国内債券の基礎知識!チャートも苦手な初心者さん向け!

国内債券の基礎知識!チャートも苦手な初心者さん向け!

資産運用を始めるにも、何からどうすれば良いだろう、と悩む人は少なくありません。 検索しても、知識のある人向けの記事が多くて読むにも疲れる、なんて経験あるでしょう。 そこで、今回は国内債券に焦点を当てて、初心者さん向けに解説していきます。
資産運用を始めるにも、何からどうすれば良いだろう、と悩む人は少なくありません。検索しても、知識のある人向けの記事が多くて読むにも疲れる、なんて経験あるでしょう。

そこで、今回は国内債券に焦点を当てて、初心者さん向けに解説していきます。

国内債券とは?基礎知識

まずは、国内債券とは何なのか、基礎的な部分からおさらいしていきましょう。

「投資」という聞こえに怖さを感じる人は少なくありません。恐怖のイメージは株式投資に基づいたものでで、国内債券とはリスクの度合いが違います。

国内債券はどんな金融商品なのかを知って、投資対象にするかどうか判断してくださいね。

円建てで発行する債券

国内債券とは、日本国内の企業・国や地方自治体が発行している借用書のことです。「借用書って借金じゃ?」と思った方、正解!お金を貸して、期間が来ると利子を受け取ることできる仕組みになっています。

企業が出す社席は、資金調達のため発行されるもの。国や地方が発行する国債よりリスクが高いとされます。

そのため、利回りが比較的に高く設定されています。

ローリスクローリターンの投資

国債の最大のメリットは、元本割れのリスクが低いことです。投資を怖がる人の多くは、元本割れではないでしょうか。持っている株券がただの紙になってしまう…昔よくあったドラマのシーンみたいですね。

国債の場合は貸していたお金が返ってくるため実質元本割れを防ぐことができます。

決められてタイミングで利息を受け取るので、ローリターンではありますが、リスクは回避できます。

チャートはなぜ必要?

どんな内容でも投資をする人はチャートを見る必要があるのですが、チャートが苦手という人も結構います。相場の転換点を知る参考資料になり、また分配金が可視化できるため便利です。

債券の価格は下がることもあります。とくに、金利変動型の再建であれば、株価や為替、世の中の情勢が金利に色濃く反映されるのです。

世の中の動向を読み解く上でも、チャートは大事に働きをしているのです。

国内債券のメリット

国内債券は投資の中でも安全性の高い金融商品であることがわかりました。でも「やっぱり投資はまだ不安!」という人もいるでしょう。

そこで、他にはどんなメリットがあるのか、今一度国内債券のメリットについて考えます。

少額から始められる

投資信託で国内債券を購入するなら、少額で投資が始められます。現物の再建を実際に運用するのであれば、1単位が100万円からの投資が必要になることも。

投資信託の場合、最低100円からの投資が可能です。

これは「利付債」と呼ばれるもので、額面100円で発行され、満期が来たら額面の100円が戻ってきます。
元本が返るということですね。

分散投資がしやすい

投資信託はファンドを通じて様々な債券に投資します。分散投資することで、元本割れのリスクを軽減させることができるのです。

もしも、実際に数百万で債券を運用するとして、発行先が破産し債務不履行となった場合、大きな損失が出てしまいます。

投資信託でファンドと通しておけば、分散投資のため他の債券の利益でカバーが可能となるのです。

低リスク

国内債券の魅力はとにかく低リスクなことです。投資信託は投資の専門家である運用会社が行います。そのため、チャートの読み方がわからない初心者さんでも安心して資産運用ができるのです。

ただし、手数料がかかるデメリットはあります。

低リスクで運用を始めて、投資に慣れてきたら今度は自分で株式投資などリスク度合いがあがる投資をするのも良いですね。

低リスクの国内債券で資産の長期運用を始めよう

銀行にお金を預けていても増えていかない時代です。資産は運用して増やしていく必要を迫られています。

投資の知識が全くなくても、国内債券の投資信託ならリスクを抑えて長期の資産運用が可能です。ゆとりある将来のために、長期運用を始めてみませんか?
TOP