30代からはじめたい資産運用とは?お金を増やす方法7選を徹底解説

30代からはじめたい資産運用とは?お金を増やす方法7選を徹底解説

30代は20代の頃よりも仕事を任されることも増えてきて、収入アップが期待できる年代。 それと同時にライフプランにおいて結婚、出産、住宅購入といった出費も増えやすいです。 いつかは訪れるであろう、将来の老後のことも頭に入れておきたいもの。 今回は、30代からお金を増やすのにおすすめの資産運用方法を紹介します。
30代は20代の頃よりも仕事を任されることも増えてきて、収入アップが期待できる年代。

それと同時にライフプランにおいて結婚、出産、住宅購入といった出費も増えやすいです。

いつかは訪れるであろう、将来の老後のことも頭に入れておきたいもの。

今回は、30代からお金を増やすのにおすすめの資産運用方法を紹介します。

30代からはじめたい資産運用方法は?

via https://pixta.jp/subscriptions/images/59133341/complete
お金を増やすための資産運用は、出世しはじめる30代からがおすすめです。

運用のポイントは、生活に無理をしてまで投資をしないことにあります。

暮らしのベースは崩さずに資産運用できれば、将来の不安も少なくなりますよね(*^^)

ここからは、30代からはじめるのにおすすめな運用方法を紹介します!

①投資信託

投資信託は、投資家からお金を集めた投資のプロに運用を任せて増やす方法です。

自分で運用するのではなくて、投資専門のプロがおこなってくれるため、30代ではじめて投資信託デビューする人も安心して運用できます。

仕事や子育てで忙しくて、時間がない人にも取り組みやすいのがいいですね。

1万円~など、小額からスタートできるのもおすすめの理由。

②積立NISA(ニーサ)

積立NISA(ニーサ)は、定められた金額を毎月積立て運用して増やしていく制度。

少額では月に33000円~で、コツコツと長期に渡って増やすのが好きな30代におすすめ。

国が決めた基準をクリアしたものがNISAの対象になるので、低リスクで安心ですね。

ある一定期間までは積立金が非課税になるので、節税にも繋がりますよ。

③株式投資

株式投資は、企業(会社)が事業などのためにお金を集める方法です。

その集めたお金が株で、購入した人が株主となります。

企業がその事業に対して利益を得た際には、株主へ分配金が支払われます。

決算期には株主優待券など割引や優遇制度も受けられますよ。

株主投資のために準備したお金以上は使わないことが大事です。

株はいい株を安値で購入するのがポイントで、コツを覚えるとスムーズな取引ができるようになります。

④国債

国債は債券の発行を国がおこなっているため、30代のはじめての資産運用にも安心。

購入後の元本割れの心配もあまりなくて、満期になればお金がきちんと戻ってきます。

日本では1番安全ともいわれ、銀行などで預金するよりもちょっぴり金利も高めです。

私たちが預金したお金は国債を通じて間接的に関わっているため、普通の預金よりもダイレクトな国債取引の方が断然利益も高くなっておすすめ。

⑤iDeCo(イデコ)

iDeCo(イデコ)は、個人型確定拠出年金のことです。

20歳~60歳までの年金支払者であれば運用可能で、少額では5000円~の掛金ではじめることができます。
30代からはじめて、将来の老後の「年金」のために貯めるお金です。

60歳になるまで引き出すことはできないけれど、しっかりした貯蓄で掛金が全て非課税の対象となるメリットがあります。

貯金と資産運用とで、何かとお金のかかる30代にいい資産運用方法ですね。

⑥定期預金

定期預金は30代に関わらず、若いうちからはじめておいて損のない運用方法です。

誰もが1度は利用したことのある制度で、長く預金すればするほど金利がつきます。

ただ近年は、銀行や郵便局などどこの金融機関も同じくらいの低金利時代です。

どこに預けても大した差がない分、定期預金キャンペーンなどを利用するとプレゼントを貰えたりするのでここもポイントにしておきましょう。

⑦太陽光発電投資

太陽光発電投資は、少し前に大きく騒がれて流行ったのを覚えていますか?

2019年に太陽光発電の買取終了と騒がれた一方、その後は太陽光の固定買取制度がはじまったので、住宅購入の多い30代はまだまだ注目しておいてもいい運用方法です。

太陽光システムの価格も買取価格も、年々低くなっていることだけ忘れないでくださいね。

お金を増やすための資産運用は30代からはじめよう

30代からはじめたい資産運用の方法を7つ紹介しました。

どの方法も小額からはじめることができて、初期費用は安くスタートできます。

積立NISAや国債や定期預金は国が面倒みていて、元本割れのリスクが低くて安全です。

投資信託や株式投資は、時間のない忙しい30代でも取り組みやすい運用方法。

iDeCoは老後の年金のためで将来の役に立ちます。

太陽光発電の買取もまだまだ注目が集まっているので、自分の目標にあった資産運用方法でお金を増やすことへ挑戦してみてください。
TOP