NISA活用術!資産運用で活用する投資とは

NISA活用術!資産運用で活用する投資とは

2014年にスタートした個人投資家向けの制度NISA。 証券会社や銀行でNISA口座を作るようにすすめられた人もいるでしょう。 しかし、NISAを上手に活用できている人は実はあまり多くありません。 NISAを資産運用で活用する方法を紹介します。
2014年にスタートした個人投資家向けの制度NISA。

証券会社や銀行でNISA口座を作るようにすすめられた人もいるでしょう。しかし、NISAを上手に活用できている人は実はあまり多くありません。NISAを資産運用で活用する方法を紹介します。

NISAってそもそもなに?

投資の知識は人によってばらつきがあります。

すでにNISA口座があるという人もいれば、そもそもNISAって何なのかがわからないという人もいるでしょう。まずはNISA口座が何なのかから紹介します。

NISAは投資利益が非課税になる口座

通常、株式や投資信託、債券など投資で利益が出た場合、配当金や譲渡益には約20%の税金が課せられます。しかし、NISA口座で売買した、配当金を受け取ったという場合なら、この税金が非課税になるのです。

このNISA口座の枠は毎年120万円。非課税になる期間は5年間と決まっています。

つみたてNISAと一般NISAの違い

上では一般NISAの説明をしましたが、NISAには一般NISAのほかにつみたてNISAがあります。つみたてNISAは年間の投資上限が40万円。

しかし、一般NISAの非課税期間が5年間なのに対して、20年間非課税で保有することができます。つまり、つみたてNISAは一般NISAと比べて、より長期的にコツコツためていきたいという人におすすめです。

投資するときはビジョンが重要

NISAには二種類あり、また投資優遇措置としてはiDeCoもあります。限られた資金を運用する場合、どの制度を利用するべきか長期目線で考えておかなければいけません。

例えば、低コストで安全性が高い投資信託をコツコツ買い続けるのであれば、つみたてNISAが適しています。一方で短~中期を目安に相場の動きに合わせて価格が上がった時には売却したい、商品は自由に選びたいという人には一般NISAがおすすめです。

また老後資金を用意したい、積み立てた資金の受け取りは60歳以降でも良いなら節税メリットが大きいiDeCoがおすすめ。自分の投資スタイルをはっきりさせてから適したNISAを選択してください。

NISA口座を作るときのチェックポイント

NISA口座をまだ作っていない人もいるかもしれません。

普段使っている銀行でNISA口座も作ろうと考えている人はちょっと待ってください。NISA口座を作る金融機関選びはとても重要。どのようなことをチェックすれば良いのか紹介します。

取扱商品数は多いか?

投資信託は金融機関ごとに取扱っている商品が違います。

NISA口座でこの投資信託を買いたいと思っても、NISA口座がある金融機関で扱っていなければ、購入できません。そのため金融機関を選ぶときには、欲しいと思っている商品があるかどうかを事前にチェックしておきましょう。

手数料は他と比べてどうか?

投資信託は同じ商品であっても、金融機関によって手数料無料の場合も手数料がかかる場合もあります。

またネットで購入すると安いというケースもあるでしょう。少しでも利回りをよくするために、手数料も必ずチェックしておきましょう。
NISA口座では株式を購入することもできます。

しかし、銀行では投資信託は購入できても株式は購入できません。つまり将来的にNISA口座で株式を買いたくなったときに、銀行でNISA口座を持っていると投資することができないケースがあります。

その場合は、NISA口座で株式を買うのをあきらめるか、NISA口座を移管することになるでしょう。

株式はこれから始めるかどうか?

NISA口座を利用するときは10年、20年後の自分まで見据えよう

NISA口座は1年に一度だけ金融機関を変えることができます。

しかし、金融機関同士の手続きなど時間も手間もかかってしまうので、あまりおすすめできません。
NISA口座を開設するときには、自分がどのような資産運用でNISAを使うのかあらかじめシミュレーションしておきましょう。

どの程度のスパンで決済するつもりなのか、どの程度の利回りを目指すのかあらかじめ設定してから投資に臨むようにしてください。
TOP