火災保険が高いと感じているあなたへ!相場はいくらなのか徹底解説!

火災保険が高いと感じているあなたへ!相場はいくらなのか徹底解説!

火災保険料の相場について考えたことはありますか? 相場がいくらなのか知りたい方も多いとは思いますが、様々な要素で金額が変わってくるため、一概に相場を示すのはできません。 それでも加入している火災保険が、他の保険と比べて高いのかそれとも安いのか気になりますよね。 高い場合は節約のためにも、火災保険の乗り換えも検討しましょう。 今回は、火災保険料がどの要素で決まるのか? また加入している火災保険料が高いか安いかの調べ方や、おすすめの火災保険会社はどこなのか解説します。
火災保険料の相場について考えたことはありますか?

相場がいくらなのか知りたい方も多いとは思いますが、様々な要素で金額が変わってくるため、一概に相場を示すのはできません。

それでも加入している火災保険が、他の保険と比べて高いのかそれとも安いのか気になりますよね。高い場合は節約のためにも、火災保険の乗り換えも検討しましょう。今回は、火災保険料がどの要素で決まるのか?

また加入している火災保険料が高いか安いかの調べ方や、おすすめの火災保険会社はどこなのか解説します。
火災保険は、一戸建てやマンション、ビルなどの”建物”と、建物の中にある家具や什器などの”動産“を補償します。これらの”建物“や”動産”などの補償の対象になるモノを、火災保険では「保険の対象」と呼んでいます。

火災保険料はどこで決まるの?

火災保険の保険料は、いつかの要素によって決まります。保険料がどのように決まるのか理解して、自分が加入している火災保険の条件について知る必要があります。

建物の構造

建物の構造がどんな種類なのか?木造や鉄筋、鉄骨かによって変わってくるので確認しまょう。一般的には、3つの種類に分かれます。
M構造 (コンクリート造りのマンションなど)
T構造 (鉄骨造の戸建ての建物など)
H構造 (木造の戸建ての建物など)
3つの中で火災保険料が高いのは、火災になりやすい木造の建物です。建物の構造が最も保険料に影響するので、知っておいてください。

建物の所在地

建物の所在地がどこにあるのかも重要な要素です。台風や積雪の影響が大きい地域は、それらの影響がない地域と比べると保険料が高くなります。

また河川の近くに建物がある場合も、保険料が高くなる傾向にあります。

一戸建てかマンションか

一戸建てに住んでいるのか、マンションに住んでいるのかでも保険料は変わります。立地や延床面積が同じ場合であれば一般的にはマンションの方が、火災保険料が安くなる傾向です。

築年数

築年数も火災保険の金額を決める要素の一つです。年数が少ないほど、保険料は安くなります。保険会社の中には、築年数が少ないほど安くなるような割引があるところもあります。

保障内容

火災保険の保障内容がどこまでカバーしているのか、落雷や風災などもカバーしたいのか?
保障の内容が広くなればなるほど、火災保険料はあがります。

加入している火災保険料のシミュレーションはできる

ここまで火災保険料が、どのような要素で決まるのか説明してきました。火災保険について理解を深めていくと、加入している火災保険が高いのか安いのか気になりませんか?

相場については一概に言えませんか、保険料が安いか高いのかシミュレーションを行う方法はあります。今回は下記のサイトを使い、保険料についてシミュレーションして比較しました。
参照 火災保険の相場・シミュレーション|価格.com

実例を元に火災保険料についてシミュレーションしてみた

以下の条件で火災保険料について比較します。住んでいる地域を仮定したうえで、実際に私が住んだことのある建物で考えてみました。
地域:東京都
築年数:30年
火災・風災・破損などをカバー
私は上記の条件で数年間にわたり、住んでいたことがある。火災保険には加入していて、私のケースでは1年ごとに1万2千円払っていました。

この条件下でシミュレーションをして、他のサイトを比べてみると保険会社Aは7029円でした。保険会社Bは1年換算で6794円というシミュレーション結果でした。

シミュレーションをしてみると、大体の相場が大体7000円前後だったので、高いことがわかりますね。このようなケースでいえば保険の乗り越えをすると、結果保険料が安くなるので節約になりますよ。

加入している火災保険を比較し金額の見極めを行ってみよう

火災保険について保険料の決まり方や、実例を元にシミュレーションしてきました。一概に相場というものを火災保険では示すことはできません。

しかしシミュレーションをして、他の火災保険料と比較すればある程度の調べることがきます。比べてみて加入している火災保険が高いのであれば、乗り換えも考えてみてください。

節約になりますよ!
TOP