Amazonギフト券の使い方を知ろう!タイプ別の用途も解説!

Amazonギフト券の使い方を知ろう!タイプ別の用途も解説!

Amazonギフト券は自分用に使うことはもちろん、贈答用としても重宝されています。皆様の中にも、Amazonギフト券をプレゼントでもらったことがある人も多いのではないでしょうか。とは言え、いまいち使い方がわからないという声も。 そこで、Amazonギフト券の使い方を解説していきます。
Amazonギフト券は自分用に使うことはもちろん、贈答用としても重宝されています。皆様の中にも、Amazonギフト券をプレゼントでもらったことがある人も多いのではないでしょうか。とは言え、いまいち使い方がわからないという声も。 そこで、Amazonギフト券の使い方を解説していきます。

Amazonギフト券とは?

まずは、Amazonギフト券が何なのかをおさらいです。Amazonギフト券は、Amazonが発行するいわば商品券。基本的には、Amazon内のショッピングや付帯するサービスで使うことができます。では、Amazonギフト券について詳しくみていきましょう。

Amazonギフト券のメリット

自分で使うときのメリットとしては、クレジットカードの代わりに利用ができることです。クレジットカードのように決済が即時完了します。また、一定額以上をAmazonで購入すると、ポイントがついておトクになります。

贈答用としてのメリットとしては、なんといってもAmazonでお買い物ができること。これまでの商品券だと、百貨店や一部商用施設での使用でしたが、今のショッピングはネットが主流と言っても過言ではありません。ですので、確実に喜んでもらえるプレゼントとなるのです。

Amazonギフト券の種類

ギフト券にはそれぞれ種類があります。人気なのは、Eメールで送ることができたり、アカウントに直接チャージできたりする「デジタルタイプ」。その場でギフト券を発行できるため、すぐに利用ができて便利です。

プレゼントとして人気なのは「配送タイプ」。Amazonギフトカードが封筒に入れられて送られる「封筒タイプ」や、箱に入って送られてくる「ボックスタイプ」、メッセージカードに入って来る「グリーティングカードタイプ」などが人気。

他にも、コンビニで見かけるシートタイプなど、用途に合わせて選ぶことができます。

Amazonギフト券はどんなときに良い?

買い物をしているとクレジットカードで対応のものがあり、現金だと支払いができないことがあります。そんなときにAmazonギフト券が便利です。

また、ギフト券はさまざまな場所で購入ができます。そのため、急にプレゼントが必要になったとき、最寄りのコンビニや家電量販店でギフト券を購入すれば大丈夫。花束やケーキは好き嫌いが分かれますが、Amazonギフト券なら着実に喜んでいただけるアイテムです。

タイプ別Amazonギフト券の使い方

Amazonギフト券にはそれぞれのタイプ別で使い方が変わってきます。お買い物という最終的な使用方法は同じでも、どのように使うかは種類によって適材適所があるのでそれぞれみていきましょう。

今お手元にAmazonギフト券がある方は、どのタイプを持っているのかを確認しながら参考にしてくださいね。

紙やカードタイプ

Eメールで届くプレゼントも嬉しいですが、やはり形となって手元に届くと嬉しいですよね。ですので、紙やカードタイプのAmazonギフト券は、プレゼント用として多く使われています。

手元に残るタイプのAmazonギフト券を使ってお買い物をするには、Amazonギフトコードを自分のAmazonアカウントに登録して使用します。ですので、プレゼントにするなら、Amazonでお買い物をするタイプの人かは探っておいた方が良いでしょう。

Eメールタイプ

EメールタイプのAmazonギフト券は、何といってもすぐに発行できるのが魅力です。所要時間はAmazonのサイト上で最短5分!すぐに発行できて、EメールやSMS、DMなどから受け取りが可能です。そのため、急なプレゼントはもちろん、自分自身でお買い物を「今したい」ときに便利です。

また、EメールタイプのAmazonギフト券は、自動でギフトコードの確認からアカウントへの登録までをおこなってくれます。ですので、メールで受け取った側が新たに何か操作をする必要がほとんどありません。

チャージタイプ

手元に残るタイプやEメールで届くタイプのAmazonギフト券は、額面が先に決まっていて、その範囲内でお買い物をすることとなります。対して、チャージタイプのAmazonギフト券は、利用したい金額をAmazonのアカウントに都度入金して使用します。感覚的にはプリペイドカードに近いですね。

100円から1円単位で好きな金額をチャージが可能です。しかもコンビニ・ATM・ネットバンキングから5000円以上チャージで、プライム会員は最大2.5%ポイント、通常会員は最大2%ポイントが付与されてお得です。

Amazonギフト券の使い方:コンビニ編

Amazonギフト券はコンビニで買えるためとても便利です。急なプレゼントにちょうど良いのですが、カード型のものを「はいどうぞ」と渡すのも少し無粋に感じます。そこで、コンビニ購入できるAmazonギフト券の活用方法をお伝えしていくのでプレゼントの際の参考にしてください。

コンビニで買えるAmazonギフト券の種類

皆さんも、コンビニのラックに並んでいるAmazonギフト券を見たことがあるのではないでしょうか。ご記憶にあるかと思いますが、並んでいるのはカードタイプのものとなります。

カードタイプのものには「カードに記載された金額で決まっているもの」「1,500円から50,000円までの間で金額設定が自由にできるもの」の2種類があります。

また、シートに金額やナンバーが記載されてあるシートタイプのものも購入が可能です。購入は現金での購入になるので購入には注意が必要です。

プレゼントならギフトボックス付きが良い!

プレゼントでAmazonギフト券を贈りたい、と思っても、コンビニだとラッピングをしてもらえません。ですので、カードタイプをそのまま渡すことになるのですが、それはちょっと無粋ですよね。そんなときは、ギフトボックス付きを選びましょう。

コンビニで購入できるAmazonギフト券は、カードのみの他に、ギフトボックス付きがあります。ギフトボックスは小さなのAmazonの箱みたいですので、プレゼントに充分です。3,000〜50,000円の間で、金額を自由に決めることができるため用途も幅広いでしょう。

コンビニでは使えません

Amazonギフト券の使い方として、よくAmazon以外で使えないのかといった質問を見かけます。確かに、コンビニで購入ができるのですから、コンビニで使わせてくれたらとても便利ですよね。ですが、今のところ答えはNOです。

基本的にはAmazonでのお買い物か、Amazonに付随するサービスでの使用となります。ですので、プレゼントをしたは良いけどAmazonヘビーユーザーではない、ということであれば宝の持ち腐れになってしまう可能性もあります。とくに年配の方への送り物としては気を付けたいですね。

Amazonギフト券の使い方:スマホ編

Amazonでのお買い物は、皆さんはスマホ派ですか?それともPCからでしょうか。出先でも、夜中でも、買い物やサービスを使えるため、スマホからAmazonを利用している人も多いでしょう。そこで、Amazonギフト券の使い方を、スマホからならどう活用できるのかをみていきます。

まずはスマホで購入

Amazonギフト券の購入や使用は、Amazonへのサインインが必要です。アマゾンの会員登録をしていないのであれば、まずはアマゾンのアプリ、またはサイトから会員登録が必須です。

Amazonギフト券はAmazon内で売られている他の商品と同じように商品として表示されます。ですので、購入したいときは検索ボックスに「Amazonギフト券」と入力すればOKです。それぞれのタイプが検索結果に出てきます。

アプリを入れておこう

スマホでAmazonを使っているけど、検索エンジンからAmazonに入る人って意外と多いのです。アプリがあるのに、なぜアプリを使わない?と感じるのですが、皆さんは使ってますか?

アプリであれば、毎回のメールアドレスとパスワード入力が不要になりますし、内容もブラウザから使うものと違いがありません。イメージとして「アプリは商品数が異なる」と猜疑的になる方も多いようですが、そんなことはないので安心してください。

ギフト券という便利なアイテムを手にしたのですから、アプリでもっと便利になりましょう。

プライム会員特典を楽しむ

Amazonプライム会員に登録している方であれば、スマホであっても豪華特典を受けることができます。ですので、この機会にプライム会員になるのはいかがでしょうか。

PCでプライム会員を登録している場合であっても、登録したアカウントのメールアドレスとパスワードがわかれば利用可能です。Amazonギフト券(チャージタイプ)で支払いをすれば、最大で2.5%のポイント還元があります。お得になるのでこの機会に登録しておくのはいかがでしょうか。

Amazonギフト券の使い方:Kindle編

では最後に、Kindleでの使い方です。実はこれまで、KindleをAmazonギフト券で購入することはできませんでした。不随してるサービスなのにな…と疑問だった方も多いのではないでしょうか。

ようやくAmazonギフト券でも購入ができるようになったので、その手順を追っておきましょう。

スマホの設定をしよう

まず、Amazonサイトにログインして、左上のメニューをクリックし、アカウントサービスを開きます。「その他の支払い方法」から「1-Click設定の管理」を選択します。

「設定」から「選択中のお支払い方法」となっている箇所で変更を選択。Amazonギフト券は「電子マネー」扱いになりますので、選択から「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」にチェックを入れます。そして「続行」。

これで完了です。

Kindleの購入設定もチェック

スマホの設定をするだけでKindleのAmazonギフト券支払いは完了します。ですが、心配性の方もいることでしょう。その場合は、念の為にKindle側の支払い設定も見ておくことがおすすめです。

Kindleの支払い設定は「コンテンツと端末の管理」から設定することができます。そこから「ギフト券」と「クレジットカード」にチェックをすれば完了です。

ちなみに、スマホ側で携帯決済が事前に選択されている場合は携帯決済が優先されます。ちゃんと設定がされているかは双方から確認をしておきましょう。

30分以内ならギフト券に変更できる

今までKindleではAmazonギフト券が使えなかったため、Amazonギフト券が使えると知らずに今もKindleを使っている方がいるかも知れません。その場合、Kindleでのアイテム購入から30分以内であれば、設定変更をすればギフト券を使うことが可能です。時間が短いですが、今何かコンテンツをギフト券以外で購入したのであれば、ぜひお得なAmazonギフト券に変更してみましょう。

Amazonギフト券を活用してお得に買い物しよう

不意なプレゼントとして重宝できるAmazonギフト券。使い方によっては現金やクレジットカードでの支払いよりもポイント還元でお得になります。コンビニですぐに購入し利用が可能ですので、誰かへのプレゼントとしてだけでなく、自分へのプレゼントとしても活用してみてくださいね。
TOP