iDeCoとは?iDeCoを利用するメリットやデメリットを解説!

iDeCoとは?iDeCoを利用するメリットやデメリットを解説!

老後資金2000万円問題が話題になったことをきっかけとして、多くの方が老後のために資産運用を始めております。 資産運用には色々な方法があり、所有している土地を運用する方法や、貯金を運用する方法など個人にあった運用方法があります。 土地もまとまった貯金もない方が、積極的にチャレンジしているiDeCoとはどのような運用方法なのでしょうか?
老後資金2000万円問題が話題になったことをきっかけとして、多くの方が老後のために資産運用を始めております。

資産運用には色々な方法があり、所有している土地を運用する方法や、貯金を運用する方法など個人にあった運用方法があります。

土地もまとまった貯金もない方が、積極的にチャレンジしているiDeCoとはどのような運用方法なのでしょうか?

iDeCoとは?

iDeCoとは個人型確定拠出年金の愛称で、2001年に登場した、新しいタイプの年金制度です。

第三の年金制度ともいわれ、多くの方がチャレンジしはじめております。

親しみやすい名称と第三の年金制度というキャッチフレーズで、なんとなくは理解していますが、きちんと理解できていない方も多いのが現状です。

iDeCoとはどのような制度なのでしょうか?
iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)は、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度で、加入は任意です。

加入できる人

以前の個人型確定拠出年金という制度は、自営業者の方か勤務先に企業年金制度がない会社員の方しか加入することができないなど加入できる方が限られておりました。

しかし、抜本的な法改正が行われ、2017年1月からは、これまで対象外となっていた、専業主婦の方や公務員の方、企業年金に加入している方もiDeCoを利用することができるようになりました。

企業型DCとの違い

確定拠出年金には、iDeCoだけでなく企業型DCがあります。

企業型DCとiDeCoの大きな違いは、利用する方のベースが企業か個人かという所にあります。企業型DCは、その名の通り会社に勤務している方が対象です。

また、会社の退職金制度の枠内での活用といった制限があるのが特徴になります。

iDeCoは、反対に個人が自分の意志で行う資産運用になります。自分で掛け金を決められることや、個人の確定申告や年末調整などに有利になるなどの違いがあります。

iDeCoを利用するメリットとは?

via pixta.jp
老後のお金が不安だという方の多くの方がiDeCoにチャレンジしているのには、他の資産運用方法にはないメリットを魅力的に感じているからです。

沢山の資産運用方法がある中で、なぜ多くの方がiDeCoにチャレンジしているのでしょうか?

税金が安くなる

iDeCoで使用した掛け金は、その全額が所得控除の対象になります。

確定申告、年末調整で申告を行う事さえすれば、その年のiDeCoで運用した掛け金を全て控除することはできます。その為、iDeCoを利用した金額分の節税が可能となるのです。

安くなる所得税や住民税の金額は、個人の収入によっても、住んでいるエリアによっても異なりますので確認するようにしましょう。

運用益も非課税

iDeCoでは運用益も非課税の対象になっております。

一般的に投資信託などの運用益には、所得税として15パーセント、住民税として5パーセント、復興特別所得税として0.315パーセントかかりますので、合計して20.315パーセントの税金が課せられてしまいます。
しかし、iDeCoでしたら、運用益に対して税金は一切かかりません。

iDeCoを利用するデメリットとは?

非常に便利でお得なiDeCoですが、お金の関わることですので、メリットだけでなくデメリットも存在しております。

iDeCoにチャレンジしようと思っている方は、メリットと合わせてデメリットについても理解を深める必要があります。

60歳まで引き出すことができない

非常にお得なiDeCoは、原則60歳になるまで、運用益と掛金を引き出すことができないといったデメリットもあります。

一般的な定期預金やFXなどの資産運用方法でしたら、急な出費の時には引き出すことができますが、iDeCoは、あくまで老後資金として運用しているということがらいますので、原則60歳まで引き出すことができません。

手数料や維持費

iDeCoは、税制面での優遇ばかりが目につきますが、手数料や維持費などの出費についても、しっかりと理解を深める必要があります。

例えば、iDeCoをする際に必要な口座の開設時には、加入時手数料として2,829円が必要となります。

また、iDeCoを利用している期間は、事務手数料と資産管理手数料が必要になり、二つ合わせて年間2,052円を支払わなければいけません。

まとめ

iDeCoには、今回ご説明した通り、メリットもあればデメリットもあります。

しかし、どの資産運用を見てみても必ずメリットとデメリットの両方の特長があります。
iDeCoは、メリットとデメリットを比較した際に、圧倒的にメリットが大きな資産運用方法になっております。

コツコツと低額からはじめる事ができる資産運用方法ですので、土地や貯金などがないという方は、ぜひチャレンジしてみてください。
TOP