ETFとは?米国株に興味がある初心者さんはETFで安心投資

ETFとは?米国株に興味がある初心者さんはETFで安心投資

資産運用の要とも言える投資。どのように自分の資産を守り、増やすかを日々悩まれている方も多いことでしょう。 そこで今日は、ETFについて基礎部分から詳しく解説をしていきます。分散投資で安心した将来を手にしてくださいね。
資産運用の要とも言える投資。どのように自分の資産を守り、増やすかを日々悩まれている方も多いことでしょう。

そこで今日は、ETFについて基礎部分から詳しく解説をしていきます。分散投資で安心した将来を手にしてくださいね。

ETFの基本を知ろう

ここ数年の間に商品数が増加しているETF。メリットやデメリットに到達する前に、いったいETFとは何者なのでしょうか。

「ETFという単語は聞いたことあるけど…」といった方のために、まずはETFがどういうものなのか、基礎基本となる部分の解説をしていきます。

ETFとは?

ETFは、「Exchange Traded Fund」の頭文字をとったものです。どういったものかというと、投資信託と株式のメリットを合わせた金融商品だと考えてください。

投資信託とは、投資の専門家に資産を運用してもらう金融商品ですね。基本的には、預ければ専門家が売買をしてくれます。

そして株式投資は株式会社の株式を売買し、配当金などの利益を手にする仕組みです。この2つの良いところ取りが、ETFだと考えてください。

ETFのしくみについて

ではもっと具体的に、ETFとはどういったしくみになっているのかを解説します。

ETFが連動を目指す指数は、複数種類の銘柄によって構成されています。ですので、ETFの投資対象は自動的に複数の銘柄になり、これがETFの大きな強みにもなるのです。

要するに、ETFは投資信託と同じように、1つの銘柄に投資するだけで、自動的に分散投資となるわけです。分散投資は資産運用の基本的な考え方ですから、後に触れますが、海外株をリスク少なく購入するのにETFはとても適した方法だと言えるでしょう。

投資信託との違い

分散投資となると、ETFと投資信託は何が違うの?と疑問に思いそうです。

ETFの種類は数多くありますが、いずれも株価指数に連動しています。ETFを1つ購入すれば、分散して投資ができる仕組みになっています。確かに、この部分は投資信託と同じですね。

しかしETFと投資信託の違いは、ETFは証券取引所に上場しているということ。すなわち、株式と同じように、値動きを見ながら売買が可能になるのです。まさに、投資信託と株式投資の良いところどりといった金融商品でしょう。

ETFのメリット

株式投資や投資信託に似ている商品なのであれば、別にETFでなくても良いのでは?と考えた方もいることでしょう。

投資信託とは違った特色のあるETFですが、具体的にはどのようなETF独自のメリットがあるのでしょうか。

分散投資

分散投資においては投資信託のメリットと同じですね。しかしながら、資産運用の基礎とも言える分散投資。いかに投資のリスクを回避できるかはとても重要な部分でしょう。

たとえば、何か1つの投資対象にすべてをつぎ込んでしまったら、リターンは大きくなりますが当然のことながらハイリスクです。分散投資はリスクを回避させつつも、安定的にリターンを得る安全対策なのです。

低コスト

ETFと投資信託の大きな違いは、一般的な投資信託と比べ信託報酬が低くなっていることです。保有コストが安いので、無理なく長期投資ができる可能性が高まります。

信託報酬のうち販売会社に支払うコストを抑えられること、また、インデックス運用のため企業調査などのコストも抑えることが可能。しかしながら、投資信託そのものは1万円からでも投資可能ですが、ETFの初動には10万円程が必要ともされています。

リアルタイムで売買できる

ETFは、株式と同じように、証券取引所が開いている時間帯はリアルタイムで取引が可能です。これは、投資信託にはない魅力の部分ですね。

また、ETFの取引の仕方も株式と同じように、指値注文や信用取引を行うことができます。信用取引ができるメリットは、資金が少なくてもハイリターンを狙えるところです。もちろん、それなりのリスクは伴いますが、大きな取引ができるので資産を増やすチャンスとなります。

ETFのデメリット

投資信託と株式投資の良いところ取りなETFですが、もちろん、留意する部分はあります。どういった部分に注意をしていれば、ETFとうまく付き合っていくことができるのでしょうか。

では、ここからはETFのデメリットとも言える注意点をみていきましょう。

手数料がかかる

投資信託に比べて信託報酬は低くなっていますが、それでも、全くの無ではありません。ETFは取引のたびに売買手数料が発生するので注意が必要です。

売買の際は、必ず手数料を確認しておくようにしましょう。投資信託の中には手数料無料の商品があり、その数も少なくありません。ところが、ETFの場合手数料無料の商品が多くないのが現状です。

投資信託に比べて低コストですので、長期運用に認識を変えるのも良いでしょう。

積立ができない

ETFは積立投資に対応していないものがほとんどです。資産運用の土台部分として、積立投資を選ぶ人は多いのですが、自動での積立ではないので自ら資産を増やすように努める必要があります。

積立のように資産を増やすなら、毎月自ら購入手続きをする必要があるため、正直「ずぼら」な性格の人には不向きなのかも知れませんね。

また、最低投資金額は高いものが多いため、毎月ETFで積み重ねるとなると負担になってしまうのは避けられないでしょう。

分配金の再投資がされない

一般的な投資信託で得た分配金と違い、ETFの分配金の場合は、決済時に全て分配。組み入れ銘柄の配当金や利息といった運用経費を差し引いて分配金は全て支払われます。

また、ETFは自動で再投資する仕組みがありません。分配金の再投資におけるメリットは、再投資の際に購入時手数料の負担や、購入手続きといった手間を省いた複利効果にあります。ETFの再投資は手動で買い付けを行わなくてはならないのはデメリットだと言えるでしょう。

ETFの種類

ETFには種類がいくつかあります。日本国内のETFにするのか、あるいは最近活発な動きの外国市場を狙うのか、それぞれの考え方があるでしょう。ETFの種類について、詳しくみていきますので、ご自身ならどの種類を選ぶかを考えてみてくださいね。

国内株式ETF

日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)といった、国内を代表する株価指数に連動する銘柄が国内株式ETFです。

TOPIXは、景気経済の動向を把握しやすい指数であるため、TOPIX ETF(1306)を購入することによって、東証一部上場の2000社以上の企業に投資することと同じ効果を期待できると考えられます。

他にも、JPX日経400は選りすぐりの400社、ラッセル野村小型コアETF(1312)であれば、小型株全般が買われる局面での上昇が期待できるされています。

外国株式ETF

ETFを進める専門家のほとんどは、元気のある外国株式ETFをすすめています。その理由の1つは、実は証券会社にとっての利益が少ないため、あまり商品を押しておらず、魅力的なラインナップが少ないことが指摘されているのです。

対して、たとえばアメリカのETFは日本の10倍以上に元気があるとあるとされています。世界の市場には多数のETFが上場されています。また、マーケットそのものが成熟しているため純資産額が多く、取引も活発になります。

債券ETF

債券ETFは国内債券と外国債券とがあります。国内債券ETFは、資産全体のリスク軽減に欠かせないと言えるでしょう。なぜなら、債券は株式等の値動きと異なります。債券ETFと組み合わせることで、資産全体の値動を安定させることが期待できるためです。

国内債券は値動きが小さい分、リスクを抑えてリターンをあげることが期待できます。また、国内債券より高いリターンを期待するのであれば、外貨建てで発行する外国債券です。そのなかでも、新興国債券は、先進国債券よりも利回りが高くなっているのが一般的です。

REIT ETF

REITは、投資家から集めた資金で不動産を購入し運用する投資信託です。REIT ETFは、利回りの高さで注目をされています。REITそのものもETF同様、証券取引所で売買することが可能です。しかしあえてETFで購入するにはメリットがあるからです。

まず、REIT ETFであれば複数の不動産に分散投資ができます。また、一般的にETFの最低購入価格と比較してREITの最低購入価格は高くなっていますがREITETFであればコストを抑えることが可能です。

商品ETF

商品ETFとは、商品価格や商品指数などに連動することを目的とした、上場投資信託のことです。

石油やウランといったエネルギーや貴金属、農産物等のことを「コモディティ=商品」と呼びます。そしてそれらに投資することをコモディティ投資と呼ばれるのですが、その値動きに連動するETFが商品ETFです。

コモディティ投資そのものは、インフレの際に実物資産の価格も上昇する傾向にあるため、インフレに強い資産として注目がされています。

米国ETFを活用してみよう

先ほども少し触れましたが、日本国内株のETFより海外ETFの方が活発です。分散投資のはじめとして、米国のETFを活用してみてはいかがでしょうか。

なぜ、初心者であっても米国ETFを推すのか、詳しく解説していきます。

米国ETFは初心者でも安心

活発な米国株に投資をしてみたくても、米国株市場に上場する銘柄は数多。日本の証券会社で購入できるものであっても数千銘柄を超える中から、自分で選ぶことは投資初心者にとってまず無謀です。

ETFであれば、1銘柄を購入するだけで、分散投資が可能になるのです。米国株のETFも、何かしらの指数と連動するように作られていますが、たとえば「バンガード・S&P500ETF」を1銘柄購入すれば、厳選された500株に分散投資したことになります。

ドルで買うか円で買うか

魅力的な米国ETFですが、問題はドル建てで購入するか円で購入するかです。米国のETFであっても、口座を開設している証券会社を通じて円で購入することが可能。円からドルに変換する手数料を考えれば、日本円での取引を行えば良いのでは、といった声は多くあります。

また、取引金額が多額でないなら日本円で購入するのがおすすめとのこと。取引金額が少ない場合、手数料はわずか数銭〜数十円程度ですので手間よりも安い手数料、といったところでしょう。

対応している証券会社

多くの主要証券会社が米国ETFの取り扱いを行っています。最大銘柄数を誇るのは楽天証券で321銘柄、次いでマネックス証券で311銘柄です。

マネックス証券はETFとしては楽天よりも取り扱い銘柄が少ないのですが、米国株としては4000銘柄以上とオンライン証券では最多です。

DMM株は87銘柄と少ないのですが、手数料が無料というメリットもあります。

分散投資で安心の資産形成を

ETFにて資産運用をするなら、日本株よりも海外ETFを選んだ方が確実にも思えます。いずれにしても、資産運用の要は分散投資。米国ETFを購入するにしても、他の投資方法と組み合わせるのがベストですね。

これからの時代を賢く生き抜くために、資産運用をはじめましょう。
TOP