貯金500万円の壁~効率的な貯金方法について徹底解説!

貯金500万円の壁~効率的な貯金方法について徹底解説!

思ったように貯金ができず、目安とされている500万円を目標にしていても、実際無理なく効率的に貯めていくにはどうしたらいいの?と悩んでいる人は多いのかもしれません。 「結婚のため」「住宅取得のため」「老後のため」など貯金をする目的は人それぞれだと思います。人生において、まとまったお金が必要となるタイミングは必ずあります。 その時に慌てず、十分な対応ができるように、今日からコツコツと貯金して、将来に備えましょう。
思ったように貯金ができず、目安とされている500万円を目標にしていても、実際無理なく効率的に貯めていくにはどうしたらいいの?と悩んでいる人は多いのかもしれません。「結婚のため」「住宅取得のため」「老後のため」など貯金をする目的は人それぞれだと思います。人生において、まとまったお金が必要となるタイミングは必ずあります。
その時に慌てず、十分な対応ができるように、今日からコツコツと貯金して、将来に備えましょう。

貯金には、「100万円の壁」「500万円の壁」「1000万円の壁」があると言われています。それぞれの年代で、目標額をクリアしていくことは容易ではありません。そういうことから、周囲の人の平均貯蓄額や効率的な貯金方法が気になりますよね。

ここで「貯金」と「貯蓄」の違いについて説明しておきます。「貯金」は、文字通り金融機関にお金を預けることを含んだお金を貯めることです。「貯蓄」は「貯金」を含んだすべての金融資産のことを表します。

今回は、平均貯蓄額などを知ったうえで、誰にでもできる貯金方法を紹介し、「500万の壁」を突破する秘策をお伝えしていきます。 

「貯金の壁」とは?

何事にも進行の妨げになる「壁」があることは、すでにおわかりだと思います。貯金についても同様で、「100万円の壁」「500万円の壁」「1000万円の壁」があると一般的には言われています。 様々な捉え方がありますが、それらについて簡単に触れておきます。

「100万円の壁」

これは主に若い世代でまず最初に直面するものです。若い世代では相対的に収入が少なく、交際の範囲などによっては交際費がかさむこともあります。まず基本は家計簿をつけて、収支の明細を明らかにすることです。これが節約の第一歩につながります。

収入はある程度限られていますから、支出の明細を目に見えるようにすることが大切です。特に、この世代で見直しが必要なのは、携帯電話代、車両維持費、生命保険、家賃などです。支出のすべてを明らかにして、「聖域なき見直し」を実行してください。

「500万円の壁」

「100万円の壁」を突破し、順調に貯金(資産形成)ができてきたら、次に立ちはだかるのが「500万円の壁」です。一般的には、この時期には結婚をして家庭を持つ方が多いのではないでしょうか?サラリーマンであれば、中堅的な役割を担い、役職が付き責任が重くなってくる時期です。一昔前によく言われた「働きざかり」と呼ばれる時期でしょうか。この時期は結婚にまつわる諸費用が最大の支出となります。「一生に一度のイベント」とばかり、あまり見栄を張らないでください。パートナーとよく相談し、自分たちの進むべき道を選択してください。

自分の経験からすると、結婚式までに注力するより、その後に投資したほうがいいと思います。また、この時期に、子供が思春期を迎え教育費の必要性が増してくることでしょう。収入も増え、社会的立場に見合った支出も増えてくることが考えられます。

子供が小学校へ入学するまでが貯蓄のチャンスと心得てください。この時期に再度支出の見直しを行って、「500万円の壁」を突破してください。

「1000万円の壁」

「500万円の壁」を突破し数年すると、さらに大きな「1000万円の壁」が見えてきます。ここでは、引き続き教育費がかさみますが、これは節約のしようがありません。子供の可能性を伸ばし、好きな道に進んでほしいというのは、万国共通の親の願いですから。この時期の大きな買物、イベントとしては、住宅の取得があります。都市部と地方では環境の違いが大きくありますが、一般的には人生最大の買物になります。マイホームを持たない主義の方は読み飛ばしてください。

自分の人生設計の中で、住宅取得が大きな割合を占めている方は決断する必要があります。資金計画を十分に検討して、いろいろな場所を実際に歩いてみて、年収や貯蓄額に見合ったマイホーム建築計画を作成してください。専門家に相談することも必要ですが、複数の意見を聞いてください。資産形成の面では、貯金をもとに投資などの運用を始めたらいいと思います。これも複数の専門家に相談し、より有利な運用方法を検討してください。

平均貯蓄額はどれくらい?

日本では一般的に、世代によってどれだけの貯蓄をしているのかはとても気になるところですよね。貯金生活に苦労していると、周囲の人の年収や貯蓄額と比較してしまうことも多いのではないでしょうか?

ここでは、平均貯蓄額について解説していきます。

年代別貯蓄額(単身世帯)

2020年の「金融広報中央委員会」の調査によると、世帯主の年代別の平均貯蓄額は、以下のようになっています。
20代 : 113万円
30代 : 327万円
40代 : 666万円
50代 : 924万円
60代 : 1,305万円
これを見て多いと感じますか? 少ないと感じますか?目標の「貯蓄額500万円」に達するのは、30代後半から40代前半という調査結果になっていることがわかります。貯蓄生活を楽しく有意義にするためには、一つの目安にすることができるでしょう。

年代別貯蓄額(二人以上世帯)

同様に、二人以上世帯を見ていくと次のようになります。
20代 : 292万円
30代 : 591万円
40代 : 1,012万円
50代 : 1,684万円
60代 : 1,745万円
これを見ると単身世帯と比較して、大幅に貯蓄額が増えていることがわかります。この調査結果には、夫婦共働きの場合も含まれていますので、大幅アップは納得のいくところではあります。「貯蓄額500万円」は30代で達成していることがわかります。

500万円貯金する方法とは?

それでは、いよいよ500万円を貯金するためにはどうしたらいいのか、を考えていきます。いろいろな方法があるでしょうが、具体的な対策について紹介していきます。

目標を立てる

貯金の目的は人それぞれですが、まず「いくら貯めるのか」という目標を立ててください。そのためには、年間、月間の目標額を決めなければなりません。そして、「いつまでに」貯めるのかを明確にするためにも、期間を決めておくことも大切です。

目標を定めたら、目標計画表としてノートに書きだすのも良し、コピー用紙に書いて壁などに貼るも良し。また、あわせて貯金の目的も明確にしておく必要があります。とにかくいつも目に付くような状態にしておくことがポイントです。その目標に加えて、「何をする」「何をしない」などの自分で決めた注意事項を書いておくとさらに効果が増します。

家計の管理をする

貯金できない人は、とかく家計の管理がずさんな場合が多いようです。家計の管理をしっかりと確実に行うことが大切です。具体的には、まず家計簿をつけることです。このことが家計の管理と節約の第一歩です。

市販されているノート形式のものでもいいし、パソコン・スマートフォンのアプリでも構いません。アプリは非常に使い勝手が良く、便利なものが多数ありますので、自分で長続きしそうなものを選んでください。また、毎月の予算を封筒に分けて入れておくのも効果大です。封筒の表には何に使うのか書いておきます。支払をする場合には、この封筒から現金を出して支払います。

家計簿は収支の明細を目に見えるようにし、節約や見直しにはなくてはならないものと肝に銘じてください。

毎月の支出を減らす

家計簿をつけたり、予算を組んだりして、家計の全体像を把握したら、毎日の支出を見直してみましょう。無駄使いの有無を正確に把握し、支出を減らすことが大切です。

ストレス発散のためには有効かもしれませんが、衝動買いは厳禁です。衝動買いを防ぐには自分なりの「買物リスト」を作り、継続的に使用することが大切です。この機会に、公共料金の見直しもおすすめします。費用ごとにノートなどに整理して、慎重に検討する必要があります。特に携帯電話代は、プランの見直しをするだけで、数千円の節約になる可能性があります。

海外旅行、車の購入、子供の進学など特別な支出は別管理をします。大きな出費は別枠で、たとえば「車購入の頭金用」として管理する必要があります。また、支払をクレジットカードにして、ポイントを貯めるというのも二重の効果があります。今やポイントが貯まらないような支払は、損をしているとしか言えません。各種のポイントについても、十分調べて効果的に受け取るようにしてください。

なお、家賃の支払があるならば、転居をすることで家賃を抑えることができないか、これも毎月のことなので、検討の余地はあります。

節約を徹底する

無駄使いを減らすことにも関係しますが、自分の毎日の生活の中で、「節約できるものはないか」を検討してみましょう。

もちろん、私たちは社会の中で生きているので、必要最低限の費用は必ず発生します。これらの費用は節約できるものではありませんが、たとえば買物に行く回数を減らす、洗濯はある程度まとめて、風呂の残り湯を使用する、などやればできる節約はあります。

個人差がありますが、自分でできる節約について今日から始めるようにしてください。ただし、「節約疲れ」を起こさないために、自分の好きなものや生活するうえで大切なものを我慢しすぎることは避けましょう。 「貯金生活を楽しむ」気持ちを維持し、自分の心が満たされるものを大切にすることが重要です。

資産運用をする

ある程度貯金ができたら、それらを元手に資産運用をすることも検討してください。預金、不動産、株式などを運用して資産を増やしていくことができます。

資産運用の具体的方法として、「積立式定期預金・投資信託」「iDeCo(個人型確定拠金)」「つみたてNISA」などの商品があります。いずれもメリットとデメリットがありますので、内容の十分な理解に心がけてください。専門家に相談することも効果的・効率的ではあります。

無理なく節約して「500万円の壁」を突破しよう!

ここまで平均貯蓄額を把握したうえで、「貯金500万円の壁」を突破するための具体的な方法について解説してきました。どれも今日からすぐできることなので、さっそく実行してみてください。

できることから少しずつスタートさせ、コツコツ貯金していく気持ちが重要であることを忘れないでください。無理をせずに、貯蓄額を増やすことは、きっと充実した未来につながることでしょう。
TOP