老後破産を迎えないために!おすすめの資産形成方法とは?

老後破産を迎えないために!おすすめの資産形成方法とは?

老後破産という言葉を知っていますか? 近年はあまり珍しくない言葉になってしまいました(;´・ω・) 今回は老後破産を迎えるタイプの人、老後のためにおすすめの資産形成方法について紹介していきます。 将来のために、と考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね(n*´ω`*n)
老後破産という言葉を知っていますか?

近年はあまり珍しくない言葉になってしまいました(;´・ω・)

今回は老後破産を迎えるタイプの人、老後のためにおすすめの資産形成方法について紹介していきます。将来のために、と考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね(n*´ω`*n)
老後破産とは、定年後の年金生活において破産状態に陥り、生活に困窮する状況のことを指します。

老後破産を迎える人のタイプとは?

こちらでは、老後破産はどんな人に起こりやすいのかを見ていきましょう。実際に「老後破産」をするかも、なんて若いうちから考えている人はいません。

実際に起こってからでは遅いので、しっかりチェックしてみてくださいね。

住宅ローンの負担が大きい

収入と住宅ローンのバランスが釣り合っていないと、老後のための貯蓄が上手く出来なくなります。

確かに住宅ローンを支払い終わった後は資産になりますが、老後までに貯めておける貯蓄がなければ生活が出来ないので結果として手放すことにもなるのです。

子供の教育費にお金をかけている

子供の教育にお金をかけることは良いことです。しかし、収入と釣り合っていない金額をかけてしまうと老後資金が貯められません。

今は「子供が親の面倒を見るのは当たり前」という考えは古いものになっています。そのため、いくらお金をかけても子供が親の面倒を見てくれるとは限りません。

もしも子供が面倒を見てくれるとしても、金銭的な負担すべてを押し付けるのは親としてどうなんでしょうね、と言いたくなります(;´・ω・)

夫婦仲が悪い

すべてに当てはまるわけではありませんが、夫婦仲が悪い場合は貯金などの意識が薄い傾向にあります。お互いに好き勝手してしまうため、結果としてお金が残らずに老後破産の典型的なタイプになるのです。

夫婦仲が良いからといって貯蓄につながるわけではないですが、それでも夫婦仲が悪いとマイナスループにハマっているような感じだと考えてください。

老後のためにおすすめの資産形成とは?

こちらでは、老後のためにおすすめの資産形成について見ていきましょう。どんな資産形成の方法があるのか知りたい人はぜひ参考にしてみてくださいね(n*´ω`*n)

株式投資

企業が発行した株式を売買して運用益を目指す投資方法です。

値上がりによる利益、配当金による利益、株主優待などさまざまなメリットがあるので比較的取りかかりやすい資産形成方法と言ってもいいでしょう。

投資信託

出資をして投資のプロが資金運用をするタイプの資産形成方法です。投資はしたいけど、難しいことはしたくないという人におすすめですね。

資産形成のプロが運用してくれるので、自分でするよりも安全性が高いと言ってもいいでしょう。

不動産投資

土地や建物を購入して、売却や賃貸による利益を得る資産形成方法です。まとまった金額がないと難しいと思われがちですが、事業用ローンなどを使うことで手元にまとまった金額がなくても投資資金を得ることができるのです。

賃貸物件であれば、家賃からローンを返済していくということになるので比較的やりやすい資産形成方法だと言ってもいいでしょう。

老後のために資産形成方法を探しておこう!

老後破産をしないために、若い世代のうちから資産形成方法を探しておくことをおすすめします。若いうちから資産形成をすると考えても、メリットやデメリットがあるので注意してくださいね。

ある程度、自分に向いている資産形成方法を探して、お金が手元に貯まったら投資を始めるというやり方でもいいかもしれませんね。

どちらにしても、投資をしたいからすぐに始めるというやり方はおすすめできません。しっかり商品についてリサーチを重ねて、損をしないか見極めてからお粉ようにしてください。

リターンが多ければ多いほど、比例してリスクも大きくなっていくと考えましょう。
TOP