20代が使い道のターニングポイント?お金の使い方を見直そう!

20代が使い道のターニングポイント?お金の使い方を見直そう!

10代といえば趣味やイベントに自分のお金を好きなように使える時期です。 無駄遣いした失敗も良い勉強になるでしょう。 では20代のお金はどうでしょうか。 20代はお金の使い道を考えるターニングポイント。 20代からのお金の使い方を考えましょう。
10代といえば趣味やイベントに自分のお金を好きなように使える時期です。無駄遣いした失敗も良い勉強になるでしょう。

では20代のお金はどうでしょうか。20代はお金の使い道を考えるターニングポイント。20代からのお金の使い方を考えましょう。

20代はお金の使い方を考えるベストタイミング

20代になると、学生から社会人になったり、結婚や出産をしたりと人によって大きなライフイベントが続きます。プライベートと仕事で忙しい人も多いでしょうが、一度、お金の使い方を考える時間を取ってみてください。どうして20代がお金の使い道を考えるタイミングになるのか紹介します。

20代から30代はお金がかかる世代

20代から30代の大きな変化といえば結婚が挙げられます。厚生労働省の調査によると平均初婚年齢は夫が31.1歳、妻が 29.4歳です。平均初婚年齢は徐々に上昇し、晩婚化していますが、20代ごろから結婚について意識する人が増えていきます。

入籍自体はお金がなくてもできますが、挙式したり、両親と食事会を開いたりすればまとまったお金が必要です。地域のよって違いはありますが、結婚や新婚旅行にかかるお金は数百万円。結婚までにはある程度貯金を準備しなければいけません。

20代から自分のキャリアを考え出す

新卒から入社して成長が著しいのも20代の時期です。

20代の時期にキャリアを積んで出世や起業を目指したいという人もいるでしょう。また仕事に携わる中で、他職種に興味を持ったり、大学で勉強し直したいと考えるのもこの時期です。社会人としての経験を積むなかで、自分のキャリアの可能性を考えることもあるでしょう。

資格取得のための勉強や人脈づくり、留学など自己への投資としてお金が必要になります。自分の可能性を高めるために貯金が難しくても自己投資したいという人もいるでしょう。

20代のお金の使い方は無駄を減らして有効な使い道を考える

成長が著しい20代はお金に対する考え方も変わる時期です。20代を有意義に過ごすためのお金の使い道を考えてみましょう。

自己投資は予算を決めておこう

自己投資には多くの資金が必要な場合があります。

資格関連のスクールや留学などは一度にまとまった額が必要になるでしょう。一方で自己投資であるという言い訳をして、無駄な浪費をしてしまうこともあります。

自己投資のための支出は必要ですが、際限なく使うのではなく収入の3割など予算を決めておきましょう。まとまった資金が必要な場合もいきなり貯金を取り崩すのではなく、資金を積み立てて支払うようにします。

NISAやiDeCoなどの投資優遇を知っておこう

お金に関する知識の差は、人生の中でも大きな差になります。特に知っておかないと損になるのがNISAやiDeCoなどの税制の優遇制度です。これらは少額の積み立て投資を想定して、一定条件で税制面で優遇してくれる制度。個人が老後資金を用意するために活用することができるようになっています。

将来への年金への不安は多くの人が口にします。

老後資金を用意するのは自己責任と考えて、早い段階から貯蓄している人は多いでしょう。政府も税額控除など優遇制度を用意して個人の資産形成を応援しているので、少しずつでも投資を始めましょう。

お金に関する知識を身に着けるのは早いほうが良い

20代は仕事や結婚などのイベントが多く、なかなかお金の使い方について考える時間を作ることができません。しかし、毎月数万円の貯金でも10年間続ければまとまった額になります。長期投資することによって利子も高くなるでしょう。

貯蓄や資産形成は期間が長ければそれだけ増やしやすくて有利です。また将来収入が増えた時に備えて投資の勉強をすることもできます。忙しい20代ではありますが、少額からでも投資や資産形成にチャレンジしてみましょう。
TOP