネームバリューも人気の1つ。

明治安田生命つみたて学資

保険料の支払い期間が、最も長いものでも子ども年齢が15歳までと短く設定されています。本格的に学資金が必要になる前に、お金の用意ができているのは心的なストレスの軽減になるでしょう。

また、加入者には「24時間妊娠育児相談サービス」が用意されています。妊娠・出産・育児に関する電話相談が24時間可能。

総合的に子供に対する不安の解消ができのは嬉しいですね。

こども共済「学資応援隊」

JA共済の学資応援隊は、保険料を年払いにすると返戻率が上がります。加入可能年齢が12歳までと高いのも特徴です。

満期の年齢は14歳からですので、大学進学前に早めの学資金準備が可能になります。JA共済は子ども出生前から学資保険の加入ができる特徴も。

特約の付帯が必要ですが、出生日から2週間を経て生存していることを条件に、保障が開始されます。

備えあれば憂いなし!学資保険は早めの加入が鍵!

学資保険は早めに保険料を支払い終えることで、返戻率が高くなります。また、保険契約者の年齢・体調によっては加入が断れることもあるので、早めの加入を心がけましょう。

何があるかわからない時代です。

早めの備えをしておいてくださいね。
TOP