収入保障保険を受ける時は税金のことも考えておくべき!

収入保障保険を受ける時は税金のことも考えておくべき!

収入保障保険の保険金を受け取る際に税金がかかることは知っていますか? いくら事前に備えていたものであっても、収入を得ることは税金がかかってしまうんです。 ただ、収入保障保険は受け取り方によって税金のかかり方がかわってきます。 今回はどんな税金のかかり方になるのかを紹介していきましょう。
収入保障保険の保険金を受け取る際に税金がかかることは知っていますか?いくら事前に備えていたものであっても、収入を得ることは税金がかかってしまうんです。

ただ、収入保障保険は受け取り方によって税金のかかり方がかわってきます。今回はどんな税金のかかり方になるのかを紹介していきましょう。

収入保障保険の保険金にかかる税金とは?

こちらでは、収入保障保険の保険金にかかる税金について見ていきましょう。基本的にふたつの方法があり、それぞれで税金が変わってくるのです。

収入保障保険をかけている人は、受け取る際の税金についても覚えておくようにしましょう。

一時金で受け取る場合

一時金で受け取る場合は誰が保険料を負担したのか、誰が受け取ったのかによって変わってきます。夫が保険料負担者で妻が受け取る場合は相続税、夫が保険料負担者で妻がなくなり受取人が子の場合は贈与税となります。

そして、妻が保険料を負担していて夫が亡くなり、妻が受取人の場合は所得税(一時所得)となります。

同じ収入保障保険の受け取りでも保険料負担者と受け取る人によって相続税、贈与税、所得税の3つに分けられてしまうんです。

年金で受け取る場合

年金で収入保障保険を受け取る場合は2段階で税金がかかるようになっています。

死亡時の評価額に対しては相続税や贈与税がかかり、2年目以降は年金として受け取ることで所得税がかかるようになってしまうのです。

税金の負担が少ないのは?

税金の負担が少ない方と言えば、やはり一時金で受け取る方でしょう。

年金で受け取ってしまうと、2段階で税金がかかってしまうというデメリットがあります。
年金形式で受け取ると総合的な金額は多くなりますが、保険金以外の収入が多ければ2年目以降は所得税が多くなってしまいます。

家庭によって違いはありますが、総合的な金額は少なく手藻一時金の方が税金負担は少ないというケースが多いようですね。

収入保障保険のメリットとは?

こちらでは、収入保障保険に加入するメリットについて見ていきましょう。どんなメリットがあれば、備えとして加入している人が多いのかチェックしてみてください。

保険料が安い

保険料が安いという最大の魅力があります。

保障内容は少ない特徴がありますが、保険料の安さと比較すると十分な保障となっています。そのため、気軽に収入保障保険に加入することができるのです。

保障を準備できる

何かあった時の備えを用意することができるメリットがあります。何もないことが一番ですが、何かあった時に「備えておけば良かった」と後悔しても遅いです。

そのため、事前に保障ができることは金銭的な負担はかかってしまいますがメリットと言えるでしょう。

無理のない備えができる

保険料が安いこともあり、金銭的な余裕がない人でも無理のない範囲で備えることができます。高額な保険料が必要だと備えたくても備えられないのが現状ですが、収入保障保険は比較的安い保険料となっているので多くの人が万が一の際に備えることができるのです。

無理なく家族のために備えたい人にこそおすすめの保険と言えます。

収入保障保険は税金のことも考えておこう

収入保障保険を利用する時は税金のことも考えて受取人や保険負担者を決めてください。やり方によっては税金の負担が大きくなってしまうこともあります。

そうならないために、家族でしっかりと話し合っておくことが重要です。なんとなくで決めてしまうと「税金の負担が大きすぎる」という後悔につながることがあります。

万が一に備えることもあり、しっかりと将来を見据えた考え方で加入しておいてくださいね。
そうすることで後悔を減らせるはずです。
TOP