おすすめ!株主優待利回りが高い企業6選!

おすすめ!株主優待利回りが高い企業6選!

株の購入先を探す際、配当金ではなく、株主優待利回りが高い企業を探している人もおおいですよね。 今回は、株主優待利回りが高いと言われる企業について見ていきましょう! 興味がある人は、ぜひ株主になって優待品を受け取ってみてはいかがでしょうか。
株の購入先を探す際、配当金ではなく、株主優待利回りが高い企業を探している人もおおいですよね。

今回は、株主優待利回りが高いと言われる企業について見ていきましょう!興味がある人は、ぜひ株主になって優待品を受け取ってみてはいかがでしょうか。
株主優待とは、企業が自社の株を購入してくれた株主に向けて、自社商品やサービスなどの「優待品」を贈る制度です。株主優待は任意の制度であるため、すべての企業が実施しているわけではありませんが、上場企業のうち約1,520社が優待制度を導入しています。(2020年11月時点)

おすすめの株主優待利回りが高い企業

こちらでは、株主優待利回りが高いと評判の企業について紹介していきます。株主を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

サッポロホールディングス

サッポロホールディングスの株の利回りは2021年4月時点で1.93%、優待利回りで0.46%となっています。

株主優待は、100株以上200株未満、200株以上、1,000株未満、1,000株以上でグレードは変わってきますがビールの詰め合わせや食品詰め合わせがメインとなっています。

3年以上継続保有者となれば、同じ株数でもランクアップして優待品がもらえる数も多くなるのです。

ピックルスコーポレーション

100株以上だけの1つのスタイルのみとなっています。

1,500円以上の自社グループ商品詰め合わせがメインであり、数種類から1点を選ぶ形式です。
初めて株主になる人にもおすすめです。

他の企業のように複数のスタイルがあるわけではなくシンプルなのも魅力のひとつでしょう。

日本ドライケミカル

100株以上で優待権利を獲得できます。防災用品や1,000円相当のクオカード等10点から選ぶことができます。

地震災害などから、防災意識が高まっていることもあって防災グッズをもらえるということで注目されています。

株主優待利回りが高い企業とは?

こちらでは、株主優待利回りが高い企業について見ていきましょう。普段通いやすいところの優待権利をもらうこともおすすめですよ。

どれだけ総合的に利回りが良く感じても、利用できない地域のものだったら意味がありませんからね。

その辺も比較してからちゃんと選ぶようにしないと「しまった!」ということになりかねませんよ。

すかいらーくホールディングス

飲食代割引カードをもらえるようになっています。

保有株数によって変わってきますが2,000円相当から最大17,000円相当の割引カードを貰えます。
すかいらーくグループでの食事が多い人は、こちらの株主になることでメリットが多いのではないでしょうか。

全国規模でグループ店があるので、比較的汎用性の高い優待券と言ってもいいでしょう。

子供がいる家庭などにもすかいらーくホールディングスの株主になるのはおすすめしたいですね。

エスエルディー

直営飲食店舗で使える食事券が優待品となっています。2,000円から20,000円の食事券をもらえます。

ちなみに20,000円の食事券をもらうために必要な保有株は500株以上です。他の企業と比較するとメリットが大きい企業と言えますね。

ただ、直営飲食店が近場にない人は若干お得感が薄れてしまうかもしれません。逆に近場に直営飲食店がある人にとっては、かなり良い待遇の優待品と言ってもいいでしょう。

共立メンテナンス

共立メンテナンスはリゾートホテル優待券、自社運営施設割引券などを選ぶことができます。自社運営施設割引券は1,000円から最大60,000円までとなっています。

リゾートホテル優待券は2,000円から最大10,000円となっているようです。

実際に優待獲得までの金額は企業によって変わってきます。そのため、出費と優待の利回りが良いかをしっかり確認してから選ぶようにしましょう。

優待利回りが高い企業を探そう

優待利回りが高い企業はさまざまです。

良い優待品があるところは優待獲得までの金額が高かったりするので良し悪しだったりします。
大切なのは出費と優待の利回りですね。

出費と比較すると優待品は「少なくない?」と思うところもあります。でも、ある程度相場的なものがあるので決して少ないわけではないのです。
TOP