貯金を増やしたい方は保険で運用がおすすめ!リスクが低い資産運用をしよう

貯金を増やしたい方は保険で運用がおすすめ!リスクが低い資産運用をしよう

資産運用する方法は、多種多様な方法がありますが、どの方法を見ても敷居が高いように感じませんか? お金を増やしたいと思っても、なかなか難しいですよね。 そこでおすすめが、保険で資産を運用することです。 なぜなら、初心者でもわかりやすくリスクも低いからです。
資産運用する方法は、多種多様な方法がありますが、どの方法を見ても敷居が高いように感じませんか?

お金を増やしたいと思っても、なかなか難しいですよね。そこでおすすめが、保険で資産を運用することです。なぜなら、初心者でもわかりやすくリスクも低いからです。

今回は保険で資産運用するために、どんな種類の保険があるのか解説します。

保険が資産運用におすすめである理由

なぜ保険が資産運用に向いているのか?

理由は以下の通りです。
(1) 資産運用の経験がない人でも簡単に運用できる
(2) 少ないリスクで資産を運用できる
(3) いつお金が必要なのかはっきりと決まっている人
(4) 貯金が苦手な人
保険で資産運用をする際、リスクが全くないわけではありません。しかし、他の投資と比較するとリスクは低いため、初心者やリスクを少なくしたい人にはおすすめです。

また、保険の特徴としていつ満期を迎えるのか自分で設定できます。

例えば3年後、5年後に100万円が必要とわかっていれば保険を活用して備えることができます。さらに、毎月保険料が口座から自動で引き落とされるため、貯金が苦手な人にもよいでしょう。

資産運用ができる貯蓄型の保険には4つの種類がある

資産運用ができる保険は貯蓄型保険と呼ばれ、4つの種類があります。ここでは、それぞれの保険についてまとめました。

終身保険

終身保険は、途中解約以外は保障が一生続く保険です。葬儀代や相続税対策ができ、資産運用の機能が備わっています。

養老保険

養老保険は、満期を迎えたときに受け取ることできる保険です。満期までの間、万が一のことがあったとしても、保険金を家族に渡すことができます。

満期をむかえ受け取れる保険金は、見方を変えると利息がついた預金とも言えます。

学資保険

学資保険は、将来的に必要になる子供の学費を用意することを目的とした保険です。学費の負担が大きくなるタイミングで、「入学祝い金」や「満期学資金」という形でお金を受け取ることができます。

契約者に万が一のことがあった場合は、保険料が免除される点も大きな特徴です。

個人年金保険

個人年金保険も資産運用ができる保険の一つです。一定期間保険料を払っていくことで、60歳~65歳までの間に10~15年かけて年金と同じように保険金を受け取る。

もしくは、一括で受け取ることを選択できます。

貯蓄型保険で資産運用をするデメリットとは?

ここまで貯蓄型保険にはたくさんのメリットがありますが、デメリットもあります。資産運用をするうえでは、把握していると対策がしやすいでしょう。

途中解約で元本割れする可能性

貯蓄型保険は、ある程度の保険加入期間がない場合は、元本割れするケースがあります。支払った金額よりも、もらえる金額の方が少なくなってしまうということです。

途中解約をする際には、損をする可能性があるということを頭に入れておきましょう。

保険料が高額になる傾向がある

他の保険、例えば掛け捨て型の保険と比べると、貯蓄型の保険料は高くなります。掛け捨て型の保険料には、保障するための費用しか含まれていません。

しかし、貯蓄型の保険料には、契約者に払い戻すための積立金が含まれていません。将来的に払い続けることができるのか?契約時には計算しておきましょう。

貯蓄型保険を選ぶ際に最低限確認したい4つのポイント

貯蓄型保険を選ぶ際に、確認すべきポイントは以下の4つのポイントです。
(1) 保障内容
(2) 月々に払う保険料
(3) 返戻率
(4) 払込期間
保険を選ぶなら、いくらの保障が受けられるのかは確認した方がいいです。また、毎月払う保険料がいくらなのか、事前に計算しておきましょう。

リスクを理解して保険で資産運用をしよう

今回は保険で資産運用することがなぜおすすめなのか、また種類やリスクについて解説してきました。資産運用をするにあたり、リスクはつきものです。

しかしあらかじめリスクを知っておくことで、対応することができます。この機会に、貯蓄型の保険に加入して、資産運用を考えてみてはいかがでしょうか?
TOP