ビットコインって何がどう便利なの?初心者でもわかりやすく説明してみた。

ビットコインって何がどう便利なの?初心者でもわかりやすく説明してみた。

ビットコインを始めてみたいと思っていても、どのようなものなのかわからず始められない方も多いでしょう。 今回は、初心者にもわかりやすくビットコインについて解説していきます。
ビットコインを始めてみたいと思っていても、どのようなものなのかわからず始められない方も多いでしょう。今回は、初心者にもわかりやすくビットコインについて解説していきます。

ビットコインの特徴4つをまとめてみた

特徴は大きく分けて4つあります。

ビットコインについて理解するために、まずは特徴について確認していきましょう。

中央銀行が担う役割をする機関が存在しない

日本では、日本銀行と呼ばれる機関が市場の動向を見ながら、通貨量の調節や取引に介入しています。この役割を行う管理者を中央銀行と呼び、物価の安定に責任をもっています。

しかしビットコインには、中央銀行のような価値の保証をする機関は存在しません。ブロックチェーンと呼ばれる、参加者全員で監視をするという特殊な方法で価値を担保しています。

発行枚数に上限がある

私たちが普段使う「円」という法廷通貨は、中央銀行によって通貨の流通量を増減させることができます。通貨の量を調節することで、景気活動をコントロールしています。

しかしビットコインは、2100万枚と発行枚数に上限があります。

この枚数は、ビットコインができたときからの仕様であり、それ以上発行はされません。円は通貨量を増やしていくと、インフレが起き価値が下がることがあります。

一方で、ビットコインはむやみに通貨量が増えず、ビットコインそのものの価値が下がることを防ぎます。これらの理由からビットコインの値上がりが考えられ、価格変動を利用した利益を得られます。

世界中にリアルタイムで送金が可能

ビットコインは、インターネットの環境があれば、相手がどこにいてもリアルタイムに送金することができます。リアルタイムというところがポイントで、送金先にお金が届くまでの時間が銀行と比較してかなり早いです。

銀行であれば、送金したお金が相手先に届くまで数日かかります。ビットコインならば数十分で送金ができるので、とても便利ですね。

システムダウンによって取引ができなくなることがない

ビットコインは、取引に参加している端末が個別につながることで、ネットワークを構築しています。これをP2Pと呼び、取引記録はネットにつながる膨大な数のPCやスマホなどで共有しています。利点は、システム全体がダウンすることがないということです。

銀行はシステムがダウンすると、取引そのものができなくなってしまいます。一方でビットコインは、P2Pによって1部の端末が停止してもシステム全体がダウンすることはありません。

急な取引があったとしても、対応することができるでしょう。
ビットコインは、2008 年に「サトシ・ナカモト」と名乗る人物がインターネット上に公開した論文の中で構想が示され、それを受けて運用が開始された仮想通貨です。

後、補足で言うと、ビットコインを作った人ってなんと日本人と言われてるよね。僕はこれを聞いてびっくりした!

ビットコインにしかできないこと【現金や電子マネーではできない!】

現金や電子マネーとは異なるビットコインのメリットは、大きく分けて3つあります。ビットコインでしかできないことがありますので、確認していきましょう。

換金して利益を得ることができる

ビットコインは、日々価値が変動します。

価値が安くなったときにビットコインを購入し、高くなったときに換金して利益を得ることができます。簡単にいってしまうと、株のような感覚で扱うことができるわけです。

電子マネーは換金できるかもしれませんが、換金率が低いです。

ビットコインのように、大きな利益を得ることができません。電子マネーにはないビットコインの大きなメリットと言えますね。

海外送金を割安な手数料で可能

ビットコインの送金は、割安な手数料で行うことができます。

例えば、銀行で10万円を送る場合は、一般的に1万円弱かかります。一方で、ビットコインは約1600円程度で行うことができるので、手数料が安いです。

さらに送金は、銀行と比べるとスピード感を持って行うことができる点も大きなメリットでしょう。

両替しなくても旅行先で使うことができる

海外旅行に行くときには、ビットコインを使うことで両替の必要がなくなります。旅行先のお店が、ビットコインに対応していれば、現金と同じように精算をすることができるからです。

両替の必要がないということは、他のメリットがあります。日本円を他の国のお金にする場合、手数料が馬鹿にならないからです。

例えば日本円をドルに両替する場合、1ドルあたり約3円程度かかります。1000ドルに両替するだけで、手数料が3000円もかかる計算になります。

海外から日本に帰ってきたときも、日本円に両替する必要があるでしょう。意外と高くつく手数料が、ビットコインを使うことで必要なくなるという点も大きなメリットとなります。

ビットコインの特性を理解して挑戦してみよう(「~しよう」など、記事を総括するようなまとめに適した見出しをつけてください)

今回は、ビットコインの特徴や、ビットコインにしかできないことについてまとめてきました。現金や電子マネーではできない様々なことが、ビットコインでは利用することができます。

特徴をよく理解したうえで、ビットコインうまく活用して生活をよりよくしていきましょう。
TOP