円高とは?今さら聞けない円安・円高の意味を分かりやすくご紹介!

円高とは?今さら聞けない円安・円高の意味を分かりやすくご紹介!

日本では、長いこと銀行に預けると付与される預金利息が、全く期待できないほど低い値に設定されています。 老後資金2000万円問題なども話題になり、円ではなく外貨預金などにチャレンジしようと思う方も多いようです。 しかし、わたしは外貨預金の話になるとセットでついてくる円高や円安の話題について全く理解できていません。 そもそも円高っていったい何なんでしょうか?
日本では、長いこと銀行に預けると付与される預金利息が、全く期待できないほど低い値に設定されています。老後資金2000万円問題なども話題になり、円ではなく外貨預金などにチャレンジしようと思う方も多いようです。

しかし、わたしは外貨預金の話になるとセットでついてくる円高や円安の話題について全く理解できていません。そもそも円高っていったい何なんでしょうか?

円高とは?

そもそも円高とはどのようなモノなのでしょうか?円が高いという意味だとは思うのですが、そもそも毎日お買い物をしていて、円が高くなると実感したことはありません(´;Д;`)

円高って結局どういうことなのか教えてください。

円高の基本的な意味

よくテレビで耳にする機会の多い「円高ドル安」という言葉の意味は、円の価値がドルに対して価値が高くなり、ドルの価値が円に対して低くなるという意味だそうです。つまり円高とは、円が比較している他の通貨よりも価値が高くなるということです。

これに対して円安とは、比較している他の通貨よりも円の価値が低くなるといった意味みたいです。国内で円を使ってお買い物をしていても、実感できないのは当然の事です。

なぜ円高になるのか

どうして円高になるのかというと、他の通貨よりも円が魅力的になったからです。つまり、他の通貨よりも円が魅力的だと感じれば、他の通貨を円に換えて所有する方が増えます。

つまり円の価値が高くなるのです。

円高になる理由は、日本国内の景気が良かったり、日本の輸出が好調だったり、他の国よりも日本の金利が高かったりといった理由で円高になるみたいです。
例えば、日本人が旅先のハワイで買い物をするため、手元にある1万円をドルに両替するとします。為替相場が1ドル=100円であれば、1万を100で割った100ドルになります。しかし、もし為替相場が1ドル=80円であれば、1万を80で割った125ドルになり、また、1ドル=125円であれば、1万を125で割った80ドルになります。

円高による影響とは?

円高になる仕組みは何となく理解することができましたが、なぜ円高になると多くの方が話題にするのでしょうか?

テレビでは、毎日のようにドルやユーロに対する日本円の状況を放送していることから、注目度が高いということは理解できます。実際に円高になったことで、わたし達の生活に起こりうる影響を調べてきました。

円高のメリット

円高のメリットは、輸入品が割安価格になるということです。例えば1ドル100円から1ドル90円になったとしたら、100円を支払って購入していた物が90円で買えるということになります。

実質10パーセントオフということですので、これまでよりもリーズナブルな価格で購入することができます。

外国産のワインや洋服、車、貴金属など色々な物を安く購入することができます。これによって、購買意欲が高まり日本経済が活性化しやすくなります。

また、投資家の方の場合には、強くなった日本円を武器に海外通貨に対して投資する流れができますので株価が高くなるなどのメリットも期待できます。

円高のデメリット

円高のデメリットは、輸入とは逆に輸出していたアイテムが値上がりしてしまうということです。これまで1ドルで購入できていた日本製品が、1ドルでは買えなくなってしまうのですから、実質値上げということになります。

同等の商品が日本以外にも存在していた場合、日本は輸出機会を失うことにもつながります。輸出が弱くなれば、当然ながら国際競争力も弱くなります。

また、外貨建てで資産運用をしている方は、資産が減ることにもつながります。他にも海外に単身赴任し、日本に家族を残しているような家庭で、ドルでお給料をもらっている方は、日本に送金する時などに少なくなってしまうなどのデメリットもあります。

円の値動きから経済を読み解こう!

円高や円安などの動きは、一部の方が決めているのではなく、多くの方が様々な思惑によって動いた結果によって生じていることがわかりました。

つまり円高や円安などの情報を入手することができれば、世の中の動きを把握することが可能になります。
これからは、円高などのニュースを元に経済について理解を深めていこうと思いました。
TOP