お金の管理のためには終活が必要?メリットややり方について

お金の管理のためには終活が必要?メリットややり方について

終活についてしっかり考えられる方が増えたように思います。 以前は亡くなった後のことを考えるのは縁起が悪いと言われていましたが、近年は積極的に行う方が多いようです。 時代の流れというものもあるのでしょう。 地域によって終活の考えの差はありますが、人が多い都会ほど真剣に考えている人が増えています。 終活について考えることは、残された人のことを考えるということにもつながるのです。 今回は終活のメリットや方法などについて紹介していきましょう。
終活についてしっかり考えられる方が増えたように思います。以前は亡くなった後のことを考えるのは縁起が悪いと言われていましたが、近年は積極的に行う方が多いようです。

時代の流れというものもあるのでしょう。

地域によって終活の考えの差はありますが、人が多い都会ほど真剣に考えている人が増えています。終活について考えることは、残された人のことを考えるということにもつながるのです。

今回は終活のメリットや方法などについて紹介していきましょう。

終活動のメリット

こちらでは、終活をするメリットについて見ていきましょう。終活と言ってもどんなメリットがあるか分からない人は、どこから手をつければいいのかわかりません。

だからこそ、しっかりとメリットを知っておくべきと言えます。メリットを知ることで終活に対する考えが変わる人もいるのではないでしょうか。

死後に自分の意思を伝えられる

自分が亡くなった後に希望があっても伝えられなければ意味がありません。お世話になった人に葬儀に来てもらいたいなど、自分の希望を残しておくことも終活の一環です。逆に大きな葬儀ではなく、家族だけに見送ってもらいたいなどの意見もあります。

自分が亡くなった後のことを書くのは縁起が悪いと考える人もいます。

でも、亡くなった後のことではなく自分の葬儀などに希望がないかということを考えてください。
伝えられる方法は限られています。だからこそ、エンディングノートなどに記して自分の希望を残っている人に伝えましょう。

家族が安心する

意外と亡くなった後に骨肉の争いを始めたという家庭も少なくありません。でも、なぜ争いが起こるのか考えたことはありますか?

争いが起こる理由、それは亡くなった人が何も残しておかないからです。

面倒な部分だけが残ってしまい、故人がどうしたかったのかなどがまったく伝わりません。終活をすることは自分のためだけではなく、家族のためにもなるのです。そのため、終活をする人は「家族が困らないように」という考え出始める傾向があります。

今後の生き方を決められる

終活を始めることで「これから先、自分はどうやって生きていきたいのか」ということを見つめなおすキッカケをもらうことができます。好きなことだけをしていくのではなく、本当に自分がしたいことに時間を割くことができるのです。

それだけではなく、終活をすることで必要なものや不要なものを客観的に見ることができます。生活自体をサイズダウンして、生前整理に時間をあてることができるのです。

終活を始めたことで、自分自身の人生が更に豊かになったという意見もあります。当たり前のようにやってきっていた毎日が素晴らしいものに感じられたという意見もあるのです。

終活を始めるタイミング

終活を始めたくても「いつから始めればいいのか?」と考えている人はいませんか?

実際に私もいつから始めるべきなのか、ってちょっと悩んでいるんですよね。こちらでは、いつから終活をするべきなのか参考にしてみてください。

人によってタイミングは変わる

基本的に「いつから」ということはないようです。むしろ、若いうちから始めても問題ありません。ただ、若いうちだと書き直すべきことが増えてしまうとも言われています。

そのため、若いうちからではなくある程度年齢を重ねてからでも問題ないようです。ただ、若いうちから書き始めてもいいでしょうけどね。

健康なうちに始めておく

終活は病気や怪我をしてから始める人も増えています。病気や怪我をすることによって、心細くなってやらずにはいられなくなるという人もいるのです。しかし、なるべくなら健康な状態の時から始めるのがベストです。

介護状態や怪我や病気をしていると、満足できる終活が出来ない可能性があるからです。保険のように備えは元気な時から始めるのが一番と言えます。

一般的には60代から70代

年齢で目安を知っておきたいなら、60代から70代だと言われています。すべての人ではありませんが、その年代から終活を意識する人が増えてくるそうです。お墓やお金の管理などをしっかりして、残される人が困らないようにしておきましょう。

終活を意識することで、これまで行けなかった旅行などを積極的にする人もいます。後悔がないように人生を過ごしたいと考えるのも、終活のひとつだと覚えておきましょう。

終活の方法などは?

こちらでは終活のやり方や方法について見ていきましょう。終活を始めよう、と思っても「何から手をつければいいのか分からない」という人もいます。終活を意識している人は、何から手を付ければいいのかなどをチェックしてみてください。

基本的にやり方などは自分たちらしくということで構いません。形式ばったものがあるわけではないからです。

エンディングノートを作る

終活を始める人がすることと言えば、エンディングノートを手に入れることです。

エンディングノートには介護や医療、葬儀、お墓や相続などさまざまなことについて書くことができます。エンディングノートはさまざまな出版社から発売されているので、いろいろと比較をして自分が書きやすいものを選ぶようにしてください。

自分でノートを用意して書くのもいいですが、終活における必要事項が分からない人はエンディングノートの方が書きやすいと思われます。

なぜなら、エンディングノートに必要な事項がすべて記載できるようになっているからです。

生前整理をする

亡くなった時にもっとも大変なことが遺品整理です。故人にとっては思い出深いものばかりだとしても、すべてを残しておくとかさばってしまいます。そのため、生前整理巣をして残された人の遺品整理にかかる負担を減らしておきましょう。

家財道具などを処分することで、老後資金の一部に充てられる場合があります。使っていない家財道具などを整理することで高齢者が暮らしやすい住居にもなると言われています。

遺言書を作る

エンディングノートに書かれていることは、希望として残された人がくみ取ることはできます。ただ、法的効力がないのでエンディングノートを見た人が確実に従うとも言えないのです。しっかりと相続のことなどで決めていることがあるなら、遺言書を作成しておきましょう。

遺言書に法的効果を付帯するためには、自筆公正証書遺言や公正証書遺言として作成することをおすすめまします。

分からないことがあるなら、弁護士に相談をすることもできるようです。むしろ弁護士に相談をした方がスムーズな遺言書作りが出来るのではないかと思います。

終活のお金の管理とは?

こちらでは、終活におけるお金の管理について見ていきましょう。終活でもっとも重要視されているものがお金のことです。こちらではそれぞれの管理をどうするべきかについて見ていきましょう。

預貯金

エンディングノートには口座番号や暗証番号などを書く欄があります。そういったところにいくら入っているのか、暗証番号などと一緒に書いておきましょう。

近年はネット銀行口座を持っている人も少なくありません。ネット銀行口座は通帳がないため、家族からも発見されにくいので気をつけてください。

ちなみに2018年に施行された休眠預金等活用法により、2009年1月1日以降10年間の利用がない預金等は御南公益活動に活用されるという堀津が決まりました。無断で利用されるわけではありませんが、本人と連絡が取れなかったら無断で使われることもあります。

ただ、暗証番号は別の場所に書いておくことをおすすめします。はっきり言ってエンディングノートを落とした場合、誰で暗証番号を知ることができます。そうならないように配慮してくれますが、安全面から暗証番号は分けておくようにしましょう。

不動産

不動産は売却するにしても金額が大きいです。はっきり言って古い家屋の場合は残されても、相続する側にとって迷惑になりがちです。そのため、不動産に関してはしっかり対応しておかないと骨肉の争いになる可能性があります。

ちなみに不動産を整理する場合は売却だけではなく、生前分与や相続もあります。分かりやすい方法と言えば、やはり売却してお金に換えておくことでしょう。そうすることで分割しやすいですし、物として残されるよりもお金の方が喜ばれるというケースもあります。

保険関連

各種保険についてもエンディングノートにしっかりと書いておきましょう。高齢者になって認知症のリスクも高くなってくるので、どんな契約内容なのかなど書いておくことをおすすめします。

保険関連の見直しをすることで、現在の保険が適しているかどうかという見直しチャンスにもなるのです。ライフスタイルが変わっている場合は、保険内容の見直しも検討した方がいいでしょう。

それだけではなく、エンディングノートに保険会社や種類、契約者をしっかり書いておきましょう。

保険に関しては普段から話さないこともあって、意外と「これどうなってるの!?」と慌ただしくなってしまう原因のひとつのようです。誰かが亡くなった時はかなりバタバタします。

だからこそ、保険会社のことなどもしっかり書いておいてください。

終活に向けてお金の管理をしておこう

終活と聞くと「縁起でもない!」という人も少なからずいます。確かになくなることを考えるのは不謹慎かもしれません。でも、分からないまま亡くなって伝えたいことと違うことをされるよりは、しっかりと自分の言葉や文字で伝えておくようにしましょう。

高齢者が亡くなる際、問題となるのがお金のことです。残された家族たちで争うことがないよう、しっかりわかりやすい終活を心掛けましょう。まずは、自分が何をしたいかということから書いてみてはいかがでしょう。

終活は決して縁起が悪いものではなく、残される人たちにできる最後のものだと考えてください。
TOP