少額不動産投資ってどんな投資なの?節税効果があるって本当なのかな?

少額不動産投資ってどんな投資なの?節税効果があるって本当なのかな?

少額不動産投資は、これまで資産運用をしてこなかったという方でも、気軽にはじめる事ができる資産運用方法として注目されております。 また節税効果なども期待できるようで、これから本格的に資産運用をはじめようと思っているわたしにとっては、かなり興味深い投資となっております。
少額不動産投資は、これまで資産運用をしてこなかったという方でも、気軽にはじめる事ができる資産運用方法として注目されております。

また節税効果なども期待できるようで、これから本格的に資産運用をはじめようと思っているわたしにとっては、かなり興味深い投資となっております。

少額不動産投資ってどんな投資なの?

多くの方が熱中している少額不動産投資とは、いったいどのような投資方法なのでしょうか?

不動産投資の知識は曖昧ながら知っていましたが、少額の不動産投資は全く想像できませんでした。だって不動産って家やアパート、マンションンですよね?

なんで少額で投資ができるのか本気で疑問に思ってしまいました。

初期投資費用が少ない不動産投資

少額不動産投資とは、一人で不動産を購入するのではなく、不特定多数の方とお金を出し合って不動産を購入し運用するスタイルみたいです。しかもお金を支払った後は、運用会社にすべてお任せできるスタイルみたいです。

小額不動産投資なら、不動産投資の知識が乏しくても、十分に資産運用としての不動産投資を行うことができます。

ただし、少額不動産投資には、J-REITや不動産クラウドファンディング、不動産小口化商品などがあり、それぞれ特徴が異なっておりますので、どの少額不動産投資にするのかをしっかりと選べるような知識はつけるべきです。

選べる不動産が限定されている

少額不動産投資は、全ての不動産の中から選べるというわけではありません。例えば人気エリアの駅前にあるマンションなどの不動産は、少額不動産投資には登場しない可能性が高くなっております。

どうしても選択できる幅が狭くなってしまっているのです。

しかし、不動産投資にはじめてチャレンジするという方の場合には、選択肢が多すぎでも迷ってしまいますので、限られた選択肢の中から選ぶ事はデメリットではなくメリットとしてとらえている方も少なくありません。

選択肢が少なくても問題ないという場合には、少額不動産投資が向いていると思います。
「少額不動産投資」とは、「REIT(リート、不動産投資信託)」や小口化した不動産投資商材など、月に1万円前後で始めることができる不動産投資を指します。

なるほど!少額で投資できる分、通常の不動産投資とはちょっと違うんだね。

少額不動産投資のメリットとは?

少額不動産投資をはじめるのであれば、なぜ少額不動産投資をするのかを明確にしておく必要があります。

小額不動産投資について、あまり理解ができていないような場合には、初めてからガッカリする可能性があるからです。

小額不動産投資をしている方が、どのような特徴を魅力に感じているのかを調べてみました。

節税効果

少額不動産投資は、節税効果が期待できます。不動産を所有するということは、お給料以外から収入を得ることになりますので、確定申告をしなければいけません。

確定申告をすることによって、固定資産税や減価償却費を経費扱いにすることができますので、課税所得を減らすことができます。

また、現地に行って不動産を確認した時の交通費なども経費として計上することができます。小額不動産で赤字を出してしまった時なども、本業の所得を低くすることもできますので、節税効果の高い資産運用方法だと言えます。

ただし、節税効果を最大限に発揮するためには、不動産所得にかかった費用をしっかりと計上していかなければいけません。

リスクが少ない

少額不動産投資が選ばれる要因として最も大きいのが、他の投資と比較してリスクが非常に少ないということです。

投資といったらFXや株式投資などハイリスクハイリターンなものを想像される方も多いのですが、少額不動産投資は、非常に安定して利益を得ることができる投資になります。

リスクが少ない分、リターンも少ないので一年や二年では、満足のいく利益を上げることは難しいのですが、10年、20年と続けることによって、しっかりとした利益を得ることができるのです。

少額不動産投資はローリスクローリターンといった特徴がありますので、老後のための資産運用として少額不動産投資を選ばれるケースが増えているみたいです。

少額不動産投資をまとめると?

少額不動産投資は、わたしの想像していた不動産投資とは真逆の存在でした。

不動産投資のデメリットであった高額な投資、リスクのある投資というものが、上手くスポイルされており、非常に今っぽい投資となっておりました。

小額不動産投資なら、月々のお小遣いから捻出することも可能ですので、はじめてみようと思います。
働く女性のための資産運用!J.P.Returnsなら永続的な”安心”をシンプルにご提供いたします。まずはセミナーに参加して投資について学んでみませんか?今ならセミナー参加者へもれなくマンション投資Q&Aガイドブックをプレゼント!

少額不動産投資によるリスクやメリットについて

近年、不動産投資で少額を選ぶ人が増えています。少額投資はメリットもありますが、デメリットもあるのです(;´・ω・)

今回は、少額投資によるリスクとメリットについて紹介していきましょう。現時点で少額投資を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

不動産投資で少額を選ぶリスクとは?

こちらでは、不動産投資で少額を選ぶことで起こりえるリスクについて紹介します。どんなリスクがあるのかを覚えておくことで、自分が少額投資に向いているかチェックできます。

投資対象が限られてしまう

少額投資に対応している物件というものは、決して多くはありません。少額という条件をつけることで、一気に投資対象の幅が狭まってしまうのも事実です。

不動産投資において、良い条件の物件ほど高額になってしまいます。そのため、少額という条件をつけると駅から近いなど利便性の良い物件は選択肢に入らないと思ってください。

利益が低い

不動産投資はリスクの分だけリターンがあると考えてもらってもいいでしょう。つまり、少額投資をする時点で利益も少なくなるというものです。

特に、1室投資などをする場合は空室になった場合収入が入ってきません。家賃滞納などのリスクもあるので、むしろリターンよりもリスクの方が大きいのです。

節税効果が低い

少額投資でも節税効果がないわけではありません。ただ、節税と言うには効果が低いと思ってください。でも赤字が出ても節税効果が期待できるので、少額投資でもリスクと言えるほどの低さではないかもしれませんね(;^ω^)

不動産投資で少額を選ぶメリット

via pixta.jp
こちらでは、不動産投資で少額を選ぶメリットについて見ていきましょう。少額投資にはリスクがありますが、どのようなメリットがあるかについても覚えておきましょう。

手軽に不動産投資が出来る

不動産投資と聞くと、大金が必要に思いますよね(;´・ω・)

でも、少額投資は手軽に不動産投資ができるというメリットがあります。一気に利益を考えるのではなく、手堅く利益をあげたい人におすすめですよ。

自分のレベルに合わせられる

自分のレベルに合わせて投資額を増やしていくことができます。階段をひとつずつ上っていくような感覚を考えてください。

自分のレベルに合わせることで、無理のない不動産投資ができるようになるのです。逆に最初から大きな投資をしてしまうと、失敗した時のリスクが大きすぎます。自分に無理のない範囲で投資をすることで、少しずつ成長していき、大きな投資もできるようになります。

大きな投資を目指すにしても少額から始めてみていいかもしれませんね!

多少の節税効果が期待できる

先述したように、赤字が出ても多少の節税効果が期待できます。特にサラリーマンの場合は、不動産投資で赤字が出た場合、確定申告をすることで住民税などを抑えることができるのです。

利益だけではなく、節税のために少額投資をするという人も少なくありません。赤字が出ても、少額投資であれば最低限のリスクで済みます。

そういったことも計算して、あえて少額投資を行っている人もいるのでしょうね(*´ω`*)
働く女性のための資産運用!J.P.Returnsなら永続的な”安心”をシンプルにご提供いたします。まずはセミナーに参加して投資について学んでみませんか?今ならセミナー参加者へもれなくマンション投資Q&Aガイドブックをプレゼント!

不動産投資で少額を選ぶならリスクも覚えておこう!

不動産投資で少額を選ぶということを調べると、メリットばかりが出てきますよね(;´・ω・)

でも、リスクを知っておかないと大変なことになってしまいます。少額とは言え、投資で失敗したらお金がなくなってしまうのですから……。

少額だから大丈夫、と考えている人は「少額で失敗するということは大きな取引には向いていない」可能性があることも覚えておきましょう。どんなことにも積み重ねが重要です。少しずつ自分のレベルに合わせて、リスクコントロールをしていくようにしてくださいね!
TOP