手数料が少ない証券会社6選!どんな特徴を持っているのか?

手数料が少ない証券会社6選!どんな特徴を持っているのか?

証券会社を選ぶ際、手数料が安い会社の方がいいですよね。 今回は手数料が安い証券会社をメインに集めてみました。 これから証券取引をする人は、ぜひ手数料が安い証券会社でお得に取引をするようにしましょう。 これから紹介する証券会社はどれもおすすめされているところばかりなので候補にいれてみてください。
証券会社を選ぶ際、手数料が安い会社の方がいいですよね。

今回は手数料が安い証券会社をメインに集めてみました。

これから証券取引をする人は、ぜひ手数料が安い証券会社でお得に取引をするようにしましょう。これから紹介する証券会社はどれもおすすめされているところばかりなので候補にいれてみてください。

手数料の安い証券会社とは?

こちらでは手数料が安い証券会社を見ていきましょう。少しでもお得に取引をするなら手数料の安さに注目する必要があります。

証券会社で悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

CONNECT

大和証券グループのスマホ証券です。

業界最安値と言っても過言ではない現物取引の売買手数料が特徴的です。10万円の取引であれば、手数料はわずか33円です。

しかも手数料の上限は660円と決まっているので、かなりお得に取引をする事が出来ます。

むさし証券

現物取引だけではなく信用取引においてもお得感がある証券会社です。

2016年に手数料体系を大幅に変更して、それまでのトップだったSBIネオトレード証券を下回ってランキングトップになった経歴があります。

実際に現在も利用者から高い評価を持っていて、お得に取引ができる証券会社として定番と言ってもいいほど注目されている会社となっています。

LINE証券

ユニークな料金プランが特徴的で、売買トータルで考えると業界最低水準の売買手数料となっています。

スマホでの使いやすさに定評があり、シンプルな取引画面は初心者でも取りかかりやすいと評判です。ベテランには物足りない特徴がありますが、初心者は分かりやすく取引しやすい画面になっていると口コミ評価でも高い特徴があります。

利用者の多い手数料が少ない証券会社とは?

こちらでは、利用者が多い証券会社の中でも手数料が低いところを見ていきましょう。どんな証券会社が手数料を安くしているのかチェックして、お得に投資をするようにしましょう。

SBIネオトレード証券

元ライブスター証券であり、現在はSBIホールディングスの傘下に入ったことでSBIネオトレード証券と名前を変えています。

現物株や信用取引共に現時点でネット証券最安レベルと言っても過言ではありません。低コストでアクティブにトレードしたい人にこそおすすめの証券会社です。

立花証券

1注文ごとの売買手数料のランキングで上位にランクインしている証券会社です。5万円以下の手数料は55円となっていて、短期トレード派に高い魅力を持っています。

信用定額コースという特殊なプランもあり、ベテラン取引者におすすめされている証券会社です。

SBI証券

1約定5万円までなら売買手数料が55円という魅力を持つ会社です。1日100万円までなら定額プランで売買手数料を0円にすることもできます。

証券会社の中でも高い知名度を誇っていて、顧客満足度のランキングにも必ずと言っていいほど上位に入りこんでいます。

それどころか1位を取得している時が多いので、証券会社ならSBI証券を選べば間違いないという人もいるほどです。

手数料の安い証券会社を探そう!

証券会社を選ぶ場合は手数料がすべてではありませんが、手数料が高いとどうしてもメリットが低くなってしまいます。そのため、手数料の安さも証券会社選びのポイントに入れておかないといけません。

安ければいいというものではありませんが、安くないと儲けが少なくなってしまいます。他の魅力的なオプションがないかも比較しながら、納得のできる証券会社を探してください。

現時点で悩んでいる人は今回ご紹介した証券会社から選ぶという方法もおすすめです。どの証券会社も知名度が高く、手数料が安いメリットがあるので決して損はないと思われるからです。
TOP