ワンルーム不動産投資は失敗するって本当? 失敗しないためにはどうすればいい?

ワンルーム不動産投資は失敗するって本当? 失敗しないためにはどうすればいい?

ワンルームマンションなど、手軽に不動産投資ができるので若い世代の人も行っています。 でも、ワンルームの不動産投資は失敗しやすいって噂があることを知っていますか? 今回は、なぜ失敗しやすいと言われるのかを紹介していきましょう(`・ω・´)
ワンルームマンションなど、手軽に不動産投資ができるので若い世代の人も行っています。でも、ワンルームの不動産投資は失敗しやすいって噂があることを知っていますか?

今回は、なぜ失敗しやすいと言われるのかを紹介していきましょう(`・ω・´)
ワンルーム投資は、マンション一棟やアパート一棟投資に比べて必要資金が少なく済むため、年収が高くない方でも始めやすいというメリットがあります。

不動産投資でワンルームを選ぶと失敗する?

こちらでは、ワンルーム不動産投資で失敗しやすいと言われる理由について見ていきましょう。これから不動産投資、しかもワンルームを選ぼうかなと考えている人はチェックしてみてください。

リスクを軽んじる人が多い

ワンルームの不動産投資は「手軽」に始められる特徴があります。しかし、手軽に不動産投資が出来る分、リスクを軽んじる人も少なくありません。

手軽に出来るからと言って、リスクも軽いものだとは言えません。

「投資」と名のつくものは、必ず相応のリスクを含んでいるのだと覚えておきましょう。

節税効果だけで選んでしまった

節税効果で不動産投資をする人もいますが、ワンルームの場合は短期的なものです。本当に節税の恩恵を受けられるのは、新築ワンルームマンションと言われています。

それでも、最初の数年だけではり年数が経つにつれて節税効果よりも負担の方が増えたという人も少なくないのです。

売却したくても売れない

マンションはファミリータイプの方が人気があり、ワンルームの場合は単身世帯などがターゲットになっています。

そのため、売却したくても買い手が見つからないということも珍しくありません。環境の変化などによって資産価値が下落してしまうこともあります。

ワンルームの不動産投資で成功するためには?

via pixta.jp
ワンルームの不動産投資で成功するためには、どんなことを覚えておくべきでしょうか。こちらでは、成功のためのポイントをチェックしていきましょう!

投資にはリスクがあることを覚えておく

先述したように、投資には必ずリスクがついてきます。

営業マンなどがどんなに甘い言葉を言ってきても、リスクがあることだけは忘れないようにしましょう。リスクのことを考えていない人は、不動産投資を始めても失敗しやすい人となるのです。

空室リスクも考えておく

ワンルームのみの不動産投資をする場合、空室リスクも考えておきましょう。

部屋がワンルームの場合でも、1棟ではなく1室のみのワンルームでも空室になってしまうとオーナーに収入が入ってきません。

それどころか、出費の方が増えてしまいリスクの方が高くなってしまうのです。空室リスクに備えて、空室にならない工夫を考えておくようにしましょう(`・ω・´)

修繕に対する費用も考えておく

経年劣化によって、修繕を必要とする場合も出てきます。そんな時のために、修繕費用もしっかり貯めておく必要があるのです。意外と失敗しがちなポイントとして、修繕費用のことを考えていなかったという人もいます。

その結果、劣化した部分の修繕が出来ずに、人が離れてしまう原因となってしまったというケースもあるので覚えておきましょう。

修繕にはかなりの金額がかかるので、収益の中から少しずつ修繕費用を貯めておくようにしましょう!

ワンルームの不動産投資は手軽だけどリスクを知っておこう!

ワンルームの不動産投資は手軽ではありますが、リスクがないわけではありません。ある意味では、ハイリスク・ローリターンと言っても過言ではありません。

しっかり投資に関する知識を身に着けておかないと、せっかくの投資で身を持ち崩すことになります。

ただ、ワンルームの不動産投資はさまざまな人に選ばれているようにやりやすいです。だからこそ、リスク管理をして「失敗した」と思わないような投資のやり方をしなければいけません。
不動産はどうしたら高く売れると思いますか?RENOSYなら、売主様の立場に徹底的に立って、情報の「囲い込み」はおこなわず、ハイセンスな売却方法とツールを組み合わせて、「高値売却」「早期売却」を実現できます。

買ってから売りたい、売ってから買いたい、すぐに現金化したい、などなど、、、 売主様のご要望に合わせた売却プランをご用意します。
TOP