今さら聞けない!【電子マネーとは?】種類や違いを簡単にわかりやすく解説

今さら聞けない!【電子マネーとは?】種類や違いを簡単にわかりやすく解説

「電子マネーって名前は聞くけど、正直よく分からない。」と言う方も少なくありません。 最近、よくお買い物でも使われ始めた電子マネーは、クレジットカードと何が違うの?なんて疑問が湧くことも。 そんな電子マネーの種類や使い方、またクレジットカードとの違いについてマスターしていきましょう。
「電子マネーって名前は聞くけど、正直よく分からない。」と言う方も少なくありません。最近、よくお買い物でも使われ始めた電子マネーは、クレジットカードと何が違うの?なんて疑問が湧くことも。

そんな電子マネーの種類や使い方、またクレジットカードとの違いについてマスターしていきましょう。

電子マネーとは?

via pixta.jp
電子マネーとは、現金の直接的なやり取りをせず、電子機器を利用し、決済する機能を言います。公共交通機関の支払いや、通信販売を含むお買い物で利用することができます。

また、電子マネーを使用するときには、「チャージ」をしなければ、使用することができません。

「え?でもそれって、クレジットカードと変わらないよね?」なんて思いがちですが、次にクレジットカードとの違いを覚えておきましょう。

クレジットカードと電子マネーの違いとは?

クレジットカードは、使用した金額を支払う「後払い型決済」になります。それに比べ、電子マネーの場合、多くがプリペイド式の「先払い型決済」の形が多いのも特徴です。

しかし、電子マネーの種類によっては、その都度口座からの引き落としができるデビット型、または使った分をまとめて請求される後払い型などさまざまです。

電子マネーのチャージ&支払い方法

先ほどもお伝えしましたように、電子マネーには3つの支払い方法がございます。「プリペイド式」「デビット型」「ポストペイ型」です。

プリペイド式

事前に、現金をチャージしておくことで、使用することができます。また、クレジットカードからチャージすることもできます。

チャージ金額は2~5万円と、種類によりチャージ金額が違うので、確認しておきましょう。WAON、nanacoなど、カードやおサイフケータイなどにチャージし、使用することができます。

デビット型

デビットカードは、買い物時に銀行から直接引き落としになる支払い方法になります。

iDなど、ポストペイ型がほとんどですが、デビット型の登録の可能もありますので、あなたのスタイルに似合う支払い方法を選ぶことができます。

ポストペイ型

クレジットカードと、電子マネーを紐づけた支払い方法になります。電子マネーを使用した金額が、紐づけしたクレジット会社の口座引き落とし日に、引き落としされる支払い方法です。

iDやQUICPayなどが有名になります。

電子マネーのメリット・デメリット

電子マネーを使用するメリットがあれば、もちろんデメリットがあります。この辺りをきちんと理解していなければ、電子マネーを上手く使いこなせることができません。

電子マネーを使うメリット

電子マネーと言えば、「現金を持ち歩かない手軽さ」があります。また、クレジットカードと紐づけすることで、簡単に素早くチャージすることができるのもメリットです。

さらに、電子マネーで決済するとポイントがたまりやすく、支払いが早いなどといったメリットがあります。

電子マネーを使うデメリット

やはり、お手軽に使用できることから、クレジットカードと同じようにいくら使ったかわからなくなってしまうことでしょうか。また事前にチャージしなければ、使用することができません。

さらに、インターネット環境が悪いと通信できないことからチャージすることができないといったデメリットも。

電子マネーを賢く使い、現金よりもお得にお買い物を楽しもう!

電子マネーのことをきちんと理解することで、お買い物の幅が広がります。さらに、かしこく電子マネー決済を利用することで、よりポイント還元などお得なお買い物を楽しむことができますよ。

今日からあなたも電子マネーをマスターし、あなたに似合う支払い方法で生活を豊かにしていきましょう。
TOP