貯蓄型保険のメリットとデメリット!貯蓄型保険におすすめの人ってどんな人?

貯蓄型保険のメリットとデメリット!貯蓄型保険におすすめの人ってどんな人?

保険を選ぶとき、貯蓄型保険にするか掛け捨て型にするかで迷いますよね。 今回は、貯蓄型保険についてそのメリットとデメリットとを解説しますので、どちらを選ぶかの参考にしてください。 また、どんな人が貯蓄型保険にむいているのかも考察します。
保険を選ぶとき、貯蓄型保険にするか掛け捨て型にするかで迷いますよね。今回は、貯蓄型保険についてそのメリットとデメリットとを解説しますので、どちらを選ぶかの参考にしてください。

また、どんな人が貯蓄型保険にむいているのかも考察します。

貯蓄型保険のメリット

資産形成の1つとして貯蓄型保険は人気です。

備えあれば憂いなしの保険ですが、そこにお金があれば最高に文句なし!将来への金銭的な不安は少しでも減らしたいものです。

というわけでは、さっそく貯蓄型保険の「良いところ」をみていきましょう。

受取金額が増える

保険料の支払いが完了し、満期になると一定額が戻る貯蓄型保険。返戻金が高いものも多く、変額保険であれば大きなリターンを得られることも期待できます。

貯蓄型として有名な学資保険であれば、早いうちに保険料の払い込みが完了してしまえば返戻率が高くなるものがほとんど。子ども学資金の不安がなくなるので精神的にも豊かになります。

万が一の備えになる

「貯蓄型」ですが保険ですので、当然ですが万が一の備えになります。

例えば終身保険であれば保証が一生涯続く上、何かしらの理由でまとまったお金が必要になったとき「解約すれば良い」というバックアップに。また、学資保険の場合は契約者に万が一のことがあったとしても保険料が払われます。

備えのための保険ですので、単なる貯蓄では得られない精神的な安心を手にすることができるのです。

計画的に資金を貯められる

貯蓄型の保険は途中解約をする元本割れするものが多くありあす。なかなかお金を貯められない、という悩みがあるなら、貯蓄型保険でコツコツためましょう。

手元にお金があると使ってしまうのであれば、半ば強制的に引き出せない保険に加入しておくと、スパルタではありますが資産形成になるわけです。

計画的にお金を貯めることは大切ですが、無理して途中解約にならないようにしましょう。

貯蓄型保険のデメリット

将来の保証となりお金を貯めることのできる貯蓄型保険。いずれの貯蓄型保険もメリットばかりに思えますが、もちろんデメリットとなる側面があります。

ちゃんとデメリットとなる部分も目に通し、どのタイプに加入するかを決めましょう。

元本割れするケースがある

解約をする時期によっては元本割れすることがあるのはデメリットです。また、変額保険は運用次第でプラスにもなりますが損失にもなります。

リターンの大きさでつられてしまいそうですが、リスクがある点に関しては必ず理解をしておきましょう。一度加入したら満期までは解約しないつもりでいるのが損失を抑えるコツとも言えます。

保険料が高め

掛け捨て型の保険にくらべて保険料は高く設定されています。途中解約したとしても戻ってくるものがあるので、保険料の高さは仕方がないと言えるでしょう。

一長一短で決めるのでは、何に保証を必要とするかを見極めるのが大切です。また、年齢や結婚・出産などライフステージよって貯蓄型にするか掛け捨てにするかの判断も大切でしょう。

インフレに弱い

物価が上がり貨幣価値が下がるインフレのとき、貯蓄型保険は弱いとされます。ただし、貯蓄型保険の中でも、株式や国債を運用する変額保険はインフレに強い商品。

もちろん、それ故にリスクもありますが、今後20年以上の運用を考えるならインフレのリスクヘッジになるでしょう。

インフレが今後起こらないとは誰も言えません。将来を見据えればインフレに強い商品を選ぶのは賢い選択でしょう。

貯蓄型保険はコツコツと資産を貯めていきたい人におすすめ

中途解約をすると元本割れをすることが多い貯蓄型保険。コツコツと長期間に渡って資産を貯めていくために選択してはいかがでしょうか。

子どもためなら学資保険、インフレに備えるなら変額保険と自分にあったプランを選ぶのも大切です。疑問に感じることは保険会社で相談してみてくださいね。
TOP