100万円で資産運用はできる?不動産投資のメリットやデメリットは?

100万円で資産運用はできる?不動産投資のメリットやデメリットは?

不動産投資というと、最低でも数千万円、数億円というお金が必要に思っている人もいます。 確かに不動産は高額資産なので、一般的な投資と比較すると金額が高くなりがちです。 今回は100万円で不動産投資をするメリットやデメリットについて紹介していきましょう! これから資産運用をする人は、ぜひ参考にしてみてください(`・ω・´)
不動産投資というと、最低でも数千万円、数億円というお金が必要に思っている人もいます。確かに不動産は高額資産なので、一般的な投資と比較すると金額が高くなりがちです。

今回は100万円で不動産投資をするメリットやデメリットについて紹介していきましょう!

これから資産運用をする人は、ぜひ参考にしてみてください(`・ω・´)
不動産投資とは、ワンルームマンションやアパート、オフィスビルなどを投資家が直接的に購入して収益を得ることをいいます。

100万円で不動産投資という資産運用を選ぶメリット

via pixta.jp
こちらでは、100万円で不動産投資をすることでどんなメリットがあるか見ていきましょう。100万円も大金ではありますが、不動産投資の中では少額投資に分類されます。

そのことを考えながらしっかりチェックしてみてください。

100万円は確かに大金だね。でもだからこそ利益も大きいのかな?

レバレッジ効果が高い

自己資金が100万円と少額な分、高いレバレッジ効果を生み出すことができます。少額の資金で大きな収益を得ることを「レバレッジ効果」と呼びます。ローンを利用できる不動産投資ならではの魅力と言っても過言ではありません。

利回りの良い物件を購入することで、資金が少なくても高い収益を生み出すことができるので、驚くほど利益を得られる場合もあります。

手元に残った自己資金を補てんに回せる

自己資金が100万円の場合、頭金に入れるのは自己資金の一部、または自己資金を投入しないという選択肢もあります。この選択肢を選ぶことで、他の費用に回すことができるのです。

更に、突発的な修繕や補修が来ることもあるのでその際の自己資金補てんに回すことができます。

100万円を用意したからと言って、すべて頭金に投入しなければいけないわけではありません。いざという時の資金として手元に残すオーナーも多いのでひとつの方法として考えてみてください。

資産拡大が期待できる

不動産投資は早ければ早いほど良いと言われています。特にローンの審査は若いほど通りやすいと言われているからです。

35年ローンを組んだとしてもサラリーマンであれば、定年前に完済可能です。

その後、物件を増やすなど資産拡大をさせていくことができます。そのことから見ても、不動産投資はなるべく早く行った方が良いと言われているのです。

100万円で不動産投資という資産運用を選ぶデメリット

こちらでは、100万円の資金で不動産投資をする際のデメリットについて見ていきましょう。

メリットだけではなく、デメリットも知ることでしっかりとした資産運用が可能になるのです。

融資審査が厳しい

100万円の資金で不動産投資をする場合、必ずローンを組むことになります。100万円で購入できる物件はないと言ってもいいからです。

ただ、この場合はほとんどフルローンとなります。

金融機関から見て、フルローンは融資額の大きさや融資期間の長さなどから渋い顔をするところも少なくありません。

その結果、融資審査が通らなかったという人もいます。

なるほど、確かに100万円で不動さん投資はローンが必須だよね。

借入金額が大きくなる

先述したように、少額投資は借入金額が大きくなります。そのため、返済の負担が大きくなることは覚えておきましょう。

自分では大丈夫だと思っていても、意外と負担が大きくて将来的に返済が困難になったという人もいます。

選べる物件が限られる

投入できる金額が少なければ、購入できる物件の幅も狭まってしまうのです。そのため、購入できたとしてもあまり良い物件ではなかったということにもなりかねません。

その結果、不動産投資そのものが失敗になる人もいます。






100万円で不動産投資をするならメリットとデメリットを把握しておこう

100万円の少額投資はリスクが少ないのですが、デメリットはゼロではありません。そのため、しっかりとメリットとデメリットを把握しておくようにしましょう。

これらをしっかり把握することで、いざという時の対応も可能になるはずです。

臨機応変な対応をするためにも、事前知識はしっかり取り入れておいてください。
TOP