貯金の仕方で悩む方は貯金専用口座を作るのがおすすめ

貯金の仕方で悩む方は貯金専用口座を作るのがおすすめ

貯金の仕方が上手くなくてあまりお金が貯まらない。 そんな悩みを抱えている方は貯金専用口座を作る事をおすすめします。 しかし、貯金専用口座が何かよくわからないという方も多いでしょう。 そこで、この記事では貯金専用口座を作るメリットとおすすめの銀行をご紹介します。
貯金の仕方が上手くなくてあまりお金が貯まらない。そんな悩みを抱えている方は貯金専用口座を作る事をおすすめします。

しかし、貯金専用口座が何かよくわからないという方も多いでしょう。そこで、この記事では貯金専用口座を作るメリットとおすすめの銀行をご紹介します。

貯金専用口座はなぜ必要なのか

貯金をしたいと思っている方になぜ貯金専用口座を作る必要があるのか?それには多くのメリットがあります。

また、メリットが多い一方でデメリットは少ないですから下記で紹介するメリットを魅力に感じたら貯金専用口座を作る事をおすすめします。

貯金専用口座とは

そもそも貯金専用口座とは何なのかと言うと、その名の通り貯金の為の専用口座です。貯めるだけに使用し、絶対に引き出さない口座なので、自分が決めたルールさえ守れば確実に貯金をする事ができます。

取り出し口の無い貯金箱の様な物だと考えると分かりやすいでしょう。

貯金額が把握できる

貯金専用口座を作る事で生活費と貯金を分ける事ができます。貯金と生活費を1つの口座にまとめてしまうといくらくらい生活費で使って、今現在いくら貯金があるのか把握しにくくなります。

しかし、貯金専用口座を作っておけば「将来に向けて30歳までに300万円貯める」という様に明確な目標を立ててそこに向かって努力がしやすくなります。

知らない間にお金が貯まっていく

給与から決まった分だけを貯金専用口座に振り込む形にしておけば自分の手間なく自然に貯金する事ができます。

手元にお金があるとついつい使ってしまうという方でも自動振り込みにして通帳もキャッシュカードも手元に置いておかなければ使うことができません。

結果として自然にお金を一定の金額ずつ毎月貯める事ができ、意志の弱いと自覚していたとしても貯金ができます。

わずかでも金利が付く

口座に貯金する事でわずかでも金利が付いてお金が増えるというのも貯金専用口座を作るメリットです。

貯金の方法としてクラシカルな出口のない貯金箱に入れると言う方法もありますが、これだと金利が増える事はありません。

もちろん、そのお金を使ってNISAやiDeCoを行うと言うのであれば話は別ですが、それは貯金ではなく資産運用になるのでこの記事では割愛します。

増えないよりは増えた方が良いですから自宅貯金を考えるなら貯金専用口座を作るようにしましょう。

貯金専用口座におすすめの銀行

貯金専用口座は普段使いませんが、付随するサービスは使うことができます。単純に貯めるだけではもったいないので、ここではお得なサービスやキャンペーンがある銀行をご紹介します。

楽天銀行

日本トップクラスのショッピングサイトを持つ楽天。楽天はあちこちの業界に進出しているので、利用する事で各方面の恩恵を得る事ができます。利用する事で楽天スーパーポイントを得る事ができる為、お金が増えるのと同じ効果があります。

また、楽天証券との連動があってその特典もあるので、ある程度お金を貯めたら資産運用に移行させたいと考えている方にもおすすめです。

イオン銀行

WAONユーザーであればおすすめなのがイオン銀行です。イオングループの銀行ですので、買い物するたびにポイントが貯まりますし、お客様感謝デーの日には安く買い物ができます。

また、給料振込指定口座位にする事で振込料が無料になるなどお得なキャンペーンが豊富ですので日常でイオンを良く使うという方はイオン銀行が良いでしょう。

SBJ銀行

定期預金の金利が高さが魅力のSBJ銀行。1年定期で0.12%、5年定期で0.2%とその高さは他の銀行を圧倒しています。

また、コンビニのATM利用の際の手数料が無いので利用しやすさもメリットの1つです。

貯金専用口座を作って効率よく貯金しよう

貯金専用口座について解説してきました。貯金にはいくつかのコツがあり、その1つが貯金専用口座です。

あまりお金が貯まらないなと悩んでいる方は嫌でも貯金ができる仕組みを作る事が重要ですからぜひ貯金専用口座を試してみて下さい。
TOP