30代のお金の失敗とは?回避する方法やお金との上手な付き合い方を解説

30代のお金の失敗とは?回避する方法やお金との上手な付き合い方を解説

お金をどう貯金してどう使うかは、年代があがるごとに見直す必要があります。 10代や20代の頃は遊びをメインにして使えたお金が、30代になると結婚や出産などで自分だけのための消費ができなくなってきますね。 けれど人生は1度きり・・・、そこで今回は、30代のやりがちなお金の失敗談を解説します。

30代に多いお金の失敗ってなに?

30代は人生のちょうど中間地点で、若いけれど将来についても意識したい年代です。
まだ若さがあるがゆえに、歳は取るものの何かと無頓着になりがちなのも30代。
30代のうちにお金の失敗に気づいておかないと、将来大変なことになりますよ!
ここからは、30代によくあるお金の失敗について説明します。

クレジットカードの使い過ぎ

30代でやりがちなお金の失敗は、クレジットカードの使い過ぎです。
20代の頃のようなファッションや遊びだけでなく、高級化粧品や高級ブランドなど高価なものに手を出し始める年代でもあります。

計画的な支払いの目処がついていればいいけれど、何でもカード支払いにしていると後々の請求金額が莫大な金額になります。
分割やリボ払いも同じで、最終的には金額が大きすぎて払えなくなる人が多いです。
借金はつくらず、計画された一括払いにするのが1番です。

自己投資をしなくなる

30代になると、結婚や出産といったライフプランの変化が出てきます。
自由にお金を使えた独身時代とは違って、自分へ自由に使えるお金も限られます。
日々の生活が苦しくて、自分への投資がなくなると生活に張り合いがないですよね。

子供が小さくて遠くへいけなくても、自宅で資格取得を目指したりできます。
近場で子連れで参加できるイベントなんかもありますね。
男女問わず自己投資は、自分がいつまでも輝くための大切なことです。
人生は1度きりなので、諦めずに目標を決めて貯蓄して挑戦することが大事ですよ。

老後のことを忘れて消費する

30代によくあるお金の失敗に、老後のことを忘れていることが挙げられます。
今までの10代や20代と比べて、30代はあっという間に過ぎていきます。
収入がアップしはじめて、出世するこの年代がお金を貯めるべきタイミングなんですね。
お金を消費するときも無駄遣いではなく、自分の将来のためになることへ使うといいです。

資産運用に躊躇しすぎる

30代は将来を見据えて資産運用に挑戦するといい年代です。
ただ預金にお金を貯めているだけでなく、使わないお金を運用して増やす方法です。

老後のための資金繰りや、貯金がなかなか貯まらない人はやってみるべきです。
やめたいときはストップできるし、他の資産運用へ変更もできます。
どんなことでもリスクはつきものなので、躊躇せずに挑戦してみましょう。

生命保険を気にしていない

30代のお金の失敗には、生命保険へ無頓着なことがあります。
多くの人はまだ若いから、そのうち入ればいいやなんて考えがほとんどのようです。
ですが、誰にでも明日が来る保証なんてないですよね。
独身者ならいいですが、結婚してパートナーや子供がいるなら入るのが正解です。

生命保険を払うお金がないと聞くけれど、毎日のジュース代、お酒、娯楽など他へ使っているお金を少しずつ節約すれば捻出できます。
お金がないのではなくて、自分のなかの優先順位が違うだけです。
急な病気や入院など困ったときにも助かるので、生命保険へは消費するといいです。

借金を放置している

30代で借金があるならば、今のうちに完済させるのがいいです。
自分以外の家族へ迷惑がかかることはもちろん、これからどんどん年をとって老後へ向かっていきますよね。
借金を直ぐに返済したり、計画的な返済ができない人は将来的に生活が潰れます。

30代のうちに借金をなくすことは、自分や家族の将来を守るためにもなります。
借金は放置すればどんどん利息が増えるので、お金に失敗しないように早めに払ってください。

退職金口座の放置

30代で会社勤めをしている人なら、退職金制度という言葉を聞いたことがありますよね。
退職金制度は、会社との契約の際に退職金制度の定めがあれば、辞めるときに受け取れるお金のことで退職後や老後のお金が保証されます。

財形は、毎月の給与からコツコツ積み立てるものですが、将来の年金など自分のためのお金を貯蓄できるようにした制度です。

これらのお金がいざどこへ入金されるようにするか、普段からどの口座から引き落とされているかを時々確認するのがいいです。
いざ必要なときに口座がどれか分からない、通帳の紛失などの失敗もありますよ。

30代のお金の失敗は気づいた時点で見直そう

30代がよくやりがちなお金の失敗を紹介しましたが、いかがでしたか。
1つでも心当たりのある項目があるなら、今日から意識を変えて取り組むべきです。
クレジットカードの使い過ぎは、30代ならば正しい判断ができるはずですね。
自分への自己投資は、コツコツお金を貯めれば実現可能です。

将来のために資産運用で効率よくお金を増やす挑戦は、いい経験になります。
生命保険は自分と家族のためにもなって、退職金への意識も大事なことです。
借金は問答無用ですので30代の今のうちに、お金の色々な失敗を見直すことが、これから先の未来のためにもなりますよ。
TOP