収入における生活費の内訳は?節約するポイントも解説

収入における生活費の内訳は?節約するポイントも解説

一人暮らしを始めるにあたり、収入における生活費の内訳が知りたい方は少なくないはず。 ここでは、主な生活費の内訳や、節約する方法などをまとめました。 初めて一人暮らしにチャレンジする方のお役に立てることを願っています!
一人暮らしを始めるにあたり、収入における生活費の内訳が知りたい方は少なくないはず。

ここでは、主な生活費の内訳や、節約する方法などをまとめました。初めて一人暮らしにチャレンジする方のお役に立てることを願っています!

生活費の内訳

人によって生活費の内訳は大きく異なります。

収入によっても多少変わるかもしれませんが、ここでは主だった生活費の出費項目をそれぞれ解説します。

とりあえず、一人暮らしを始めたらこのような出費があるんだな、と思いながら見てくださいね♪

家賃

賃貸マンションやアパートなどで済むのなら、毎月家賃が発生します。収入における支出の割合でもっとも大きくなるのは、おそらく家賃でしょう。

駅チカなど立地条件のよい物件は家賃も高くなりがちですね。

水道光熱費

電気ガス水道などの費用です。

もっとも大きいのは電気代で、特にエアコンを使用する夏や冬の時期に料金が高くなりがちですね。現在では電力自由化により、従来より安価なプランを提供する電力会社も増えました。

食費

人が生きていくうえで必ず発生する費用です。

毎日外食したり、コンビニで買ったりしていると食費が高くなるので注意が必要です。健康面からも、外食やコンビニ弁当ばかりになるのはあまりおすすめしません。

通信費

携帯電話料金やインターネット回線費用などが該当します。

携帯電話料金は、契約しているキャリアやプランによって費用が大きく変わります。あまりにも高いのなら、格安simも検討するといいかもしれませんね。

交際費

友人や恋人などと食事に行く、遊ぶといったときに発生する費用です。

人によっては、家賃の次に交際費が高くなってしまうことも少なくありません。毎月の費用を決めておくと、使いすぎを防げるかもしれませんね。

貯蓄など

将来のため、何かあったときのためと貯蓄をしている方は少なくないでしょう。

今の世の中何があるかわからないので、貯蓄はしたほうがいいですね。ほかにも趣味や娯楽に使うお金、医療費など細々した支出はたくさんあります。

生活費節約の方法

ここからは、生活費を節約する具体的な方法を見ていきましょう。

ここで挙げるポイントを押さえておけば、節約して貯蓄に回せるお金が増えるかもしれませんよ♪

固定費を見直す

固定費とは、毎月支払わなければならないお金のことです。家賃や通信費、水道光熱費などですね。

特に家賃はもっとも金額が大きいので、住む家を変えるだけで大幅な節約ができますよ♪収入に見合った物件を選ぶことも大切ですね。

自炊を始める

外食やコンビニ弁当ばかりでは、どうしても食費が増えます。

1食あたりの単価が高くなってしまい、1日の食費が2,000~3,000円以上になってしまうことも珍しくありません。

自炊を始めれば、大幅に食費を節約できますよ♪

食材はスーパーやドラッグストアなどで安く買えるので、大幅な節約が可能です♪

栄養バランスのとれた食事をとりやすくなるので、健康面でも安心ですよ♪

収支を把握し管理する

毎月どれくらいの収入があり、どれくらい使っているのかをきちんと把握することが第一です。

これが把握できていないと、自分が何にお金を使っているのかわからず、気が付けば「お金がない…」といった状態に陥ってしまいます。

自分で何にどれだけのお金を使っているのか分かっていない方は多いので、注意が必要ですね。便利な家計管理アプリもあるので、そのようなツールもぜひ活用してみましょう。

生活費の内訳を把握し上手に節約しよう

生活費の内訳を正確に把握すれば、毎月どれくらいのお金が出ていくのかもわかります。収支もきちんと把握し、上手にお金を節約しましょう。

節約した分を貯蓄に回していけば、いつの間にかお金がたくさん貯まっているかもしれませんよ♪
TOP