食費を3万円に抑える方法は?すぐにできる節約方法もご紹介

食費を3万円に抑える方法は?すぐにできる節約方法もご紹介

食費は毎月変動するため、油断すると高額になってしまいがちです。自炊をしなければ食費を抑えられないため、初めて節約をする人は少々難しいと感じてしまいますよね。今回は明日からできる食費の節約方法や、節約生活を継続していく方法などをご紹介します。食費3万円を目指して頑張ってみてください。
食費は毎月変動するため、油断すると高額になってしまいがちです。自炊をしなければ食費を抑えられないため、初めて節約をする人は少々難しいと感じてしまいますよね。今回は明日からできる食費の節約方法や、節約生活を継続していく方法などをご紹介します。食費3万円を目指して頑張ってみてください。

食費の節約方法:買い物編

まずは買い物の段階でできる節約方法をご紹介します。しかし、まずは月々の食費を算出しておきましょう。節約を実感するためにも、月々どのくらい食費に使っているのかを知れるメリットがあります。必ず食費のチェックをしてから節約を始めてください。

ご紹介する方法を次回の買い物から実践してみてください。そして習慣化して継続できるようにしましょう。

買い物に行く日を決めておく

買い物に行く日は事前に決めておきましょう。休日にまとめ買いをして、極力買い物に行かないようにします。しかし料理が苦手な人は、1週間分の食材を購入しても献立を考えるのが難しい人もいるでしょう。やり始めは数日分からまとめ買いをして、1週間分をゴールにして徐々に慣れていくのがよいです。

まとめ買いをすると冷蔵庫内の管理が安易になって、食材ロスを減らせます。まとめ買いをすると出費の機会がなくなるため、最も節約できます。

買い物に行く前は必要な食材をリストアップする

買い物をする時は、数日分の献立をある程度考えて食材を書き出して、リストアップするのがおすすめです。事前に冷蔵庫をチェックすれば、現在ある食材を再度買ってしまうリスクを防げます。

また、特売品で代用できるのであれば、特売品を購入して節約する方法もあります。本来買う予定の食材が高値だった場合などに、安い価格で購入できる食材で対応するのも、節約方法の1つです。

スーパーを使い分ける

近所にスーパーが複数ある場合は、それぞれの値段をチェックしておくとよいでしょう。Aのスーパーは魚が安い、Bのスーパーは肉が安いなど、安く入手できるスーパーを使い分けるのがおすすめです。

業務用スーパーなどの、安くて量が多い商品を購入できるお店があれば、どんどん利用しましょう。しかし、安いからといって買いすぎると逆効果です。食材ロスをしてしまったり、予算をオーバーしてしまう可能性があったりするため、業務用スーパーでも必要なものだけ購入しましょう。

また、コンビニはあまり利用しないようにしましょう。24時間営業であり、非常に便利ですが全体的に値段が割高です。さらに、期間限定商品や新商品なども多く揃えているため、誘惑があります。必要ないものまで買ってしまう可能性があるので、緊急時を除いて行かないようにしましょう。

ネットスーパーもおすすめ

必要に応じて、ネットスーパーを活用するのも手段の1つです。自家用車がなければまとめ買いしても荷物が多く疲れてしまいますよね。節約のためとはいえ、疲れてしまうと継続できなくなってしまいます。

ネットスーパーは自宅で在庫を確認しながら注文できるので、重い荷物を運ぶ必要がないです。活用する場合は、月に1回や2回と、回数を決めて利用しましょう。

節約効果の高い食材を取り入れる

食材には節約効果が高いものと低いものがあるとご存じでしょうか?野菜は季節ごとに値段が変動するため、不作の年は高騰するのもよくある話です。野菜の価格変動によって食費が左右されないためには、もやしや玉ねぎ、じゃがいもなどの一年を通してあまり値段が変わらない食材を採用するのがよいでしょう。

その他、鶏むね肉や豚こま肉、キャベツ、きのこ類や卵なども節約効率が高いです。また、食材としての汎用性が高く、どんな料理にでも採用できるので、食材ロスを防げます。せっかく購入した食材を無駄にしない対策にもなりますので、購入してみてください。

食費の節約方法:料理編

ご飯を作る時にできる、節約方法をご紹介します。ご飯を作る際にちょっとだけ意識すれば、食費だけではなく、電気代やガス代なども同時に節約できる方法があります。ぜひ試してみてください。

一度に調理して電気代やガス代を節約する

毎日都度ご飯を作ると、時間がかかる上に電気代やガス代がかかります。節約をしているのに効率が悪くなってしまうので、一度に大量に調理するのがおすすめです。作り置きしておけば、時間の短縮ができますし、電気代やガス代の節約にもなります。

作り置きしたおかずは、お弁当に採用できますし、飽きたらリメイク料理をして別の料理にもできます。

・ひじきの煮物を白和えにする
・肉そぼろをじゃがいものそぼろ煮にする
・カレーをドリアにしたり、カレーうどんにしたりする

また、ご飯を炊く時は、お米は一度に炊いて、冷凍保存して電子レンジで温めるだけにしておくと、時間の短縮ができます。忙しくて毎日作れない人や、ご飯を作らない日を設けたい人におすすめです。

一度に食材を使い切らないようにする

食材は全て使うのではなく、翌日分に回しておくと食費を抑えながら品数を増やせます。カレーで余ったじゃがいもなどは翌日にじゃがバターにするイメージです。作り置きしているおかずに追加してアレンジできれば、同じ食材でも飽きずにご飯を食べられます。

翌日分に回した食材はきちんと覚えておきましょう。数カ月後に冷蔵庫の奥から傷んだ状態で見つかってしまうと食材ロスになり無駄になってしまいます。

かさ増し食材でボリュームアップ

おかずに物足りなさを感じたのであれば、安い食材を使って「かさ増し」しましょう。豆腐やもやし、油揚げなどがおすすめです。例えば、

・ハンバーグに豆腐を入れて厚みを出す
・野菜炒めにもやしを投入して満腹感を出す
・油揚げに具材を詰めて揚げて油ものの一品を作る

などのかさ増しができます。かさ増し料理は節約になる上、食べごたえもあるので満腹になりますよ。

丼ものなどの1品料理を採用する

食材を予定より前に使ってしまった場合などは、丼ものや麺類などの一品料理を作りましょう。カレーや牛丼、焼きそばなどは一品でも満腹感に浸れます。

食材がなくなったり、予算がなくなったりした時は一品料理で乗り切りましょう。

Webのレシピをあまり参考にしない

作りたい料理は、Webで調べたらすぐに出てきますが、あまり参考にしないようにしてください。あまり節約につながらないのと、レシピ通りに食材や調味料を購入すると高くついてしまうケースがあります。

調べるのであればレシピ通りに作るのではなく、食材を代用したり、調味料を変えて味を変えたりして少しだけ自分で献立を考えるようにしましょう。慣れてくれば冷蔵庫の中をチェックしただけで作りたいものを作れるようになります。

食材は余ったら冷凍保存する

野菜はカットや下茹でをして、冷蔵や冷凍保存します。1回で使う大きさにカットしておけば、次回の調理の時に解凍するだけで使えるので便利です。肉は1回分の量に分けてラップして冷凍します。肉は下味をつけておくとよいでしょう。魚の切り身なども肉と同様に1回で食べられる量でラップに包んでおきます。

注意点としては水分の多いトマトやきゅうりなどの野菜はあまり冷凍に向きません。トマトやきゅうりは、1つずつキッチンペーパーで包んでポリ袋に入れて野菜室で保存するのに向いています。食材の保存方法をしっかりと把握しておきましょう。

冷蔵庫を整理する

まとめ買いをすると冷蔵庫が圧迫してしまいがちですが、きちんと整理して食材を入れるようにしましょう。賞味期限が切れた食材が冷蔵庫の奥から出てくる心配もありませんし、冷却効率も意識しましょう。

冷蔵庫の中がごちゃごちゃしていると、満遍なく冷却されなくなり、余計な電気代がかかってしまいます。まとめ買いをした後は、必ず冷蔵庫の整理をしましょう。

節約生活を続けていくためには?

毎日料理するのは疲れてしまうので、定期的な休みも必要です。慣れないうちは難しいかもしれませんが、いずれ電子レンジで温めるだけで食事ができる日を週に2、3日作れるようになります。しかしやり始めでも十分可能です。

缶詰やレトルト食品を使って食事をする

缶詰やレトルト食品は日持ちするため、料理したくない日のためにストックしておくとよいでしょう。価格も安く、予算に大きな影響を与えるものではないので、おすすめです。

缶詰やレトルト食品は味も美味しく、アレンジレシピのベースに採用もできるため、意外と使えるシーンがあります。いざという時のために備えておきましょう。

外食で済ます

食費の節約ができるのであれば、外食をして息抜きするのもよいでしょう。外食の際は、外食費を分けて確保しておくのがおすすめです。合わせてしまうと、一回の外食で大きな金額を支払わなければならないため、生活が窮屈になってしまう可能性があります。

いつも自炊を頑張っている自分の労る意味でも、外食をしてリフレッシュするのも大切です。

無理な節約はしない

食費を意識しすぎるあまり、栄養バランスを無視した献立になるのは本末転倒です。結果的に節約はできても、医療費がかかってしまうケースもあります。

栄養バランスは節約していても重要視しなければならないため、極端に節約してメニューが偏ってしまうのであれば中止する判断も必要です。自炊が嫌にならないための対策を取ったり、レトルト食品やインスタント食品に頼ったりして継続しましょう。

無理のない範囲でやりくりして、節約生活を楽しみながらやるのが最も重要です。

食費を節約して3万円に抑えよう

食費の節約方法はかなり多くあり、自分に合う・合わないがあるものです。ご紹介したものを全て実践するのではなく、自分にできそうな方法で節約をしてください。

自分流の節約術を発見して実践するのもOKです。無理な節約を止めて、節約を地道に続けていって、目標の3万円に食費を抑えてみてください。
TOP