積立投資の失敗パターンや失敗しないための方法について

積立投資の失敗パターンや失敗しないための方法について

積立投資は失敗しづらいと言われています。 しかし、絶対に失敗しないわけではないのです(;´・ω・) 今回は積立投資の失敗に関することについて紹介していきましょう!
積立投資は失敗しづらいと言われています。しかし、絶対に失敗しないわけではないのです(;´・ω・)

今回は積立投資の失敗に関することについて紹介していきましょう!

積立投資の失敗パターンとは?

こちらでは、積立投資の失敗パターンについて見ていきましょう。どんなことで失敗に繋がるのかを知ることで、あなたが失敗するリスクを減らせるのではないでしょうか。

積立投資をすぐにやめてしまう

積立投資を短期間でやめてしまうのは、はっきり言って失敗と言ってもいいでしょう。例え、大幅下落をして含み損を抱えることになってもすぐにやめないことが大切です。

はっきり言って積立投資を短期間でやめてしまうのであれば「しない方がマシ」という結果にしかなりません。

金融商品を調べずに選ぶ

商品を買う時、何も考えずに買う人もいますよね。投資に置いて、それは厳禁と言っても過言ではないやり方です。金融商品は今後の利益や損に繋がります。

購入して食べておしまいの食品とは違うのです。そのため、しっかり金融商品について調べておかないと思わぬトラブルに繋がることがあります。

投資コストを考慮していない

中期・長期期間で投資を行うのが積立投資です。そのため、ある程度投資コストを考慮していないといけません。投資コストを考慮しないで商品を選ぶと、投資継続が困難になる場合もあります。

それだけではなく、年間の想定利回りなどしっかり考えておかないと投資し続けることで損につながるということもあるのです。

積立投資で失敗しないためには?

こちらでは、と積立投資で失敗しないためにはどうすればいいのかを見ていきましょう。失敗に関する対策を立てておくことで、いざという時に損をしなくて済むのです。

失敗しないためには、どんなことを覚えておくべきかぜひチェックしてみてくださいね。

中長期投資を検討する

先述したように、積立投資は短期的な期間で行うべきではありません。中長期投資を考えておきましょう。逆に現時点で中長期投資ができない状況であれば、投資タイミングをずらすべきです。

投資はある程度余裕がある状態で行うべきと言われています。生活がカツカツの状態で投資をしても、結局共倒れになってしまう可能性があるのです。

投資目標に合った商品を選ぶ

投資方針や目標に沿った商品を選ぶようにすることも大事です。

例えば「5年で〇〇円の利益をあげたい」と考えれば、投資すべき商品も見えてくるはずです。危険なのは目標もなく「なんとなく投資をする」ということです。

目標がなければ、リスクに対する危機感もないので判断を見誤る可能性があります。

リスクを知っておく

積立投資だけに言えるわけではありませんが、投資をするならリスクを知っておきましょう。リスクを知ってくことで、さまざまなトラブルに対応できるようになります。

「大げさ」
「考えすぎ」


こんな風に思われるかもしれませんが、リスクに対する備えは「使わなければ使わないに越したことはない」ということも覚えておきましょう。実際にリスクによるトラブルが起こって損をするのはあなたです。

大げさ、考え過ぎと言っていた人たちは所詮他人事なのだと覚えておいてくださいね(;^ω^)

自分を守れるのは自分だけであることを覚えておきましょう。

積立投資で失敗するかしないかは自分次第だと覚えておこう!

積立投資は失敗が少ないと言われていても、リスクゼロではありません。そのため、失敗も成功も自分次第だということを覚えておくべきなのです。

積立投資で失敗するパターンは結構ありがちなものばかりなので、どんなことで失敗しやすいのかを知っておくことで、ある程度は失敗に対する備えが出来るようになるということではないでしょうか。
TOP