短期投資のやり方は?サラリーマンが投資するならどうなる?

短期投資のやり方は?サラリーマンが投資するならどうなる?

サラリーマンも投資をしている人が多くいます。 それは老後資金に不安があるからです。 お金はなければ困りますが、あっても困るものではないですよね(;´・ω・) 今回は短期投資や長期投資の特徴などについて見ていきましょう。
サラリーマンも投資をしている人が多くいます。それは老後資金に不安があるからです。お金はなければ困りますが、あっても困るものではないですよね(;´・ω・)

今回は短期投資や長期投資の特徴などについて見ていきましょう。
投資には、中長期的に行っていくことで、投資資金を運用して得られた利益が更に運用されて増えていく「複利」の効果があります。「投資期間」と「複利」の効果には関係があり、投資期間が長いほど、複利効果も大きくなる傾向があります。また投資期間が長いことで、投資による価格変動リスクが小さくなり、安定した収益が期待できます。

なるほど!投資と言っても色々あるけど、金融庁は中期投資以上を推奨してるのか?

サラリーマンが投資をするなら?

サラリーマンが投資するなら、短期投資を長期投資のどちらが良いのでしょうか。こちらでは、それぞれの特徴などについて見ていきましょう!

短期投資の特徴

投資タイミングをとらえて短期間で売買するやり方です。初心者におすすめされていて、投資に関するコツを掴むために投資をしながら勉強ができます。少額で短期投資であれば失敗をしても大きな金額にはなりません。

そのため、ちょっとの勉強代として諦めることが出来ます。

長期投資の特徴

長期的な投資の場合は企業の成長などに特化したものです。短期間ではなく長期的な投資となるので利益も大きくなりやすいです。長期間の投資が将来的なリターンに繋がるのだと覚えておきましょう。

ただ、リスクとしては投資資金が長い間寝かされてしまうことです。株価が下落した場合は資金が塩漬け状態になるので、効率が悪くなってしまいます。

デイトレードもおすすめ?

デイトレードは1日のうちにポジションを手じまう取引です。宵越しのポジションは持たない投資方法なので、超短期投資と言っても過言ではありません。

ただ、1日張り付いていないといけないので、サラリーマンなどには不向きですね(;^ω^)

短期投資のメリットやデメリット

こちらでは、短期投資のメリットやデメリットについて見ていきましょう。良い点と悪い点を比較することで、短期投資が自分に向いているかどうかを見極めることができます!

短い期間で売買ができる

基本的に短い期間で売買なので、大きな利益にはならなくてもコツコツと貯めることができます。ただ、初心者にとっては慌ただしい投資になるのでパニックになってしまう人もいるかもしれませんね。

のんびりと投資したい人は長期的な投資の方が向いているかもしれません。

すぐに損益確定できる

短期投資の場合はすぐに損益確定が出来ます。そのため、利益が出たらすぐ手元にやってくるのです。せっかちさんにおすすめですね。

マイナスに動きそうな時も、パッと迅速に見切りをつけることができます。素早く移動した人にこそおすすめの投資方法かもしれませんね!(^^)!

大きな利益を得られにくい

短期投資の最大のデメリットとして、大きな利益を得られにくいということです。長期的な投資の場合は、年数を重ねることもあってリターンが大きくなります。年数を重ねない短期投資はリスクが少ない分、リターンも少ないのです(;´・ω・)

大きな利益を求めている人は短期投資では物足りなく感じてしまうかもしれませんね(‘ω’)ノ

ただ、リスク面だけを言えば短期投資ならではの低さと言ってもいいでしょう。長期的になれば会社の倒産などで損失が大きくなりすぎる場合があります。

大きな損失に繋がらないのは魅力ですが、リターンの少なさはやはりデメリットに数えられます。

初心者は短期投資から始めてみよう!

初心者の場合は短期投資から始めることをおすすめします。なぜなら、リスク対策などができていないからです。知識も技術も未熟なので損失を出した時に大きくなりすぎる可能性があります。

そうならないためにも、短期投資である程度感覚を掴んでおくようにしましょう。

短期投資で物足りなくなったら長期投資や金額をアップするなどレベルアップしてみましょう。投資期間が長くなればなるほどリターンも大きくなりますが、リスクも大きくなることは忘れないようにしてくださいね(;^ω^)
TOP