銀行融資の金利とは?どのように決まる?計算方法や注意点なども解説

銀行融資の金利とは?どのように決まる?計算方法や注意点なども解説

住宅ローン等、何か大きな買物をする際に、銀行融資は重大な資金源となります。 しかしやはり気になるのは金利…ですが、そもそも金利とは何かをきちんと把握されていますか? ここで銀行融資の金利とは何か、またどのように決まるのかなどを理解して、今後のトラブルの種を生まないよう知識を付けましょう。
住宅ローン等、何か大きな買物をする際に、銀行融資は重大な資金源となります。しかしやはり気になるのは金利…ですが、そもそも金利とは何かをきちんと把握されていますか?

ここで銀行融資の金利とは何か、またどのように決まるのかなどを理解して、今後のトラブルの種を生まないよう知識を付けましょう。

銀行融資の金利とは?その概要について

まずは、そもそも銀行融資の金利とは何なのか等、基本的な知識を身に付けましょう。理解が深まることで、いちいち金利とは?と悩まずに済みますし、お金に関する身の安全んもつながります。

この場合の金利とは?

さまざまな場面で使われる金利という言葉ですが、意味合いとしてはお金を借りる側が、貸してくれた側へ支払う利息の元金割合を指します。つまりこの場合の金利とは、銀行融資を受けた側が銀行へ支払う利息の、借りたお金の総額の割合となるのです。

もっと噛みくだくのであれば「利子」、若しくは「お金を借りるための費用」という言葉が適切となるでしょう。

金利の計算方法

金利の計算方法は、お金を借りる上で必要となる知識のひとつです。下記に金利の計算をどのようにするのか、その式を記載しますのでぜひ参考にしてください。

借り入れたお金の残高×金利(実質年率)÷365日×借り入れ日数=金利(利息の額)

この式さえ押さえておけば、ご自身がどれだけ借り入れ以降に負担が掛かるのかを把握出来るので、知っておいて損はないでしょう。

金利についての注意点

金利についての注意点ですが、銀行融資の場面は基本的に…と言うより、例外なく借り入れ期間が長ければ長いほど金利が高くなります。何故なら、お金を返す期間を長く設けてほしい人ほど、将来返済に苦しみ破たんしてしまう可能性が高いからです。

このように記述するのは何ですが、つまりは食いっぱぐれがないように初手から多めに返済してもらうということですね。

「来月返済なら金利0!」という謳い文句がありますが、つまりは早く返済する人はそれだけ社会的な信頼度が高く、初手から取るより「長い付き合い」をしたいという気持ちの表れと言えるでしょう。

銀行融資の金利はどのように決まる?

銀行融資の金利…この場合実質年率となるのですが、これはずばり下記の4つを総合的に考慮して、極めて慎重に定められています。

なお下記の要素により、その銀行の状態がある程度把握出来ますので、融資先を決める判断基準としても用いることが可能です。

調達金利

銀行というのは、その運用を自らの資金で行っている訳ではなく、市場で借用したものやお客様からの預金で成り立っています。そのため、この場合銀行は「借りた側」となりますので、お金を貸してくれた相手に利息を払わなければならないのです。

これらを総合して資金調達と言い、その能力が高ければお金をたくさん、しかも安い調達金利で借りられるので実質年率に差が生まれることになります。

実際メガバンクと呼ばれる大手銀行の融資の場合、地銀よりも金利が低く設定されているケースが多いことから、目の当たりに出来ると思います。

経費

銀行はお金の貸し借りだけでなく、職員の給料や経費、システム管理等に伴う経費などにもコストを割かなければいけません。さらには、細かい話ですが各商品の売買に伴う手数料なども、銀行単位で計算するととんでもない金額となるのです。

実際問題これらの経費というのは決して無視できないもので、金利を決める要素のひとつと外せないものとなっています。

貸し倒れリスク

金利というのは、その銀行に融資してもらう者が一律の金利という訳ではなく、個々で異なるケースが少なくありません。中には「この企業は金利を高めに」、「この企業なら低めの金利で」と、貸す相手によって差が生まれるのです。

理由は、銀行側が貸し倒れの可能性を考慮した結果、となります。

将来破たんしてしまう可能性がある相手なら、金利を高めに設定して早めの回収を狙い、安泰企業であるなら金利を低くして長く付き合おうとするのです。

利益

これは単純な話で、銀行側が儲かっているなら低い金利に設定しても、特に運用に際して差し支えがありません。

となれば、可能な限り金利を低くして集客をした方が、結果的に銀行側の利益となるのではないでしょうか。

金利を理解した上で銀行融資を受けよう

世の中思った以上に大きな買物が多く、銀行融資を一度も受けずに一生を過ごす方は少ないと言えます。しかし意外と、金利とは何かをきちんと知らない方も少なくなく、そして将来思わぬ事態になる…なんてケースがあるのです。

よって銀行融資というのは、「金利とは何かを理解した上で」利用するのが最低条件と言えるのではないでしょうか。
TOP