投資信託とは?今さら聞けない投資信託の基本中の基本!

投資信託とは?今さら聞けない投資信託の基本中の基本!

わたしが老後について全然気にしていなかったら、友人から老後は年金がもらえないかも知れないと脅されました。 その為、わたしも老後の蓄えをはじめようと思ったのですが、貯金があまりありません。 そんな時に投資信託の事を耳にしたので気になっています。
わたしが老後について全然気にしていなかったら、友人から老後は年金がもらえないかも知れないと脅されました。

その為、わたしも老後の蓄えをはじめようと思ったのですが、貯金があまりありません。

そんな時に投資信託の事を耳にしたので気になっています。
via pixta.jp

投資信託ってなんなの?

投資信託は、色々な資産運用の方法を紹介しているブログや雑誌、あとはテレビなどで耳にするようになりましたが、そもそも投資信託がどのようなものなのか全然わかりません。

投資信託ってくらいだから投資が関係しているくらいはわかるのですが・・・。

投資信託の仕組み

投資信託は、沢山の投資家の方から集めたお金で、プロの投資家であるファンドマネージャーの方が、株式や債券などを投資し、運用する資産運用になります。

投資信託を利用することによって、運用成果に合わせたお金が分配されます。

逆に運用を失敗して利益が下がってしまった場合には、投資した金額よりも金額が低くなってしまうリスクがあるみたいです。

投資信託が人気の理由とは?

投資信託は、投資のプロであるファンドマネージャーの方にお金を預け、自分の代わりの投資をしてもらう事ができる資産運用方法ですが、他人にお金を任せるのって不安になりませんか?

色々な詐欺などの手口かもと不安になってしまいましたが、そういった不安は杞憂だったみたいです。

少ない金額から始める事ができる

投資信託は、一般的な資産運用とは違い、少ない金額から始める事ができます。

例えば最近ブームになっているコインランドリー経営やトランクルーム経営、アパート経営などは、どうしてもまとまったお金が必要となりますが、投資信託でしたら最低1,000円くらいからはじめる事ができます。

もちろん投資金額が少ないので利益は微々たるものですが、自分の懐事情に合わせてチャレンジすることができます。

分散投資でリスクを半減

投資で最も重要な事は、リスクを分散させることです。

ひとつの投資先に依存してしまうと、調子の良い時には、利益がどんどんと増えていきますが、一旦ダメになってしまうと、大きな損を出してしまいます。

その為、色々な投資先にお金を分散することで、トータルでプラスになるような備えが重要になります。

素人には、知識もお金も少ないので難しいのですが、投資信託でしたら可能となっております。

運用はプロにお任せ

素人の方が投資を難しいと思う理由は、投資先を選ぶ事だったり、売り買いのタイミングなどがわからないことだと思います。

こういった知識と経験は、一朝一夕では身に付きません。

しかし、投資信託でしたら、そういった知識を持っているプロのファンドマネージャーの方が、代わりに投資をしてくれますので、自分で行うより利益があがりやすいのです。

投資信託のデメリット

一見すると完璧に思われる投資信託ですが、やはり投資信託にもデメリットのような物がありました。

これは始めようと思った時に友達に言われたことなのですが、メリットだけでなくデメリットに目を向けることが、資産運用をする上で重要みたいです。

投資コスト

投資信託のデメリットの中で、特にわたしが重要視したものは「投資コスト」です。

投資信託をする場合には、販売手数料、信託報酬、監査報酬、信託財産留保額が手数料としてかかります。

沢山利益があがっている場合には気にしないかも知れませんが、最初は投資している金額も非常に少なくなっておりますので、これらの手数料が大きなデメリットになるでしょう。

確かにコストってバカにできないから注意しないとね!

まとめ

投資信託には、4つの手数料がありますが、証券会社によっては、これらの手数料が無いような所もあります。

わたしはデメリットとメリットを比較した上で、明らかにメリットが大きいと思い、投資信託を始めることにしました。

資産運用方法で迷っている方がいましたら、一緒に投資信託してみませんか?




TOP