少額投資から始められる!初心者向きのビジネスのご紹介と注意点

少額投資から始められる!初心者向きのビジネスのご紹介と注意点

資金がないからビジネスは始められないという考えはもう古く、今では少額投資で始められるものも少なくありません。 ここでは少額投資で始められるビジネスのご紹介と、注意点について解説しますので、これからの人生を豊かにするための参考資料としてみてください。
資金がないからビジネスは始められないという考えはもう古く、今では少額投資で始められるものも少なくありません。

ここでは少額投資で始められるビジネスのご紹介と、注意点について解説しますので、これからの人生を豊かにするための参考資料としてみてください。

少額投資で始められるビジネス

ではまず初めに、少額投資で始められるビジネスをご紹介します。

現在はネットの普及により人件費等が削減できることから、選択肢は従来と比較しても多いと言えるでしょう。

投資関係

投資関係というと、運用していくためにまとまったお金が必要と考えがちですが、実は意外とそうでもありません。

たしかに通常の株式であるなら、時に数百万円も必要になることも少なくありませんので、少額投資のビジネスとは言えませんよね。

しかし現在はミニ株とか、少額の投資信託などさまざまな少額投資向きの商品があり、手持ちが少なくても問題なく投資関係に飛び込むことが出来るのです。

もっとも、株式というのはどのような形でも「ローリスクローリターン」の構図は覆りませんので、利益としてはいささか物足りないかもしれません。

ネットビジネス

現在はネットの普及により、ネットビジネスが大盛り上がりです。

アフィリエイト、せどり、ネット販売などなど、ネット環境ひとつで稼げることから、元手を必要とせず基本的に少額投資となるでしょう。

しかもネットビジネスの場合、元手を必要としていないのに一発当てれば大きく稼げることも可能です。

もっともライバルが極めて多い、また多大な知識や技術が求められる場合が多く、道のりは非常に困難であると言わざるを得ません。

オーナー業

これもネット絡みのビジネスになる場合が多いのですが、いわゆる「雇われオーナー」として実際に勤務するなら、元手を必要としない場合が少なくないようです。

配送業や食品関係、またコンビニや通販関係などなど、選択肢は非常に多く自分自身に向いているもの、やりたいものを選べるでしょう。

ただし、初期投資こそ0または少額投資であるものの、ランニングコストが掛かるなどの「後の経費」が必要になる場合があります。

さらに店舗を構えるなど、オーナー業であるために責任がのしかかり、心身的な負担になることも考えられます。

少額投資ビジネスの注意点

少額投資のビジネスには一定の注意点があります。

多くは「少額投資であるがために」結果的に注意点となるケースが多く、実際やってみるときはきちんとそれらを踏襲する必要があります。

利益は「リスク相応」

実際のところ、少額投資で得られる利益というのは投資の分だけ…つまり、「少額」となります。

利益というのは、背負ったリスク分だけ得られるのが常ですので、リスクが切り詰めれば当然利益も切り詰められるのです。

逆に言えば、リスクを伴えば相応の利益となるのですから、少額投資から始めてある程度利益が出た場合、少しずつリスクを背負うような形にするといいでしょう。

ただし「リスク」ですから、失敗となれば台無しとなることもあるので、慎重に運用していくことを心がけましょう。

制限が多い

少額投資は、少額であるために手軽なのには変わりありませんが、何かと制限が多いことが否めません。

例えば、ミニ株であるなら特定の商品は購入出来ないなど、一般的な株式よりも選択肢の幅が狭い場合が少なくないのです。

そのため、資産運用をしようにも選択肢が少ないことから、失敗につながることもありえます。選択肢が少ないのですから、その中から無理矢理選ぶことになるのですから、無理もありませんよね。

税金

株式等の資産運用に必ず付きものの天敵である税金は、少額投資でもつきまといます。

まず株式等の場合ですと、ミニ株程度であれば特に気にすることもないのですが、NISAなどの商品となると年間120万円の絡みで失敗してしまうことも。

ネットビジネスに関しては、多くの場合は自己管理をきちんとしなければならないことから、納税を忘れてしまう可能性もあるでしょう。

そうなれば「脱税」となり、得た利益のほとんどを税務署に持ってかれてしまいますので、ここだけは慎重に考えておくようにしてください。

ある程度のノウハウが必要

株にしろ、ネットのビジネスにしろ、オーナー業にしろ、何でもある程度ノウハウがなければ利益は出ないでしょう。

ベテランや経験者でさえ失敗することが少なくないのですから、新参者があれやこれやで稼げるわけがないのです。

そのために、何かを始める際は必ず事前に勉強をしておかなくてはなりません。これははっきり言って手間と言えることですが、必要なことですのでめんどうくさがらず、向上心を持って臨みましょう。

なぜ「少額投資」なのかを考えよう

少額投資で思うように稼げることが出来るなら、誰でもリスクの低い少額投資を選びます。

少額投資で稼ごうとするなら、お金と同等の知識や時間などを投資しなければ、得られるものはごく少量となるでしょう。

要は、どうしてそのビジネスが少額投資で出来るのか、運用の際はそこをきちんと考える必要があるということです。
TOP