学資保険のメリット・デメリットを知ろう!あなたは加入する?しない?

学資保険のメリット・デメリットを知ろう!あなたは加入する?しない?

学資保険は子ども教育資金として大事とされる一方、学資保険はいらないという意見もあります。 これから学資保険の加入を考えているなら、メリットとデメリットとを知っておきましょう。 メリット・デメリットを知って、加入するかどうかの判断基準にしてください。
学資保険は子ども教育資金として大事とされる一方、学資保険はいらないという意見もあります。

これから学資保険の加入を考えているなら、メリットとデメリットとを知っておきましょう。メリット・デメリットを知って、加入するかどうかの判断基準にしてください。

学資保険のメリット

まずは学資保険に加入するメリットです。子どもの教育にかかる費用は年々高くなっています。

18歳で満期を迎えるまで、進学するなら十分に資金を貯めるのが必要。

学資保険にはどんなのメリットがあげられるのでしょうか。

保障機能がある

学資保険は、契約者に万が一のことがあった場合、以降は払い込み免除となります。もちろん、祝い金や満期保険金の保障もされるので安心できるでしょう。

子ども1人あたりに必要なお金は2000万円とも言われています。貯蓄面だけで考えると、確かに株式投資や投資信託の方が大きく貯蓄していくことが可能。

ですが「万が一」を考えると、保障のされている学資保険は大きな安心となるのです。

計画的に積み立てられる

コツコツお金を貯められる人は、銀行の定期預金や積立投資なのでも教育資金を別途貯めていくことができるでしょう。ですが、もしも貯蓄が苦手なのであれば、確実に教育費を積立てられる学資保険は大きな助けとなります。

子育て中はいろいろ出費がかさむものです。

気が付けば貯蓄に回すお金がなかった、なんてことにならないように予防線を張りましょう。確実性を確保するのも大切なのです。

返戻率

学資保険を選ぶときは、返戻率の高い保険を選ぶのがポイントです。支払う保険料より、戻ってくるお金がどれだけ多いかの率が返戻率。

ご存知のとおり、銀行に預けたとしてもなかなか増えることのない利率ですから、満期で少しでも多く返ってくるのは嬉しいですよね。

ただし、保険の契約内容によっては返戻率が100%を切る、いわゆる元本割れすることがあるので注意してください。

学資保険のデメリット

確実にまとまった教育資金を用意できる学資保険。貯蓄が苦手な人には大きな支えとなるでしょう。

ではここからは「学資保険はいらない」派の人達の意見をみていきます。学資保険にはどんなデメリットがあるのでしょうか。

インフレに弱い

インフレとは、物価が継続的に上昇し、通貨の価値が下がる状態です。今まで100円で買えていたものが、3000円になってしまう状態とイメージしてください。

学資保険は、契約時に決めた保険料を期間内で払います。また、受け取る額も契約時に決まっているため、インフレになると同じ価値で受け取れれなくなるのです。

同じ300万円の受け取りでも、インフレでは価値が同じではありません。

途中解約すると元本割れする

学資保険は基本的に満期で受け取るように設定されています。とは言え、途中でどうしても払うことができなくなった、急にまとまったお金が必要になったなど事情が起こらないとも限りません。

貯蓄型保険である学資保険は、途中解約すると元本割れしてしまいます。基本的に、学資保険の途中解約は「できない」と考えて加入する方が良いでしょう。

健康状態と年齢で加入できない場合がある

学資保険の加入はできるだけ早い段階が良いとされます。それは、契約者の健康状態や年齢で加入ができない可能性があるからです。

学資保険は生命保険の一種。加入の際に健康状態の申告が必要です。

健康上のリスクが高い人は加入ができない場合があります。また、契約者の年齢も男性・女性とも60歳までとされることがほとんどです。

学資保険の加入が難しそうなのであれば、他の方法を選択肢に見据えるようにしましょう。

学資保険のメリットとデメリットをちゃんと知った上で加入の判断を!

学資保険のメリットは確実に教育費用を貯めることができ、万が一の保障がることです。デメリットは元本割のリスクと、健康状態によっては加入ができない可能性があげられます。

学資保険に加入しないのであれば、他の方法で資産形成するようにしてくださいね。
TOP