医療保険は30代にこそおすすめ!早い備えに越したことはなし! 

医療保険は30代にこそおすすめ!早い備えに越したことはなし! 

30代はまだまだ若い! ですが将来の備えを進めるには十分な年代です。 独身でも家庭を持った人であっても、将来を安心して過ごすには保険は必要。 「何かあるかも知れない」危機感で医療保険は加入しておきましょう。 今回は、30代におすすめする医療保険の選び方についてお伝えしていきます。
30代はまだまだ若い!

ですが将来の備えを進めるには十分な年代です。独身でも家庭を持った人であっても、将来を安心して過ごすには保険は必要。

「何かあるかも知れない」危機感で医療保険は加入しておきましょう。今回は、30代におすすめする医療保険の選び方についてお伝えしていきます。
私たちが病気になったりけがをしたときには病院などの医療機関にかかります。その際に、保険証を提示することによって、実際にかかった費用の一部、原則的には3割の金額を支払うことになっています。このように、医療機関にかかって実際の費用の全額ではなくその一部を支払えば済むのは、医療保険というしくみがあるからです。

30代に医療保険をおすすめする理由

ケガや病気をしたとき、自己負担をできるだけ軽減させる医療保険。ケガや病気の程度によっては長期入院となってしまい、就業ができず不安になってしまいます。

まだ若く元気なうちから将来への備えは大切。30代だからこそ医療保険をおすすめしたい理由があるのです。

入院費は意外とかかるから

入院となると意外とお金がかかります。公的医療保険制度を使ったとしても、入院による金銭的負担は十万円を超えることも少なくありません。

もしも、預貯金が少ないのであればこの出費ってとても痛手ですよね。しかも非正規で働いているのであれば、入院中に働けなくなってしまうのは入院以上に心の負担になります。

安心して治療に専念できるためにも、医療保険は必要なのです。

健康なうちに加入しておくべきだから

医療保険の保険料は、加入時の年齢で決まるのが一般的です。もちろん、年齢が上がれば病気やケガのリスクが上がりますから、比例して保険料も高くなります。

ということは、できるだけ早い時点で加入した方が良いのです♪

また、医療保険は加入時に病歴や既往症を告知することがほとんど。何か発症してから加入しようとしても遅いので、元気な若いうちに加入するのがおすすめなのです。

女性は女性特有の疾患リスクが高まる年代だから

女性特有の疾患は30代からリスクが高まります。一般的にがんは高齢者に多く発症するものですが、乳がん、子宮がんは20代で発症することもあるがんです。

女性特有の疾患に保証が厚い医療保険に加入をしておけば、万が一に備えることができる上、乳がんに関しては切除した乳房の再建に保証がされるものもあります。

ホルモンの変化で体調が崩れ出す30代。できるだけ早い時点で自分を守るようにしましょう。

30代の医療保険におすすめの選び方

なるべく早く加入した方が良い医療保険。でも焦ってしまうと自分にとって良い内容か見極められません。

ちゃんと、自分にとって有益な保険を選びたいですよね。

ここからは、30代だからこそおすすめしたい、医療保険の選び方をお伝えいたします。保険選びの参考にしてください。

入院一時金や通院給付金を重視する

入院が決まると期間に関係なく一定額が給付される「入院一時金」。入院の期間が決まって保険金が下りるものが多いのですが、入院一時金が出る保険であれば、入院費にかかる費用をまかなえることができます。

また、退院後に病気・障害の治療のために通院が必要な際「通院給付金」があれば心強いですよね。安心して治療に専念できるよう、費用の心配がいらない保険が大事なのです。

老後の医療費に備えられる保険を選ぶ

医療保険は「終身型」「定期型」の2つに別れます。終身型は一生涯の保証がされるので、老後の心配が軽減されます。

ただし定期に比べて保険料は高め。逆に言えば定期医療保険は30代で始めれば月額を低く抑えられます。

ただし、例えば10年契約だとして、40代に入ったときに保険を継続するなら同じ保険契約内容でも保険料が値上がりするでしょう。

老後の医療費を考えると、終身型で加入しておくことをおすすめします。

女性特有の病気に対する保証が厚いものを選ぶ

30代の女性はまず女性特有の病気に対する保証が厚い保険を選ぶのがおすすめ。通常のがんに加えて子宮がん・乳がん・卵巣がんなど女性特有の疾患に手厚い保証があれば安心です。

実際、私も女性特有の疾患をメインとした終身型医療保険に、就業不能保険を付けています。「もしもこの先何かあったら…」と不安になるくらいなら、月額数千円で安心を買っておきましょう。

30代から医療保険は加入しておこう

いつまでも若いつもりでも病気のリスクは着実に高まっていきます。早いうちから備えておけば、保険料も安く済みますし、何せ将来への安心感が違うはずです。

余裕をもって生活ができるように、早いうちから人生設計を始めておきましょう。
TOP