家族でできる節約術と貯金アイディア!無理なく貯められる

家族でできる節約術と貯金アイディア!無理なく貯められる

家族ができると出費が増えるため、貯金できない家庭は少なくありません。 だったら節約しようと頑張っても、ストレスをためてしまい、途中で挫折する可能性があります。

家族でできる節約術と貯金アイディア!無理なく貯められる

家族ができると出費が増えるため、貯金できない家庭は少なくありません。だったら節約しようと頑張っても、ストレスをためてしまい、途中で挫折する可能性があります。

家族がいても貯金をしたいなら、家族全員で対策するのがおすすめです。1人だけが頑張るのではなく、家族も巻き込んで楽しみながら節約しましょう。

家族におすすめの節約術と、無理なく貯められる貯金アイディアを紹介します。

家族でできる節約術

節約するなら、節約自体を楽しみと結びつけてしまいましょう。1人でやるより、家族みんなで節約意識を高めることが大切です

家庭菜園を始める

家庭に庭があるなら、家庭菜園を始めてみてはどうでしょうか。子どもへの教育にもつながり、家庭菜園自体がレジャーになります。

家族みんなで週末に家庭菜園をすれば、野菜が育つ様子が楽しみになります。虫とのふれあいや、土に触れることで、子どもの心の発達にもおすすめです。

家庭菜園は、何よりも無農薬野菜が採れるのが魅力です。安全でおいしい野菜が食べられて、野菜が高騰しても影響が少なくて済みます。

無料レジャーを利用する

探してみると、無料で利用できるレジャースポットは多くあります。近くにある公園、山や海など自然スポットがおすすめです。手作りのお弁当も持参すれば、格安のレジャーが楽しめます。

楽しみは家族みんなで貯金

お金のかかるレジャーを楽しみたいときは、家族みんなで貯金しましょう。「遊園地に行くため貯金をする」など楽しみと貯金を結びつけると、子どもも喜んで節約に参加してくれます。節約意識ができれば、意味もなくおやつをねだる機会が減るはずです。

貯金をするなら、パパも巻き込むのがおすすめです。普段なら缶コーヒーを買うところを我慢して、小銭を貯金するようになるかもしれません。パパの行きたいところや趣味と結びつけて、小銭貯金を促すのがおすすめです。

子どもにもお小遣いでやりくり

意外と少ないお金がかかっているのが、子ども費用です。スーパーやショッピングモールに出かけた際に、こまごまとしたものを子どもに買ってしまっていないでしょうか。

子どもの趣味は、お小遣い制にしてしまいましょう。欲しいものがあるなら、お手伝いのお駄賃を貯めさせると、節約意識が育ちます。子ども同士で遊びに行くときも、お小遣いからやりくりさせてください。

貯金をするおすすめアイディア

貯金をしたいなら、給料の額から先に貯蓄の額を決めてしまいましょう。残った金額でやりくりできれば、自然と貯金は増えていきます。

毎月貯金をするため、複数のアイディアを試してみてください。

ボーナスを貯金する

ボーナスが出る会社なら、ボーナスは毎月の出費に含めないようにします。あくまでもボーナスは、臨時の出費用です。

ボーナスを全額貯金に回せば、年間の貯金額も増やすことができます。貯金ばかりでストレスがたまるようなら、ボーナスの半分ほどを旅行や趣味に充てるのはおすすめです。限られた金額でも自由に使えるお金があると、ストレスなく貯金ができます。

お金をおろすのは月1回だけ

毎月かかる生活費を決めたら、お金をおろすのは月1回だけにします。1回しかおろさないルールがあれば、決められた金額以内でやりくりするよう意識が変わってくるはずです。

月に数回お金をおろしていれば、ATM手数料の金額も大きくなっているかもしれません。時間外手当がかかっているなら、年間で数千円くらい無駄使いしています。お金をおろすのは月1回だけにして、手数料無料の時間帯を選びましょう。

クレジットカードに依存しない

貯金できない家庭でよくみられるのが、クレジットカード依存です。食費や日用品すべてをカードで支払うと、ポイントがたまりお得な感じがします。

ところがカード払いは後払いのため、月の不足分が気づきにくいのです。赤字になっていてもカードで支払えば済んでしまい、自転車操業になっている家庭は少なくありません。

貯金をしたいなら、クレジットカード依存から抜け出してください。カード依存は、キャッシングやカードローンの利用意識も低くなるため、注意が必要です。

お財布に入れる金額を決める

月に1回生活費をおろしたら、お財布にお金を入れるのは週に1回だけにします。1週間に使える金額だけをお財布に入れれば、残りの金額が明確です。

いつもならバーゲンで買うところを、予算がわかれば節約意識が芽生えます。ついつい買ってしまう高級な食材や日用品も、予算が限られていれば購入をためらうようになるでしょう。

家族に協力してもらい貯金しよう

家族で貯金をしたいと考えているなら、家族みんなで節約意識を高めてください。無理に節約してストレスをためるのではなく、楽しみながら実践しましょう。

節約や貯金が楽しければ、家族の協力も得られて、自然と貯金が増えているものです。
TOP