太陽光発電をソーラーローンで導入する方法! メリットや賢い秘策をわかりやすく解説

太陽光発電をソーラーローンで導入する方法! メリットや賢い秘策をわかりやすく解説

太陽光発電を導入したいがまとまった自己資金がない、とお悩みの方もおられるでしょう。そんな方にぜひ考えていただきたいのが、ソーラーローンの有効活用です。 太陽光発電の導入費用は、10年前と比較すると安価になりましたが、初期費用が高いというイメージから導入に踏み切れない場合もあります。そんな資金調達に不安感を持つ方の強い見方がソーラーローンです。安定的に収入が得られ返済できることから、低金利で提供されています。 ソーラーローンの基礎知識をわかりやすく解説していきます。また、住宅ローンの借り換えで太陽光発電の費用を組み込むのがおトクになる理由などについても紹介します。
太陽光発電を導入したいがまとまった自己資金がない、とお悩みの方もおられるでしょう。そんな方にぜひ考えていただきたいのが、ソーラーローンの有効活用です。

太陽光発電の導入費用は、10年前と比較すると安価になりましたが、初期費用が高いというイメージから導入に踏み切れない場合もあります。そんな資金調達に不安感を持つ方の強い見方がソーラーローンです。安定的に収入が得られ返済できることから、低金利で提供されています。

ソーラーローンの基礎知識をわかりやすく解説していきます。また、住宅ローンの借り換えで太陽光発電の費用を組み込むのがおトクになる理由などについても紹介します。

ソーラーローンとは?

ソーラーローンとは、太陽光発電や蓄電池の導入に際して利用できる融資のことです。銀行や信用金庫などの金融機関が独自の低金利ローンを提供しています。

頭金なし、無担保・無保証でも借りられるなどハードルは低くなっています。ソーラーローンを提供している金融機関は様々です。ソーラーローンという名称ではなくてもリフォームローンなどで対応している銀行もあります。オール電化工事を行う場合にも対応しているプランもあります。

ソーラーローンのメリット

太陽光発電による売電収入により実質的な負担がない
毎月の売電収入をローンの支払にまわせば、あえて返済金を捻出する必要がありません。資金がない方こそソーラーローンを活用して節電ライフを経験できるのです。

長期間の融資が可能
ソーラーローンは10~15年の返済期間の場合が多くなっています。返済期間が長期にわたると毎月の返済額が抑えられ負担が少なくなります。一般的に太陽光発電の初期費用を回収できるのは10~15年とされています。ローンの返済完了後収益を得ることになります。

頭金なしでも借入れ可能
太陽光発電により安定的な売電収入を得る可能性が高いと評価されているからです。よほどの異常気象や機器トラブルがない限り、安定的に売電収入を得られてきた過去の実績が大きく影響しています。

通常のローンと比べて金利が低い
ソーラーローンの金利はおおむね2.0~3.5%程度が多くなっていますが、金融機関により幅があります。これも安定的な収入が得られるという理由により、貸倒の可能性が低いとの判断があるからです。

太陽光発電の設置設備決定の前でも申込ができる
これはローン希望者にはありがたいメリットであり、余裕をもって太陽光発電システムの計画を進めていくことができます。

ソーラーローンのデメリット

固定金利か変動金利かで返済額が大きく変わる
固定金利は銀行、変動金利は信販会社がそれぞれ採用している場合が多くなっています。どちらが有利かは一概には言えませんが、両者の違いにより返済額が大きく変わってしまいます。

売電収入が得られない場合返済に窮する
ソーラーローンは安定的に売電収入を得られるという前提があります。ところが、異常気象などの理由により日照時間が足りなかったり、設備機器のトラブルで思うような発電量を確保できない場合など売電収入が得られない場合も想定されます。

こういったトラブルの対処法としては、自然災害補償付きタイプを選んだり、保証の充実した機器を設置するなどの手段があります。

金利の上昇や審査が厳しくなる傾向がある
これらも対策が難しいデメリットになります。情報収集などの事前準備を適切に行って、金利の上昇などのリスクを回避できるように、余裕のある返済計画を立てるなど自己防衛を行うようにしてください。

借入時の注意点・ポイント

ローンの借入時に特に注意すべきことやポイントをまとめました。次のとおりです。

有利な金利を選ぶ
ソーラーローンは低金利の商品が多くなっていますが、変動金利と固定金利がありますので自分にとって有利なほうを選択することが大切です。

変動金利は金利は低めに設定してありますが、安定性はなく金利が上昇すれば返済額が増えることになります。年2回程度、経済情勢などにより変動します。固定金利は金利が変わらないため返済計画は立てやすくなりますが、最終的な返済額が増える場合があります。

トラブル対処方法を考えておく
相対的には順調に売電収入を得られることが多いのですが、トラブルなどのリスクがゼロになることはありません。もしものことを考えて、設備の保証を充実させる、盗難保険や自然災害補償などの事前検討が大切です。

返済期間を検討する
ソーラーローンの返済期間は大半が10~15年の設定になっています。期間を長くすると毎月の返済額が減る分、金利負担が増えます。短くすると毎月の返済額が増えることになります。具体的にシミュレーションを行って、正確な資金・返済計画を立てることが重要なポイントになります。

手数料などを確認する
どれだけ低金利のローンを選んだとしても、手数料・保証料などが高額になると結果的にトータルの返済額が多くなる場合があります。諸費用の有無を確認するとともに、これらを盛り込んだ返済計画をシミュレーションすることが大切になります。

ソーラーローンの種類・選び方

一般的に金利の高い場合は審査が通りやすいといわれています。金融機関の中でも銀行は低金利で提供しており、ハードルがやや高くなっています。頭金なしでもローンを組むことは可能ですが、高額なローンとなるため、無理のない程度で頭金を入れるほうが月々の返済が楽になります。

借入の審査を通すために事業計画書の提出を求められることがあります。どの程度のものを求められるか、販売(設置)業者とよく相談する必要があります。固定価格買取制度(FIT)が10年で終了するので、できれば返済期間を10年以内とするのが理想です。

銀行ソーラーローン

金利は2~3%前後の変動金利が多くなっています。信販会社より低い商品もあります。
返済期間は15年以内の設定が大半です。一般的に審査は厳しく、法人向けのローンが中心になっています。提出書類も多くなっていますが、基本的には自分で手続をする必要があります。

措置期間という金利返済だけで元本の返済を猶予する期間を設けているローンもあります。売電収入を得るまで元本の返済が猶予される制度です。

ソーラーローンを提供している銀行はたくさんあります。都市銀行(みずほ銀行など)、地方銀行(北海道銀行など)、その他の銀行(楽天銀行など)、信用金庫、JAバンクなどです。自分のお住い地域の銀行、信用金庫などに照会し、確認してみてください。

信販会社ソーラーローン

金利の設定は銀行より高めで、2.5~3.5%程度になっており、固定金利が多くなっています。提出書類は少なめで、審査は銀行より通りやすいといわれています。業者と提携しているローンが大半で、手続を業者が代行してくれる場合がほとんどです。

返済期間は15年以内、借入限度額は1,000万円~1,500万円の設定となっています。オリコ、ジャックス、アプラスなどがソーラーローンを提供している代表的な信販会社です。販売(設置)業者の提携先でしかローンを組めないという制約がありますが、その分審査が通りやすい、提出書類が少ないなどのメリットがあります。

その他(日本政策金融公庫・地方自治体)

日本政策金融公庫は環境・エネルギー対策資金として融資を行っています。事業用太陽光発電を前提としています。低金利ですが、手続が煩雑でしかも融資までの時間がかかるデメリットがあります。

地方自治体が独自に融資制度を設けている場合や地元の金融機関と提携してローンを提供している場合があります。低金利など魅力的な条件が多いのですが、実例は少なくなっています。神奈川県、京都府、大阪府などで融資の実績がありますが、制度が終了している場合もありますので、お住いの都道府県に確認する必要があります。

支払方法の選び方

現在の資金状態により、現金一括払い、ソーラーローンの活用、住宅ローンの借り換えのいずれが良いのか判断する必要があります。ローンを活用する場合、金利や返済期間を想定したシミュレーションが重要です。

現金一括払い

手元資金に余裕がある場合は、一括払いがおすすめです。長期間の金利負担が避けられます。無理をする必要はありませんが、多少の出費はまかなえるという方には最良の支払方法になります。

一般のソーラーローン

突然の出費などに備えて現金を手元に残しておきたい方は、ソーラーローンを活用する方法を選ぶべきです。無理のない範囲で毎月の支払を計画すれば問題はありません。売電収入を前提として、実質的な負担がなく太陽光発電システムを導入することができます。

資金がない方でもソーラーローンをうまく活用して、太陽光発電システムを導入することで安定的な節電ライフを目指すことができます。

住宅ローンの借り換え

すでに住宅ローンを組んでいる方は、金利の見直しをして太陽光発電システムの費用を組み込むことができれば、最もおトクな支払方法となります。ソーラーローンより低利の住宅ローンで太陽光発電の費用を賄うことができれば文句なしとなります。

住宅ローンは長期間の返済期間ですので、その分月々の返済金額を下げることができます。電気代の節約と合わせると二重のメリットとなります。さらに、場合によってはオール電化工事なども住宅ローンに取り込める可能性があります。まさに賢い選択となります。

住宅新築時の太陽光発電導入は、住宅ローンに初期費用を組み込むのがベストの選択になります。うまくいけば売電収入で住宅ローンを返済することも可能となります。低金利の住宅ローンに太陽光発電までも任せてしまおうという発想は最強の支払対策と言えるでしょう。

ソーラーローンで太陽光発電を導入し、環境にやさしい節電ライフを楽しもう!

太陽光発電はマンション住まいだと設置が難しく、一戸建てにしかない大きなメリットと言えます。初期費用がかかる、詐欺や故障などのリスクがありますが、適正価格の設置ができれば安定的な売電収入が得られるチャンスに違いありません。

現金一括払いが理想ですが、準備できない場合もあります。多くの方がソーラーローンをうまく活用して太陽光発電の導入を成功させています。ソーラーローンは太陽光発電システム導入に特化した支払方法のひとつです。多くの金融機関からさまざまな商品が提供されていますので、自分に合ったローンを選ぶべきです。

特に、住宅ローンの借り換えで太陽光発電を取り込む方法は、毎月の返済額を抑えてシステムの導入を可能にする秘策です。最も賢く、効率的に経済的メリットを受けられる方法です。

ソーラーローンをうまく活用して、太陽光発電を導入すれば地球環境の改善に貢献し、しかも節電効果もあります。太陽光発電システムは、まさに一石二鳥の次世代の設備といえるでしょう。
TOP