20代で構築したい!将来を見据えたお金の貯め方

20代で構築したい!将来を見据えたお金の貯め方

20代は仕事に恋愛、趣味と充実した期間です。 20代の過ごし方で、30代、40代と年を重ねて行く道筋も変わっていくでしょう。 特に早い段階で考えておきたいのがお金の貯め方です。 どのようにお金を使うかということは、人生をどう生きるかということ。 将来を見据えたお金の貯め方を紹介します。
20代は仕事に恋愛、趣味と充実した期間です。

20代の過ごし方で、30代、40代と年を重ねて行く道筋も変わっていくでしょう。特に早い段階で考えておきたいのがお金の貯め方です。

どのようにお金を使うかということは、人生をどう生きるかということ。将来を見据えたお金の貯め方を紹介します。

人生のお金の貯め時っていつ?

20代だとまだライフプランなどがあいまいな人も多いでしょう。なんとなく給料をもらって、なんとなくお金を貯めているという人はお金の貯め時について考えてみましょう。

お金の貯め時は人生に3回

人生の中にはお金の貯め時が3回あるといわれています。

その一つが働き始めてから結婚するまでの独身の期間。次が子供ができるまでの期間。最後はなんと定年直前と言われています。
人によってライフイベントやタイミングは違いますが、30歳で結婚出産する場合であれば、お金を貯め時は20代、30代でそれ以降は教育費がかからなくなるタイミング、つまり定年直前になってしまうのです。

どうして独身の時がお金の貯め時なのか

多くの人にとって独身時代は自分のためにお金を使える期間です。1人暮らしなら生活費がかかりますが、実家暮らしなら手取りをそのままお小遣いにする人もいるでしょう。

人によっては趣味にお金をつぎ込んだり、美容やファッションにお金をかける時期でもあります。しかし、将来を見据えて貯金するのであれば、大切なこの時期にしっかりとお金の貯め方を考えておきましょう。

20代から始めるお金の貯め方

お金は稼いでいれば勝手に貯まるものではありません。稼ぐ力ももちろん重要ですが、それ以上に意識したいのがお金を貯める力。お金の貯め方を知っておきましょう。

収入を上げる方法を考える

お金の貯め方というと節約術をイメージする人も多いでしょう。

シンプルに考えると収入から支出を差し引いたものがお金として貯まります。そこで支出を減らすことで貯まるお金を増やすのではなく、収入を増やしてお金を増やす方法を考えましょう。支出は減らすにも限度がありますが、収入アップであれば限度はありません。

収入を増やすためには自分が勤める会社の賃金規定を見直します。これからどれだけの昇給があるのか、また資格手当などはないか確認しましょう。

会社で副業禁止の規定がなければ、副業で収入を上げる方法もあります。ウーバーイーツやブログのアフィリエイトなど副業の種類も多様化しています。自分の好きな時間に働ける仕事もあるので、合ったものを見つけよう。

家計管理をはじめよう

お金の貯め方の王道といえば家計簿です。

ノートなどに支出や収入を記載して、家計管理することができます。ただし、家計管理で重要なのは支出の把握です。

家計簿が面倒だという人や記入する時間がないという人はスマホアプリなど家計簿をつけることもできます。それも難しいという人は、捨てる前のレシートをみて無駄遣いをしていないかだけでもチェックしてみましょう。

目標額を決めた貯金をしてみよう

生活費を使って残ったお金をただ貯め続けてもお金は思ったように貯まります。お金を貯めるためには自分がどれだけ貯められるかを考えて、目標額を設定しましょう。目標額を達成したら、好きなものを買うなどのご褒美を用意しておけば、節約にメリハリも付きます。

20代はお金の貯め方を知るベストタイミング

使えるお金が増える20代はお金の貯め方を知るベストタイミングです。お金は貯めるだけでなく、有効に使ってこそ価値を発揮します。

人によって夢は違います。

結婚や海外旅行、一人旅など自分の目標を立ててお金を貯めましょう。お金の貯め方を知っているだけで、いろいろなことにチャレンジする余裕も生まれます。

毎月5千円でも1年間ためれば6万円になります。まずは、5万円を目指してお金を貯めてみましょう。5万円を達成したら次は10万円、20万円というようにステップアップするとお金の貯め方が自然と身につきます。
TOP