住宅ローンの審査が通りやすい金融機関や審査に通るコツを教えて!!

住宅ローンの審査が通りやすい金融機関や審査に通るコツを教えて!!

子供の出産を機に、安心して子育てできるエリアにマイホームを購入しようと思っています。 旦那は仕事も安定していて、転勤もない会社ですので、旦那の会社から電車で30分圏内のエリアの分譲住宅を探そうと思っているのですが、住宅ローンの申請をしたけど申請が却下されたという話も聞いたことがありますので不安です。
子供の出産を機に、安心して子育てできるエリアにマイホームを購入しようと思っています。

旦那は仕事も安定していて、転勤もない会社ですので、旦那の会社から電車で30分圏内のエリアの分譲住宅を探そうと思っているのですが、住宅ローンの申請をしたけど申請が却下されたという話も聞いたことがありますので不安です。

住宅ローンの審査が通りやすい金融機関は?

住宅ローンとは、その名の通り、住宅を買ったり改築したりするために金融機関から借りるお金のことです。
住宅ローンの審査をクリアする自信のない方が、本気で住宅ローンを組もうと思ったら、審査が甘く通りやすい金融機関の情報を入手する必要があるみたいです。

住宅ローンの審査が甘いと言われている金融機関って本当にあるのでしょうか?

フラット35

数ある住宅ローンの中でも、特に審査が甘いと言われているのが「フラット35」です。

フラット35は、民間金融機関に加え住宅金融支援機構とがタッグを組んでサービスを提供している長期固定金利の住宅ローンになります。

このフラット35は、一般的には住宅ローンが通りにくいと言われている個人事業主や自営業の方でも利用することができる可能性が非常に高くなっております。

そのため、住宅ローンの中では最も審査の甘い住宅ローンと言われております。

地方の金融機関

地方の金融機関の住宅ローンも都市部のメガバンク系の住宅ローンと比べて審査が甘いと言われております。

なぜ都市部のメガバンク系の住宅ローンと比べて、地方の金融機関が行っている住宅ローンの審査が甘いのかというと、住宅ローンを申し込む時に開示しなければならない情報量が圧倒的に少ないということがあります。

都市部のメガバンク系の住宅ローンよりも簡素化されておりますので、審査をクリアしやすくなっているのです。

住宅ローンの審査をクリアするコツとは?

via pixta.jp
住宅ローンは、誰もが利用することができるわけではありません。中には審査をクリアできずにマイホームの夢をあきらめている方もいるのです。

審査をクリアする確率が高くするためには、住宅ローンの審査をクリアするコツを身につけておく必要があります。

健康状態に気を付ける

住宅ローンの多くは、団体信用生命保険に加入することができないと審査に通りません。

団体信用生命保険とは、住宅ローンを組んでいる方が、ローンの返済中に死亡した場合、障害を負ってしまった場合など、返済することができなくなった時に、代わりに返済してもらうことができる保険です。

この団体信用生命保険に加入することができないような健康状態の方は、ローンの返済を完済する可能性が低いと判断されますので、審査に通らない可能性が高くなっております。

事前に健康診断を受け、自分の健康状態を把握した上で審査に望むようにしましょう。

信用情報を整理しておく

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
信用情報とは、クレジットカードやマイカーローン、携帯電話料金などの支払いが遅延していたり、延滞が発生したりしているなど、お金を貸し出す方が知っておくべき情報になります。

住宅ローンの場合、審査の時にはこの信用情報が必ず調べられます。

もし、他のローンがあった場合などは、先に返済してから住宅ローンを受けると審査に受かりやすくなります。また、使っていないクレジットカードがあれば、事前に解約しておくと、信用情報がクリーンになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介した通り、住宅ローンはローン会社によって審査難易度が大きく異なるようです。そのため、審査をクリアする自信がないのであれば、審査難易度を加味した上で金融業者を選ぶ必要がありそうです。

また、金融業者を選ぶのと同じく重要な事は、審査をクリアしやすい自分になることです。

定期的に健康診断を受け、健康に気を付け禁酒や禁煙、適度な運動なども重要になってきます。住宅ローンは一生かけて返済する物ですので、金利などの面において、満足できる条件の住宅ローンを利用したいのであれば、そういった努力も必要になってきます。
TOP