【交際費を節約して貯金するコツ】人付き合いを大切にしながらお金を貯めよう!

【交際費を節約して貯金するコツ】人付き合いを大切にしながらお金を貯めよう!

交際費といえば、自分でコントロールできないイメージがあるのではないでしょうか? 会社の飲み会や友人へのプレゼント、結婚式のご祝儀など、ケチったり、誘いを断るわけにもいかず、出費を抑えるのは難しいですね。 そこで今回は、交際費を見直して貯金するコツを紹介します。
交際費といえば、自分でコントロールできないイメージがあるのではないでしょうか?

会社の飲み会や友人へのプレゼント、結婚式のご祝儀など、ケチったり、誘いを断るわけにもいかず、出費を抑えるのは難しいですね。そこで今回は、交際費を見直して貯金するコツを紹介します。

交際費は管理が難しい?

交際費は、人間関係を円滑にするために必要なお金です。社会の中で生きている以上、「お付き合い」は避けては通れません。

節約したいからといって、理由もなく誘いを断り続けていると、人間関係を壊してしまうこともあります。
まずは、何にどれだけのお金を使っているか把握しましょう。

交際費のルールを決める

自分が楽しむために使った出費は、交際費ではなく、食費や娯楽費に計上しましょう。

交際費とは、相手のことを思って使ったお金です。目的によって、大きく3つに分けることができます。

冠婚葬祭などの行事
● お土産やお歳暮などのプレゼント
● 飲み会やデートなど一緒に楽しむもの


例えば、自分へのご褒美のための飲み会や、趣味に付き合ってもらうデートなどは、「お付き合い」ではなく、自分の娯楽のためです。

ルールを決めずにすべてを交際費に計上してしまうと、計画が立てられません。相手のために使ったお金なのかどうか、目的を見直しましょう。

交際費の予算を決める

交際費は、毎月1万円以上の予算を決めておきましょう。冠婚葬祭は予測できないので、普段から多めに設定しておくと安心です。

もし、予算内に収まった場合は、交際費の予備分としてプールしましょう。イベントが重なって、予算を大きく上回る場合は、この予備分から補填します。2〜3ヶ月で帳尻を合わせていくと、変動が大きい交際費の節約計画が立てやすくなります。

交際費を節約して貯金するコツ

交際費は、相手に喜んでもらうために使うお金なので、「少しくらい多く使っても仕方がない」と考えがちです。確かに仕方ない部分もありますが、やりすぎは禁物です。

交際費を節約するには、本当に必要だったのか、内容を見直す必要があります。

見栄を張っていないか振り返る

身の丈にあった場所やプレゼントを心掛けましょう。

高級レストランでの食事会や高価なプレゼントなど、生活レベルを超えたお付き合いを続けていると、自分を苦しめてしまいます。また、相手のためではなく、自分をよく見せることが目的になっていることもあります。

背伸びをしなくても、出せる金額でも気持ちは伝わります。値段よりも、相手に喜んでもらえるかどうかを大切にしましょう。

お金をかけない方法を提案する

ある程度近い関係であれば、いつもと違うコースを提案してみましょう。

いつも外食ばかりであれば、お弁当や持ち寄りも新鮮ですし、オシャレなレストランばかりでなく、たまには立ち飲みや安い居酒屋もおすすめです。

プレゼントにしても、包装にこだわったり、手紙を添えたりして、お金ではない付加価値をつけることもできます。お金をかけなくても、楽しめるお付き合い方法を見つけてみましょう。

断るときは理由を伝える

人からの誘いを断る時は、理由をはっきり伝えましょう。

「予定が…体調が…」と濁していると、付き合いが悪い人と認定されてしまいます。断る時は、「買いたい物があって節約中です」のように正直に伝えましょう。

誘いを断れない人は、「一次会だけ参加する」「終電で必ず帰る」と予め決めておくことがおすすめです。

お付き合いを大切にしながら貯金計画を立てよう

交際費とは、日々の感謝の気持ちです。

あなたが誰かにしてあげたことは、あなたも誰かにしてもらっているはず。人間関係を大切にすることは、巡り巡って、自分を大切にすることに繋がっていきます。

むやみに人の誘いを断るのではなく、良好な人間関係を築きながら、無駄な出費を減らしていきましょう。
TOP